低線量被曝は安全で体に良い 稲博士の講演から(1)

稲博士の緊急特別講演「福島原発事故の医学的科学的真実」

2011年3月25日栃木県護国神社にて

f:id:hirodance:20110902104046j:image:w360

稲 恭宏(いな やすひろ、1967年(昭和42年) - )は日本の医学者、医学博士(東京大学) 。病因・病理学、免疫学者 で、低線量率放射線療法を世界で初めて発見確立し、福島原発事故における誤った放射線線量率パニックを科学的に批判、エネルギー安全保障を確保した上での安定的脱原発、世界中のすべての放射性廃棄物の平和的安全処理を強く訴えている。その一方で、恒久的世界平和を維持しながらの核廃絶・核兵器開発の即時中止・核実験の全面禁止・広島や長崎の原爆被爆者や全世界の核実験被爆者への手厚い支援などに努力を続けるなど、平和運動家としての一面もある。(Wikipedia)

福島原発事故の医学的科学的真実: 稲 恭宏博士 緊急特別講演 1

http://www.youtube.com/watch?v=UlXKd7n7XRs

福島原発事故の医学的科学的真実: 稲 恭宏博士 緊急特別講演 2

http://www.youtube.com/watch?v=Jk7wng4N8JA

福島原発事故の医学的科学的真実: 稲 恭宏博士 緊急特別講演 3

http://www.youtube.com/watch?v=SwOCIhTIG44&feature=related

福島原発事故の医学的科学的真実: 稲 恭宏博士 緊急特別講演 4

http://www.youtube.com/watch?v=jhOe9N9zACk

福島原発事故の医学的科学的真実: 稲 恭宏博士 緊急特別講演 5

http://www.youtube.com/watch?v=YAZ5xsuw9X0

福島原発事故の医学的科学的真実: 稲 恭宏博士 緊急特別講演 6

http://www.youtube.com/watch?v=YZw5bAodqvs

勉強不足で知らないんですなら報道とテレビに出ている原子力の専門、臨床医のみなさん、研究している人、これは低線量率域から高線量率域まで全て研究して医科系論文で証言しているのは世界でも私しか残念ながら今のところ居なかったもんですから、でも論文は沢山の数が放射線医学では世界でも最も歴史と権威のある英文学術ジャーナルに出ていますので検索一つで引っかかるんですね。

それなのに私が世界で初めて人類を救おうと思って研究を始めたときは弱い放射線の研究なんて無駄だ、何か良い発見なんか出来るはずがない無駄な研究だと言われました。しかし私は人件費を削って研究費を節約して一人で成し遂げて多くの論文を発表し低線量率放射線治療として世界人類史上で初めて発表し確立することができ今現在多くの見捨てられた進行癌の患者さん始め神経性疾患、慢性疾患、関節リュウマチの方まで3ヶ月ぐらいで見事に平常な手に治っているんですね。

地球上の自然放射能は数千倍の幅がある、10倍や100倍になっても何ら心配はいらない。

安全放射能の国際基準値は間違っている。

私達の体から毎秒数千ベクレルの放射線が出ている。

わかめ、ジャガイモ、等食べ物には自然放射線を含んでいて毎日我々は放射線を骨に蓄積している。

低線量率放射線量療法といって今回のまさにピッタリ重なる福島県原発事故と同じレベルの自然放射線からちょっと上からズート、大体、数千倍程度から一万倍弱程度まで、この範囲かなり幅があるんですが、この中で免疫系始め諸機能を活性化前進して、予防医学的効果を発揮して健康寿命を著しく延長すると言うことを発表しております。

遺伝的病気等を持っていないマウスは毛並みが艶々ピカピカになって癌も一匹も出なくて白内障も一匹も出なくて体格も骨格から良くてP値、統計的な検定が0.00001と言う完全な優位差で体格も良くなっているんですね。

