チャイナ禍(8)盛大な詐欺(闇の世界政府に騙されるな)3

前回「盛大な詐欺(闇の世界政府に騙されるな)2」で「闇の世界政府」即ち「三百人委員会」を説明したので今日のテーマは<彼ら>の遠大な目標である「世界のリセット」と「世界統一世界政府の創立」についてですが、この<彼ら>のアジェンダによって地球人類が幸せになるはずがなく、彼らの究極の目標は「世界人間牧場化計画」であり「地球人類を10億人まで減らす計画」なのであり世界統一政府の創立は地球人類奴隷化の一里塚、即ち<彼ら>は人民の奴隷化が既に完成している共産チャイナのような世界にしたいのである。

最近チャイナで新型コロナに罹ったまだ息がある患者を火葬場で焼却され問題になったが、これではチャイニーズ達は人間ではなく鶏や豚と同様なのでありこれが奴隷というものなのだが、<彼ら>の「世界人類牧場化計画」は全人類の奴隷化でありこれはあまりにも現実とかけ離れているから我々は夢物語であると考えがちであるが大きな誤りであり、これは現実であり既に我々は<彼ら>から攻撃を受け続けており我々の権利は奪われ続けている即ち新型コロナというテロ攻撃を<彼ら>から受けているし日本に限らず世界の人民はその国の「闇の世界政府」の傀儡政治家達によって日々人権を奪われ貧困化と貧富の格差拡大という身分制度に抑圧され続けるているのである。

このまま<彼ら>に唯々諾々と従っていると本当にゆでガエルになって鶏や豚の身分に我々は落とされ即ち奴隷にされてしまうから我々は<彼ら>に反撃を加えるために立ち上がらなければならない。それにはまず真実を知ることであり、そして<彼ら>の下僕である傀儡政治家や官僚、企業等を叩き潰すさなければならないのである。

5.新型コロナ禍は「闇の世界政府」のアジェンダ

現在世界で進行中のチャイナ発祥の新型コロナウイルス(以後、新型コロナと言う)パンデミックによる諸国の国境封鎖やロックダウンは<彼ら>のアジェンダであり過去記事「世界で日本だけがチャイナ武漢肺炎禍の抑制に成功?」において次のように述べた。

シナの武漢コロナウイルス禍(以後チャイナウイルス禍と言う)から始まったパンデミック騒動はまたたく間に広まり世界は騒然となっているが、勿論これは自然発生的なものではなく闇の世界政府の仕業であり、彼らが何十年も費やし練りに練ったアジェンダでありまして、昨年12月にシナの武漢で始まったチャイナウイルス禍はあっと言う間に全世界のアジア、中東、ヨーロッパ、北米諸国に相次いで拡散したので各国は国境を封鎖した。これはまさに流れるような進行であり闇の世界政府が指揮を取っていのは間違い無いであろう。

(1)<彼ら>は世界人類を奴隷化したい

このパンデミックから国境封鎖とロックダウンで<彼ら>は究極の大不況を作り出し人民の貧困化を進め生活保護を増やしその抵抗力を奪うのが目的で「三百人委員会」(ジョン・コールマン著、1994年、徳間書店、以下は同書という)には下記のようにある。

ローマクラブは英・米の金融資本とヨーロッパの黒い貴族、とりわけロンドン、ベニス、ジェノバの「黒い貴族」とかが合体した陰謀統率機構である。

世界コントロールに有効な鍵は、過酷な景気後退と究極の大不況とをつくりだし管理する彼らの能力である。

三百人委員会は、世界中に未来の「生活保護」受給者となる人民大衆を大量につくりだす原理的な方法として、やがてやってくる重大事のために人民大衆の抵抗力を弱める技術として、不況をともなう地球規模の社会変動に期待をかけているのである。

今回の世界的パンデミックによって何処の国でもロックダウや国境封鎖をやっているのでこれは長期化しそうで途轍もない大不況や大失業がやってくるだろうが、これは<彼ら>が望んだ通りに進行し世界リセットとなる可能性が大きいが、こんな<彼ら>のイカサマを我々は許してはならないのである。

(2)これは偽旗パンデミックでありテロである

以前稿「感染者の半分が外国人(増加中)」において本当のパンデミックは世界でチャイナ唯一国であると下記のように述べた(数値は最新のものに書き直してある)。だからこれは偽旗パンデミックなのであり、ロックダウンや非常事態宣言などすべきではないのであり、その弊害について後の項で述べる。

