三峡ダムの大変形は偽情報である

最近、中国の三峡ダムが大変形していて崩壊する恐れが話題になっているが、この報道は嘘ですね。元になっているのはグーグルアース映像ですが、ダムの専門家からするとコンクリート製重力ダムが大変形するはずがなく、とにかくこれは悪意ある偽情報で、北京の否定報道の方が正しいのです。

今日は三峡ダムについてですが、本論へ入る前に世界の巨大ダムや長大橋の現況について触れてからにする。

1.世界の巨大ダムや長大橋等について

巨大ダムや長大橋とは偉大な現代文明の華であり成果であるが、しかし、これらはもう完成された技術であり、戦後、世界では巨大ダムの崩壊や長大橋の落橋などはめったに起こらない。

しかし近年、中国や韓国等の中華文明の国がこれらを建設しだしてから度々重大な事故を引き起こしている。これは歴史を50~100年も逆転させる、愚かな行為なのである。つい最近も台湾で見事な落橋事故が発生していて、下記の動画をご覧ください。

2019-10-01南方澳跨港大橋崩塌


上記は「MAG2NEWS」さんの記事「【動画】台湾で橋が崩落、死傷者18名。21年間もワイヤーを検査せず」からですが、たとえ「21年間もワイヤーを検査せず」であっても普通は落橋は起こらないので、何か致命的な欠陥がある。

(1)中華文明諸国で韓国が最も危険で悪質

これら中華文明の諸国で最も始末が悪く悪質なのが韓国であり、長大橋の落橋などは数知れず、日常茶飯事、如何にしたらこれほどの事故が起こるのか不思議でさえあり、最も有名なのが、パラオの長大橋の落橋事故でその動画を下記に示す。

【海外の反応】 韓国製 崩壊 パラオKBブリッジ@韓国製 たった半年で崩壊の恐怖 【海外おもしろch】(この動画はさっそく削除されました、内容は下記の阿修羅掲示板の記事を見てください)
韓国製 崩壊 パラオKBブリッジ

以下は「パラオKBブリッジ@韓国製完成図とその崩壊後 」です。

パラオKBブリッジ@韓国製

パラオKBブリッジ@韓国製崩壊後

このコンクリート製長大橋は鋼製橋より設計と材料管理技術が遥かに難しく、韓国なんどが簡単に建造できるものではない。

その韓国が昨年、ラオスダムの崩壊事故を起こし地域に甚大な被害をもたらしました。このダムは本稿のテーマの三峡ダム(重力式コンクリートダム)のようなシンプルな構造ではなく、材料に砂礫と土を用いるフィルタイプダムは高度な技術を要するもので、低技術国である韓国が安易に建造できるものではなく、その結果この事故です。下記に「ラオスダム 」を示す。

ラオスダム

ラオスダム崩壊

韓国はこればかりではなく、マレーシアの高層ビル建設の不具合、UAEの原子力発電所建設のトラブル、韓国新幹線の脱線事故の多発、韓国が輸出する鉄道車両の故障の多発、等々キリがありません。

(2)中国のダム崩壊や橋梁の落橋、等は隠ぺいされている

中国で起きているダム決壊は一説では100箇所以上あると言われ、橋の落橋や建物の崩壊も相当数あるだろうが、何しろ情報が隠ぺいされているので不明、10年以上前の新幹線脱線事故いらい大きなニュースはない。

ただ、シンガポールへ輸出した地下鉄車両は故障が多いと言われている。

以上述べた中華文明諸国における大規模構造物等の事故は、彼らの劣った技術や甘い認識で高度な構造物を建設するためだが、彼らは古いシナ文明の国々であり、現代文明の国ではないのでその理解が欠如しているからではないかと考える。

