宇宙艦隊(19)【要旨】エイリアンインタビュー 3

前回の続きで、第十章 生物学のレッスンです。この章は極めて重要、宇宙の生物について説明していますが、やっと我が地球も宇宙に近づいた感があります。即ち、宇宙の生物研究所(生物テクノロジー会社)が生物を生み出し、それが取引され惑星に利用され、開発や汎ゆる物はコンピューターで処理されるが、これは正に現代文明ではありませんか。

ページ記事
132
第十章 生物学のレッスン

(マチルダ・オードネル・マックエルロイの個人記録)
1 私の報告は、速記ノートの予備、追加説明のテープに記録。
2 ギャラリーは動揺していた。地球の歴史はとても奇妙。私は不安定と混乱の中、それは真実の響きを感じ高揚した。
3 速記者は私が伝えた「歴史レッスン」を何度も「疑いの目」で私を見た。
4 私には熟考の余裕がなく、エアルから聞いた情報を速記者に伝えること。
133 1 エアルが要求する資料が届くよう、ギャラリー室のエージェントに伝えた。
(インタビューの公式記録文書)
機密
合衆国陸軍航空隊公式記録文書
ロズウェル陸軍飛行場、第509爆撃大隊
件名:エイリアン・インタビュー、1947年7月28日、第一セッション
2 教科書が述べる、宇宙と地球の生命の起源は不正確だ。
3 教科書の「生命の機能」の記述は、偽りの記憶、不正確な観察、データの欠如、証明されない仮説と迷信だ。
1341 例えば、数百年前に医者たちが瀉血を行っていたが、これは蛮行だ。
2 生物工学での不正確な理論と、地球の科学者たちが犯す過ちは、その根源であるIS-BEに対する無知による。
3 これらについて、効果的な解決策への助言を与える。
4 人類の記憶を取り戻すため、生物的存在の起源に関する情報を与える。
5 私はエアルに「進化の題目」かと質問に、厳密には違うと回答。
6 進化はヴェーダ賛歌集が述べ、これはドメインの星系の民話集。
1351 進化論は馬鹿げている。
2 それは真実ではない。
3 西洋の科学者は誰一人、生命を吹き込むのが誰で、何なのかを理解しない。
4 進化は偶然には起きない。それには多量のテクノロジーが必要だ。
5 人間が地球で自然に進化したと言うのは、記憶喪失オペレーションにより吹き込まれた嘘。(実際、人間は宇宙の至るところで何兆年も存在している。)
1361 これは、ヴィーダ賛歌集(ドメイン遠征軍により8200年前に地球へ持込まれた)によりさらに複雑化した。
2 同歌集(ドメインのグリム童話)はインドで広まる。
3 地球では同歌集の哲学等は無視され、神々のものと伝えられ、宗教的な起源(特にヒンズー教)になる。
4 我々の歴史考察は、IS-BEが地球へ到達の遥か前や「旧帝国」支配の遥か前に起きた出来事に基づく。
5 私の個人的体験:何十億年も前、この銀河から遠く離れた銀河の大きな生物研究所(理想郷再生会社)の一員(生体工学エンジニア)で、多数の惑星への生命体供給ビジネスをしていた。
1371 当時、他に多数の生物研究所会社が存在、それらは生命体生存惑星「クラス」に対応した生命体を生産する。彼らは長時間をかけて様々な銀河の至る所で膨大な種族のカタログを開発。
2 「理想郷再生会社」は森林の哺乳類や鳥に特化、全宇宙の惑星の政府や無所属と契約した。
3 このため業界の見本市や出版物で情報を提供。
4 我々の研究は惑星の調査のため相当量の星間移動が必要(私はこの時にパイロット技能を学ぶ)、集めたデーターは巨大コンピュターに蓄積され評価される。
1381 宇宙の殆どの惑星でコンピュターが使われ汎ゆる処理を行う。
2 調査データを元に生物がデザイン、入札者に販売される。
3 デザインの仕様は細胞工学、化学と機械工学のエンジニアに伝えられ完成される。
4 生物プロトタイプが生産、テスト、改良され、惑星に持ち込まれ前に生命力が吹き込まれる。
5 惑星に持ち込まれた「新しい生命体」は先住生命体との相互作用等を監視される。
有機体の相互の衝突は、我々と他の会社との交渉で解決、これらを「優生学」と呼ぶ科学で技術だ。
1391 惑星環境に変化を施すことは頻繁には起きない。惑星作成は生命作成より遥かに難しい。