4.本当のパンデミックはチャイナの死亡者2100万人

世界中で本当のパンデミックは死亡者数2100万人(人口比1.6%)のチャイナ唯一国である。現在パンデミックであるとされるイタリア(死亡者2.5万人、0.04%)、スペイン(同2.2万人、0.05%)、米国(4.78万人、0.014%)などは問題ない規模にあり、この程度の死亡者はインフルエンザによって日本でも発生しうるものであり、此等は次章で述べるが闇の世界政府によって作られた疑似パンデミックである。因みに日本の死亡者は299人(0.00024%)と極少値である。

日本ではインフルエンザで毎年3千人以上が死亡、結核で毎年1万8千人以上が新たに発病し毎年2千人以上が死亡するが、今年日本の新型コロナでの死者はたったの300人弱での非常事態宣言は可笑しくないだろうか。

下図にPRESIDENT Onlineの記事「なんと1日50人以上「インフル死者」が日本で急増する不気味」から「インフルエンザ死亡者数の推移1950年~2018年」を示すが日本でも過去には年間1万人近い人がインフルエンザで死亡していた。でも当時非常事態宣言やロックダウンなどやっていないし、当時は感染症や寄生虫の被害は多数あり例えば赤痢が流行って近所でも多く隔離された自宅が見られたのであるが、今回の新型コロナでは殆ど患者も見かけないし日本で新型コロナで死亡するのは宝くじに当たるほど難しい。こんな状態でなぜ弊害の大きい非常事態宣言や学校閉鎖などを我が国の政府はやるのか全く理解できない。
インフルエンザ死亡者数推移

少し脱線すると上図は興味深く、インフルエンザの死亡者数の推移が世相を表す鏡のようであり、例えば戦後の混乱期のピークは1957年の死亡者約7700名から日本の高度成長期に入り漸減、1977頃には1000名以下になり、これから国民の生活も安定して日本の黄金期が続いていたために数百名以下の今の新型コロナ並の死者数がずっと1995年当たりまで続く、それ以後は混乱期へ入って大地震やテロがあったりで死亡者は徐々に増え始め1000名を超える年もチラホラありこれが2011年まで続きこの年には311東北大震災テロがあった。安倍晋三が政権につく2012年からはグラフを読むと世相は激動期に入ったとも取れる即ち、2012年辺りから急増2018年には3000名を超えてしまい更に増加する勢いであるが、これは何を表すかと言うと安倍晋三政権によって日本が著しく破壊され社会の劣化の度合いが激しく貧富の格差拡大や貧困化が続いて安倍晋三こそが日本の破壊者であることが分かるのである。

その安倍晋三の下図のような怪しげな公告がWeb上に頻繁に見かけこれをクリックすると経済評論家の三橋貴明氏にゆくが果たして同氏がこのような多量の公告を個人で打てるか疑問があり私は政府筋が動いているのであろうと想像するが、その真意は何なのか大いに興味がある。我々国民側からすると大いに被害をこむった疫病神の安倍晋三が如何になろうが知ったことではなく「公開処刑」でも何でも良いから早くくたばって頂きたいのである。そして日本を背負う新しい政治家にバトンタッチしていただきたい。
安倍総理大臣 給付金は払うフリだけ2

(3)5Gは危険である

5Gは日本でも始まるようだが大変危険である。特に新型コロナと組み合わさって大惨事が起きていて、一つはチャイナの武漢等で2100万人が死亡、もう一つは南米のエクアドルでも多数が5Gで死亡している模様であり両方共「黄色いベストと日本・世界革命」さんの記事でまずチャイナからです。

・「少なくとも2100万の中国人が5G+コロナウイルス+中国GPサテライトの磁気攻撃で殺された‼︎ YouTubeで5Gとコロナウイルスの動画が世界で削除」(2020年04月17日)の抜粋です。
以下のベンジャミン・フルフォードの動画より

1)新型コロナウイルスは武漢の生物研究所(バイオロジー・ラボラトリー)に由来する。この研究所はソロス財団に属し、ロスチィルドが背後にいる。
2)新型コロナウイルスは5G磁気攻撃と結合で、ウイルスと5Gで人々は10倍早く死ぬ。
3)このパンデミックの理由は、2020年2月16日にカバルの「米国株式会社(USコーポレーション)が破産したことで、中国への復讐のためにこの攻撃が行われた。
4)10,000 柱の5G セル・タワーが始動した直後、それに加えて中国GPサテライトと結合し、明らかに殺すための磁気攻撃がこれらの人々を殺した。
5)少なくとも2100万の人々が殺された。2100万の携帯電話の登録者が減った。(kaikaku33の見積もりでは、携帯電話を持たない高齢者、子供達を加えたら、数は相当の数に登ると思われます。また、今朝、beforitsnews サイトでは中国政府はコロナウイルス発生後直ぐに中国人に知らせなかった、何日も待っていた、という情報が出ていました。明らかに、中国共産党はカバルコーポレーションであり、普通の中国人とは別のものであるようです。)
6)米国株式会社はカバル所有でアメリカ共和国ではない。これは人類対カバルの戦争である。
7)デープステーツはコロナウイルスで世界を牢獄に変えるつもり(kaikaku33:まさにそんな気になりますね。スーパーに行くとレジ(支払い)から遠い所に線が引かれ、客は支払いのためにそこで配列せばならない、さらにレジに行くと、厚い透明のプラスチックが客と隔てている。牢獄にいたような気分でした!)