2.現代科学を扱えるのは日本と欧米諸国のみ、他は危険である

前章で戦後、世界で巨大ダムや長大橋の崩壊がなかったと述べたが、これは世界で先進国と言われる日本、ヨーロッパ、アメリカの国々が建設して来たからである。しかし近年、中華文明の中国や韓国等が建設しだして事故が多発しているのは何故だろうか。これは以下の文明論によると明解である。

「私的な文明論によれば、現代文明の国とは世界で日本、欧米諸国のみであり、その他は古い文明の国、例えばシナ文明の中国や韓国等である。そして現代の科学技術を扱えるのも現代文明の国々に限られ、他の文明の国が扱うのはとても危険なのである。私的な文明論については過去記事「現代の脱亜論」「日本はアジアではない、一つの大陸である」を参照されたい。」

即ち、現代科学技術の塊である巨大ダムや長大橋の建造は、現代文明の国である日本および欧米諸国以外には難しいので彼らは度々事故を引き起こすのである。

巨大ダムや長大橋はもう半世紀以上前に完成された技術、なので事故を引き起こす事態は異常、絶対に有ってはならない。もし事故を起こせば大きな被害があり、犯罪である。即ち、業務過失災害あるいは同致死なのである。なのに世界で中韓の両国のみが重大な事故を度々引き起こしているのはこのためである。

3.中華諸国への警鐘

中華諸国が現代の科学技術を導入し深刻な問題を引き起こしているのは何も巨大ダムや長大橋ばかりではなく、火力発電所や化学工場から排出される煤煙や排水により発生する大気汚染や河川の水質汚染は、彼らに全く解決能力がないが、これは彼らが現代文明ではない古い文明に属する国々である明確な証拠でもある。

なお、これらの煤煙や排水の汚染除去技術は、巨大ダムや長大橋の建造と同様にもう半世紀以上前に完成していて、完全に防止は可能なので、あとは設備を技術導入すれば良いが、彼らはその意思が全くない。よく石炭を焚くから大気汚染を解決出来ないと言う評論家がいるが、間違いで完全に除去可能である。

下図は同諸国を覆う大気汚染の猛威である。

中国韓国で過去最大の大気汚染

さらに厄介なのは、大気汚染を解決するために、中国が原子力発電所を100箇所も増設する計画がされていて、この原子力発電所も「現代科学技術」の塊であり、現代文明でない古い、遅れた文明の国である中華諸国が安易に建造することはとても危険であり、将来を心配するものである。

以上は前置きで、以後が本題です。

4.三峡ダムの大変形報道(YouTube)は嘘

冒頭に「ダムの専門家からすると、コンクリート製重力式ダムが大変形することはありえず、嘘である」と述べましたが、それはこれから説明しますが、その前に私事で誠に恐縮ですが、昔ダムや橋梁の建設に携わったことがあり、その経歴を紹介します。

「工業高校機械科を卒業後、某エネルギー企業へ入社(1960年ごろ)、火力発電所勤務後に余剰人員で畑違いのダム建設現場(水力発電関連の土木分野)で数年を過ごし、本社に戻り同関連の橋梁建設(鋼橋)に十年ほど携わり、畑違いの土木で何時も冷や飯、そして定年を迎える」

三峡ダムは大規模な重力式ダムですが、昔に私が小規模の同形式ダム建設に携わった経験があり、その特徴は一般の人々より良く把握しているつもりで、三峡ダムの大変形は有り得ないと確信しますが、これは後で述べるとして、何故このような間違った悪意のある報道であるのかを以下に述べます(それから、ドイツ系中国人技術者の同ダム大変形追認報道(YouTube)も嘘であります)。

まず、下図をご覧ください、これは「Hiroshi Hayashi」さんの動画「中国の三峡ダムby Hiroshi Hayashi, Japan」(以下、同動画あるいは同氏という)からですが、上が建設当時、下が現在のグーグルアース映像で明らかに大変形が起こっていて、世界へ衝撃を与えていて、もし同ダムが崩壊すると下流の上海市等に甚大が被害をもたらす。

