動乱の香港と韓国

過去記事「米中経済戦争の最前線は日韓、香港と台湾」で述べましたが、その様相は益々激化しているようで、今日も同様な話題で、超驚愕記事が注目ブログの一つ「板垣英憲 マスコミに出ない政治経済の裏話」さんからありましたので紹介します。

1.香港動乱

香港騒乱A
もう香港は動乱といっても良い状態で、「香港デモ情報#香港暴乱」等で確認出来ます。
香港騒乱B

下記は今日のメインテーマ、最新「板垣英憲情報」です。

フィリピンに待機している特殊部隊は秘密裏に香港と深セン市を制圧し、9月末までに習近平体制は終わり、韓国は、「GSOMIA」を破棄し、ゲームオーバーとなった(2019年08月26日 08時11分16秒)
民主派デモ「バルトの道」を再現
「第2の天安門事件Xデーは8月25日の公算が大」と観測されていた香港では、その寸前、1989年8月23日夜、30年前にバルト3国で行われた旧ソ連支配に対する民主派デモ「バルトの道」(反ソ連デモの中で軍がと最大規模の100万人以上が手をつなぎ、600キロを超える長さの人間の鎖を作った)を再現した。

「人間の鎖」で抗議行動
若者たちは、人民解放軍が集結しているという情報が入っているので、今後は市民生活に迷惑をかけないようにしようにしようということで、空港を占拠したりするのはやめて路上で手をつなぐ「人間の鎖」で抗議行動をした。数千人のデモ隊が市内各地で手をつなぎライトを掲げ、超高層ビルが立ち並ぶ湾岸地域や人通りの多い繁華街で穏やかに「人間の鎖」を作った。

フィリピン待機の特殊部隊が秘密裏に香港と深セン市を制圧の予定
上皇陛下のごく近くにいる吉備太秦のトップ情報によると。「香港はいずれにしても人民解放軍が突入しようがしまいが、フィリピンに待機している特殊部隊は秘密裏に香港と深セン市を制圧する。そして9月末までに習近平体制は終わる。そうでないと、いろんなことが間に合わない」という。

韓国のGSOMIA
加えて、韓国は、「GSOMIA(軍事情報包括保護協定)」を破棄した。将棋で言えば完全に詰んだ。つまりゲームオーバーとなった」と観測している。

その他
〔なお、埼玉県知事選挙は8月25日投開票の結果、予測通り、立憲民主党や国民民主党など野党4党が支援した元参議院議員の大野元裕氏(55)が、自民・公明両党が推薦した新人らを破り初めての当選を果たした。埼玉県民有権者は、昔から選挙戦最後の土壇場で「勝ち馬に乗る習性」がある〕
(上記の見出し、太字部分は私が振りました)

3段目の「フィリピン待機の特殊部隊が秘密裏に香港と深セン市を制圧の予定」は驚愕です。特殊部隊とは下記の記事にある、CIAと英MI6の特殊部隊(700人)のことだが、たった特殊部隊(700人)で中国軍が制圧できるのだろうか。

そして、「9月末までに習近平体制は終わる」とあるが、本当だろうか。もしこれが実現すると確実に中国共産党は終了である。

そして、以下は上記の前記事である。

「第2の天安門事件Xデーは8月25日?」米CIAと英MI6が待機させている特殊部隊が鎮圧に行き、1週間くらいは混乱、トランプ大統領は、中国に経済制裁をかける(2019年08月21日 08時29分51秒)
「第2の天安門事件Xデーは8月25日の公算が大」-習近平国家主席の妻・彭麗媛夫人(中国自民解放軍少将)が、すでに人民解放軍に命令を出していて、香港の境界に武装警察が集結している。

彭麗媛夫人の実母は、早々と台湾に逃がしている。次女は日本にいて、長女は米国にいる。

米CIAと英MI6がフィリピンに待機させている特殊部隊(700人)が鎮圧に行き、1週間くらいは混乱する。

そうすると、トランプ大統領が宣言していた通り、米中貿易摩擦は物別れに終わって、次は、ロシアがクリミア半島を制圧したときと同じように、中国に経済制裁をかけ、日本とEUに対して、それに従えという要求を出す。

当然、安倍晋三政権は従うけれども、従ったら、アベノミクス政策は完全に崩壊する。これは、上皇陛下のごく近くにいる吉備太秦の予測である。

さらに、9月初旬に予定されている、習近平も出席予定「香港一帯一路サミット」の中止は確定的だろう。

香港デモについての優秀な解説動画を下記に示すのでご覧ください。

香港デモ、収束の気配なく人民解放軍が深センに集結!香港はどうなる?