・「エクアドルの5G実験都市が爆死! 海岸で波に洗われる死体! 墓地一杯の死体! 近所に捨てられた肉体! 路上で腐る肉体と匂いを逃れられない!! 何かが起こった...”爆弾が去ったようだ”」(2020年04月23日)
この記事と動画では、武漢では人々は5Gの機動でバタバタと倒れて死んだという記事もあり、それでも5Gをエクアドルの実験都市で起動させたことは、明確にエクアドル人を殺す魂胆で、人類に対する攻撃であると思われます。 エクアドルの5G実験都市で中国の武漢以上の死者が(武漢では数千万と言われています。)出ているようです。日本でも5Gを始める用意ができているようです。もし、武漢のように10000個の5G柱が始動されたら、日本のような密集地帯には武漢以上の死者が出るでしょう。5Gとコロナウイルスの動画はYouTubeで禁止されています。恐ろしい世界になったものです。夢を見てるような気がします。また、テレビを見る日本人の洗脳ぶりには驚きます。皆マスクをかけて、コロナウイルスが人々を殺していると信じ切っているようです。これでは5Gを起動されて殺されても気づかないでしょう。

(4)ロックダウンという悪魔の政策

「闇の世界政府」が各国へ命じたロックダウンは悪魔の政策である。何もロックダウンなど必要がなく罪深い政策なのだ。これは「In Deep」さんの下記の記事の抜粋です。

・「「ロックダウンという名の虐殺」 :英国で新型コロナ「ではない原因」による死者が封鎖の日より急激に増加し、統計開始以来最大の死者数に。私たちは今、国家による大量殺人という現実を世界に見ている」(2020年4月23日)
封鎖を行っている各国で「最悪の死亡数の上昇」が描かれているのです。そして、ロックダウンによる人的被害は、予想していた以上にひどいものであることを、イギリス国家統計局が発表した数値により知るところにもなりました。ロックダウンが、ほとんど「国家による人殺し」となっていることを示す数値が、国家統計局から発表され続けているのです。

英国のロックダウン前後の死者数の推移
イングランドとウェールズの毎週の死亡者数の推移
(こちらも参照ください)
・「毎年5800万人が死亡しているこの地球で、パンデミックへの各国の愚策により、1億人の病死者と2億人の餓死者がそこに加わる。事態は、中国政府が5000万トンの米を世界中から掻き集めるほど逼迫している」(2020年4月23日)

今日は以上で次はチャイナの習近平を予定しています。

続きます。

(記事一覧)
チャイナ禍  目次
(関連記事)
武漢肺炎禍の日常(日本は平穏すぎるが何故だろう?)
武漢肺炎はロスチャイルドの中国潰し!同時に日本も標的
日本人はパンデミックを覚悟すべし
新型コロナウイルス、日本は大丈夫そう?
巨大ウイルス禍(感染2億5千万人死者600万人)が日本を襲う
コロナウイルスの予防法 日本の死亡者数予測30万人
武漢ウイルス禍は「日本へのバイオテロ」である可能性
戦後実際に世界を作って来たのは日本だ


          拡散希望
 このブログは天皇を君主とする日本帝国の再興(政体を天皇制へ戻す)を提案しています。
 現体制の日本に未来がなく、新「日本帝国」で真の民主主義国家として生まれ変わり、ミロク社会を実現させる。
 そして、西洋文明で破壊された地球を救う為に立ち上り、全世界から武器を撲滅して戦争をなくし、万民が平等のミロク地球社会を築く努力をすべきである。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード

QR

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

盆踊り

プロフィール

toroco

Author:toroco
愛知県在住、昭和15年生れ、本名:野村宏、愛知工業高校機械科卒、某エネルギー企業入社、万年平社員で定年退職、好きな分野は文明論、世界統治組織に興味を抱き陰謀論にトライ、【制作・研究等での主な参考書籍】馬野周二氏著書、太田龍氏著書、田村珠芳氏著書、ヤコブ・モルガン氏著書、三百人委員会(ジョン・コールマン著)、ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表(アンドリュー・ヒッチコック著)、増田悦佐氏著書、竹内文書関係、エイリアンインタビュー(マチルダ・オードネル・マックエルロイによるインタビューと手記)。Twitter「明日に向かって」

月別アーカイブ