三峡ダム変形の新旧比較

同氏の計測によると下流へ40mも移動しているとのことで、これは到底ありえない。三峡ダムの大変形問題について下記動画をごらんください。

三峡ダムのゆがみを認めるも「設計の許容範囲内」=中国当局|三峡大坝|三峽大壩|Sanxia Dam(この動画も削除されました)
三峡ダムの大変形問題

5.グーグルは洗脳機関

グーグルアースやYouTubeを運営するグーグルは今まで数々の捏造や隠ぺいを行ってきた、言わば世界の洗脳機関でディープステートの有力な一員である。グーグルを利用する人々の不満はもう世界に充満、強大な力を持ち他に利用メディアがないのを良いことにやりたい放題、利用者は我慢しているのが現状である。

彼らは確たる目標を持って意図的に情報を捻じ曲げ、操作し、気に入らない動画を削除し、アクセス数を誤魔化し、端的な例が昨年の動画大量削除である。例えば、日本の国威発揚を妨げるためにキーワードの天皇や東京に関する動画の削除やアクセス数を誤魔化し(いくら多くのアクセスがあろうと一桁あるいは二桁に抑える)、「海外の反応」動画で人気のある「東京」に関するものは全て削除あるいは低アクセス数にすることで、同動画のアップが激減、「海外の反応」部門は壊滅してしまった等だ。

今回の三峡ダムも意図的に画像操作された可能性があり、その目的はわからないが、多分、中国を貶める、あるいは西洋支配層が気に入らないアジアにケチを付け混乱させる等が考えられる。

私が気が付いたのは三峡ダムの例だけではなく、瀬戸大橋もそうなのであり、グーグルアースで意図的に落橋させられている。下記のグーグルアース映像をご覧ください。瀬戸海峡には大橋は2橋存在しますが、見事に両方落橋しています。

瀬戸大橋の落橋映像

勿論、落橋の意図は日本の国威棄損で、上の動画削除と同様だと考えます。だから中国の三峡ダムも同様であろうと思います。

しかし、三峡ダムが素晴らしいかと言うと、そうではなく、ダム崩壊の恐れや問題点は沢山存在し、中華が建造したダムらしく心配は尽きません。

今日は以上ですが、次回は三峡ダムの滑動や転倒は容易に起こらないことや問題点等を述べる予定です。

続きます。

(記事一覧)
三峡ダムの大変形は偽情報である 目次
(関連記事)
英語圏以外で、母国語て専門教育が出来るのは日本ぐらいだ
日本の半導体産業を徹底して潰したアメリカ
日本の発展の素は天皇にあり
日本はアジアではない、一つの大陸である
韓国人の9割はまともじゃない 4 現代の脱亜論
韓国人の9割はまともじゃない 3 朝鮮人と日本人
戦後実際に世界を作って来たのは日本だ
日本の行く末
日韓外交問題の正体


          拡散希望
 このブログは天皇を君主とする日本帝国の再興(政体を天皇制へ戻す)を提案しています。
 現体制の日本に未来がなく、新「日本帝国」で真の民主主義国家として生まれ変わり、ミロク社会を実現させる。
 そして、西洋文明で破壊された地球を救う為に立ち上り、全世界から武器を撲滅して戦争をなくし、万民が平等のミロク地球社会を築く努力をすべきである。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

盆踊り

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
愛知県在住、昭和15年生れ、本名:野村宏、愛知工業高校機械科卒、某エネルギー企業入社、万年平社員で定年退職、好きな分野は文明論、世界統治組織に興味を抱き陰謀論にトライ、【制作・研究等での主な参考書籍】馬野周二氏著書、太田龍氏著書、田村珠芳氏著書、ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表(アンドリュー・ヒッチコック著)、増田悦佐氏著書、竹内文書関係、エイリアンインタビュー(マチルダ・オードネル・マックエルロイによるインタビューと手記)。Twitter「明日に向かって」

月別アーカイブ