これは人間の赤ちゃん、妊婦さんも低線量治療法をやりますと、とっても頭の良い体格の良い赤ちゃんが生まれて良い子に育って居ます。年配の100歳を超える方でも大丈夫なんですね、非常に健康長寿になられて、ですから、そう言うことで低線量域と言うのは何の心配もいらないので、ドンドン野菜、牛畜産物、牛乳を食べていただいて、何の心配もいらなくて、これは私の皆さんへの同情や感情論とかで言って居るのではなくて、私自身が長年科学的に証明して医学英文論文に発表した確認データであるので自信を持ってお伝えしているんですね。

ですからどうぞ皆さん安心して沢山食べたほうが体に良いです。福島県産の野菜、お米、小麦、これから成ってくるであろう果物は最高品質の物が出来ます。栃木県は残念ながらそれには及びませんが、それで果樹園にも富んで農畜産にも富む県特?、栃木県の県特?牛も非常に良い状態になって豚も鳥もインフルエンザが起きない体になってきます、ホントはもうちょっとレベルが高い方が良いんですが、そうすると抗生物質がいならくなる、口蹄疫も栃木県は大丈夫と言うことになるんですね。このようなことが低線量率放射線効果の科学的、医学的、事実なんです。

ですからホントに安心していただいてモリモリ沢山食べて、むしろ、野菜がダメ、水がダメ、牛乳もチーズも肉も魚もダメ、じゃあ何を食べていいのかと言うことになって栄養不足になると、まず野菜を食べちゃダメ、浜の野菜を食べちゃダメと言うことになるとビタミンミネラルが不足します。そうするとビタミンミネラルが不足すると慢性疾患を悪化させます。それから子供の発育を障害してしまいます。カルシウムの吸収によってチーズや牛乳を取らないと骨形成不全になってしまいます。

>稲博士講演記事は以上ですが、次回に続きます。



微量の放射線量の変化が動植物に影響を与えている。

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201109/article_1.html

>リチャード・コシズミ氏ブログからの転載です。

リチャード・コシズミ氏の311テロ真相究明は順調であり今や日本、いや世界のリーダーであると思う。

彼の主張は下記である。

・311大震災の津波は水爆による人工地震で起きた。

・人工地震起爆用水爆の放射能汚染を隠蔽するため福島原発事故が起こされた。

・福島原発の燃料棒な事前に撤去されメルトダウンはありえない。

・福島近辺の放射能汚染は地震起爆用水爆および3号機小型水爆爆破によるものだ。

・低放射能被曝は人体に被害はなく、むしろ健康増進になる。

低線量被曝が安全であるとの主張は彼のブログで幾度となく行っており、彼は早い段階で稲博士の論文を読んでいたと考えられる。

>転載開始

「私は福島の郡山に住んでいます。近所から頂いた野菜は美味しく食べてます。この間 農家の方が今年の野菜は良く育つし雑草が伸びるのが早いそうです。もしかして微力の放射能が良い働きをしてるのではないのでしょうか?形は変形は無いですよ。」

犬の美容師さん:「被災地から定期的に連れてこられる飼い犬が軒並み、毛並みがよくなり丸々と太り健康になっている。」

「東京の薔薇は例年よりサイズも数も大きくなっている。庭の夏蜜柑の木は実がなりすぎて数えきれないほど。」

身の回りで、こんな類のこと起きていませんか?ご報告いただけるとありがたい。

>転載終了

本日のボーカロイド

初音ミクがオリジナル曲を歌ってくれました「ファインダー」

http://www.youtube.com/watch?v=-L0JbyXvRFI&feature=related

初音ミクLAライブ曲目から今日はその15曲目、「初音ミク」のオリジナル曲「ファインダー 」です。アップは2008年2月、イラストはピアプロ使用、作詞作曲およびプロデューサーはkz氏で、同氏は初音ミクWikiによればボーカロイド界隈で初めてのメジャー進出したクリエーターだそうで、オリコンのデイリーチャートで最高2位、現在は動画制作に止まらない幅広い活躍をしている。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。