次は韓国の話題です。

2.韓国大動乱始まる

同様に「板垣英憲氏記事」からです。

「韓国大動乱始まる」文在寅大統領は、身の安全を金正恩党委員長に頼り、韓国内は大混乱するので、在韓国邦人は、速やかに自己責任で日本に事前避難しておく必要がある(2019年08月24日 04時30分21秒)
韓国大動乱始まる
「韓国大動乱始まる」-文在寅大統領が8月22日、「GSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄を通知期限の24日を待たずに決めたことから、韓国動乱が始まった。

文在寅大統領は正式手続きを経ず逃亡の予定
というのは、文在寅大統領が、「第4回米朝首脳会談→朝鮮戦争終結宣言→米朝国交正常化→平和条約締結→朝鮮半島統一→新国家コリア建国」の手続きを待たずに、「中国青島市かスイスか」に逃亡を図ろうとしているからである。

文在寅大統領は金正恩党委員長を頼る
文在寅大統領は、金正恩党委員長が、スイスに留学中、お世話をしていた経験があるので、身の安全を金正恩党委員長に頼ろうとしていて、娘一家をすでに海外移住させている。

青年将校らが「クーデター」を企て蜂起の動き
韓国軍内部には、陸軍士官学校出身の青年将校らが、「クーデター」を企てて蜂起する動きを見せており、成功すれば、第9師団長在任中(階級は陸軍少将)の1979年12月12日に、全斗煥ら「ハナフェ(ハナ会・一心会)」のメンバーとともに粛軍クーデターを起こし、最後の軍人出身大統領といわれた盧泰愚大統領(在任:1988年2月25日~ 1993年2月24日)以来26年ぶりに「軍政」が復活する。

韓国内は大混乱、在韓国邦人は速やかに避難すべし
この間、韓国内は大混乱するので、在韓国邦人は、速やかに自己責任で日本に事前避難しておく必要がある。以下は、ロシア情報機関のエージェントに近い情報筋の話である。
(各段の見出しは私が振りました)

3.米中経済戦争は激化、速やかに邦人は関係国から退避すべし

邦人は韓国や香港から速やかに退避すべし。勿論、此等の国への旅行などは厳禁である。これから米中経済戦争はさらに激化することは明白、中国へも同様である。さらに、台湾さへもこれから危険になる恐れがある。

今日は以上です。

(関連記事)
米中経済戦争の最前線は日韓、香港と台湾
韓国人の9割はまともじゃない 目次
英語圏以外で、母国語て専門教育が出来るのは日本ぐらいだ
日本の半導体産業を徹底して潰したアメリカ
日本の発展の素は天皇にあり
激動アジア 北朝鮮の脅威(24)首脳会談、正恩の挫折
日本はアジアではない、一つの大陸である
【藤井厳喜】”緊急”大至急韓国から退避せよ!!
戦後実際に世界を作って来たのは日本だ
日本の行く末
日韓外交問題の正体


          拡散希望
 このブログは天皇を君主とする日本帝国の再興(政体を天皇制へ戻す)を提案しています。
 現体制の日本に未来がなく、新「日本帝国」で真の民主主義国家として生まれ変わり、ミロク社会を実現させる。
 そして、西洋文明で破壊された地球を救う為に立ち上り、全世界から武器を撲滅して戦争をなくし、万民が平等のミロク地球社会を築く努力をすべきである。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

盆踊り

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
愛知県在住、昭和15年生れ、本名:野村宏、愛知工業高校機械科卒、某エネルギー企業入社、万年平社員で定年退職、好きな分野は文明論、世界統治組織に興味を抱き陰謀論にトライ、【制作・研究等での主な参考書籍】馬野周二氏著書、太田龍氏著書、田村珠芳氏著書、ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表(アンドリュー・ヒッチコック著)、ヤコブ・モルガン氏著書、増田悦佐氏著書、竹内文書関係、エイリアンインタビュー(マチルダ・オードネル・マックエルロイによるインタビューと手記)。Twitter「明日に向かって」

月別アーカイブ