2 「理想郷再生会社」が最近契約したプロジェクト:銀河戦争によって殆どの惑星生物が消滅、そのため地球に生命体を供給。
3 生物学的に何十億の多様な種族のある惑星を改良するのは計り知れない難事業。
4 今あなた達が見る地球環境はその難事業の痕跡、宇宙の汎ゆる生命体は我々の生物会社による創造。
5 IS-BEとは神である。
1401 地球では1億種が存在。絶滅種の方が多く化石で見られる。
2 進化論は嘘、自然淘汰による進化はSF、進化はIS-BEによる操作である。
3 IS-BE介入の例は、地球での種の品種改良、例えば、犬の品種改良だ。IS-BEが介入しなければ生物は滅多に変化しない。
4 「カモノハシ」の開発はビーバーとアヒルの組み合わせで、クライアントのために生物テクノロジー会社が作った。
5 如何なる生命体も自然に発生したものではない。
地球の有機体のプロテオ・バクテリアは「星タイプ3クラスC」惑星のためデザイン改良され、これはオリオン座のベルト中の嫌気性大気、熱い青い巨星に近い複数の惑星用である。
1411 生命体を創造する専門家IS-BEにとってもこれは難しい作業だ。
2 生命有機体で最も大きな発明は、自己繁殖と有性生殖で、生物を新たに購入したくない惑星政府用に、捕食さてた生物の補充用に開発。
3 この発想は何兆年も前、バイオテクノロジー産業の既得権益を解決する会議で提案。この悪名高い「ユーミ・クルム委員会」は生物生産のコーディネートする。
4 委員会の特定メンバーが買収、謀殺された後、「食物連鎖」の生物現象をもたらす協定が起草。
5 植物連鎖の発想は生物工学ビジネスのなかで生まれ、彼らは虫と顕花植物の創造を専門とする。
6 顕花植物は虫との共生関係を必要だが、これは同じ会社に創造されたからだ。残念なことに同社はバクテリアをも創造する。
1421 その会社名は「バグ・アンド・ブロッサム(虫と花)」である。彼らが創造した寄生生物の用途が有機物の分解であると主張。
2 彼らはPR会社や政治的支援団体を雇い、生命体は「他の生命体を餌にすべき」の理念を美化させる。
それ以前の生命体は外部エネルギーを必要とせず。
3 「バグ・アンド・ブロッサム」は肉食動物のデザインと製造のビジネスに参入、だが余りに沢山の動物が捕食されので、補充が困難になった。
この解決に「バグ・アンド・ブロッサム」は有性生殖を提案、その青写真を示した最初の会社である。
4 自己再生動物の刺激反応交配、細胞分裂の特許も「バグ・アンド・ブロッサム」が保有。
5 次の数百万年を通して、他のバイオ会社がこれらの特許を購入する法案が可決、全現存生命体の細胞設計に組み込まされ、これは非実用的で不経済である。
1431 結果、業界全体が腐敗し破錠。最終的に「バグ・アンド・ブロッサム」等のバイオテクノロジー業界が完全に消滅。
その結果、有る種が絶滅するとテクノロジーを失ったので復元不可能になった。
2 いくつかの惑星にその製法記録ファイルはある可能性はあるが、それを実行する者はもういない。
従って、ドメインがやっている、減少傾向にある地球の生物を守る行動が如何に重要であるかだ。
3 「有性生殖」技術の理念は「周期的刺激反応発生器」で、化学物質的/電気的相互作用の発明だ。
これは遺伝的メカニズムで、一見自然に生殖衝動を引き起こし、ホモ・サピエンス等に適応。
4 ホモ・サピエンスの生殖で重要なのは「化学物質的-電気的な引金」メカニズムを埋め込むこと。
これはIS-BEを肉体の中に引き込めるための「美的な痛み」を使う人工的な刷り込みである。
1441 自由であるIS-BEを捉える宇宙のトラップは、汎ゆるIS-BEに魅力的な美の電子波である。苦痛と美の電子波によりIS-BEは身動きが出来なくなる。
2 家畜等のより劣る生命体では「生殖再生の引き金」は匂いが使われる。
3 食料源が与えられない、飢饉、有機体が生存が難しいとき、種の生存の生殖活動を促す、これは全生命種に適用。
4 ドメイン支配階級が肉体に住まない理由:「性的美的苦痛」電磁波が肉体の衰弱と依存症があるからだ。
ドメインの士官はドールボディしか使わない。
