日本経済とユダヤ米国経済の決定的な違い

http://ameblo.jp/gyakusetu-turedure/entry-10987432160.html

<ブログ「逆説、そして徒然と...」からの転載です。

<転載開始

日本経済とユダヤ米国経済の決定的な違い

日本経済=①国民資産がたっぷりある、②約束をキチンと守る、③世界から信頼されている、④政府が外国から借金していない

ユダヤ米国経済=①官民ともにスカンピン、②約束は守らない、借金は踏み倒すことが前提、③虚構通貨・米ドル防衛のためなら、戦争や人工地震テロ、自作自演テロも厭わない、④政府が外国から借金しまくって、誰も貸してくれなくなったので、FRBが米国債買入

どこが一緒なんだよ!?

それに日本が経済的苦境にあえいでいるのは、ユダヤ米国とその手先に原因がある。

ユダヤ米国が苦境にあえぐのは、踏み倒すつもりで借金を重ね、かつ企業の役員連中が強欲であり、経費節減と称してあらゆるものを外国にアウトソーシングして米国実体経済を骨抜きにしたから。

格下げ、ゼロ金利―米国に忍び寄る「日本化」の影

ウォール・ストリート・ジャーナル 8月15日(月)9時59分配信

 国債が格下げされ、ゼロ金利が今後2年間続く―。新たな現実に立ち向かう米国の債券投資家が日本の経験から学ぼうとしている。

<以下省略

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。