これは宇宙の歴史の中で創造された最大の捕獲装置だ。
5 ドメインおよび「旧帝国」の文明の本質:肉体に住むIS-BEは惑星や基地における「労働階級」で奴隷階級だ。
6 ドメインおよび「旧帝国」の階級制は以下である。
7 最も高い階級:使用できる体の制限がない自由なIS-BE。
1451 その下に沢山の階層があり、移動や体の制限がある。
2 これらの下に「ドールボディ」階級がある。
私を含め宇宙船の乗組員がそうで、銀河を移動するため軽量で耐久性のある「ドールボディ」に入っている。
3 その下は兵士階級、敵を制圧する兵器を装備、遠隔操作のロボットもいる。
4 下の方の階級は肉体を持つ。彼らは宇宙の移動は不可能。
5 殆どの肉体は特定の大気が無ければ、数分間で死滅、時間が経過するとバクテリアによる臭気があり、絶対に宇宙船に乗れない。
1461 肉体の耐熱性は極端に低いので宇宙の活動は無理、勿論、軍務も全くダメだ。
2 肉体に住居するIS-BEは、生まれつきの能力の多くを失っているが、ドメインはその回復手段を持たない。
3 ドメインの宇宙船は一日で数兆光年を移動、だが銀河間の移動に数千年間を要する場合がある。
生物的肉体は60~150年の寿命、ドールボディは半永久的。
4 生物的肉体の開発は約74兆年前、様々な非道な目的、特に娯楽で様々なタイプが開発、体験するのが流行した。
5 その時からIS-BEと体の関係は退化、体で遊び回った結果、体に捕らえられ、二度と抜け出せない策略が導入。
6 これはぜい弱な体を作ることで、IS-BEが体を傷つけない用心深い行動と長い歴史で、体の中に閉じ込められた。
1471 これは一部のIS-BEには有益な事業、何兆年をかけ他の者を奴隷にし、今日まで続く。
IS-BEの特徴の自由な行動とエネルギーの創造する能力を徐々に弱め衰えさせ、これが階級制度を齎した。
2 体を各階級のシンボルに使うことは、「旧帝国」だけでなくドメインでも行われる。
3 宇宙の銀河におけるIS-BEの大部分は肉体の中に住み、住居する惑星の条件によりタイプが異なる。
4 例えば地球は、「太陽タイプ12クラス7惑星」で、重い重力、窒素/酸素の大気と生物がいる。
1481 生命体の種類は砂の数ほどあるが、何百万の生物会社が74兆年の間、違う種類の生物を製造したのかを貴方は想像できるか。
(マチルダ・オードネル・マックエルロイの個人記録)
2 エアルのSFのような話、彼女は身長40インチ、肌は灰色、各手足には3本の指のエイリアン。
3 振り返ると、エアルから60年が経過、地球の医者たちがエアルの話した「生命テクノロジー」を開発しだした。
4 この章に関するマックエルロイ氏の感想。

続きます。

ブログテーマ2

(記事一覧)
宇宙艦隊 目次


          拡散希望
 このブログは天皇を君主とする日本帝国の再興(政体を天皇制へ戻す)を提案しています。
 現体制の日本に未来がなく、新「日本帝国」で真の民主主義国家として生まれ変わり、ミロク社会を実現させる。
 そして、西洋文明で破壊された地球を救う為に立ち上り、全世界から武器を撲滅して戦争をなくし、万民が平等のミロク地球社会を築く努力をすべきである。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

盆踊り

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

toroco

Author:toroco
愛知県在住、昭和15年生れ、本名:野村宏、愛知工業高校機械科卒、某エネルギー企業入社、万年平社員で定年退職、好きな分野は文明論、世界統治組織に興味を抱き陰謀論にトライ、【制作・研究等での主な参考書籍】馬野周二氏著書、太田龍氏著書、田村珠芳氏著書、ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表(アンドリュー・ヒッチコック著)、増田悦佐氏著書、竹内文書関係、エイリアンインタビュー(マチルダ・オードネル・マックエルロイによるインタビューと手記)。Twitter「明日に向かって」

月別アーカイブ