宇宙艦隊(18)【要旨】エイリアンインタビュー 2

前回の第七章 古代史のレッスン、第ハ章 近代史のレッスンに続いて、今回は第九章 出来事のタイムラインです。これが真の世界史です。

ページ記事
104
第九章 出来事のタイムライン

(マチルダ・オードネル・マックエルロイの個人記録)
1 エアルから聞いた多くの日付、名前を覚えきれず、メモを取ったら、彼女からのコミュニケーションの受信が難しくなり、何度も聞き返した。
2 エアルは小惑星帯にある宇宙ステーションと連絡を取っていた。
(インタビューの公式記録文書)
機密
合衆国陸軍航空隊公式記録文書
ロズウェル陸軍飛行場、第509爆撃大隊
件名:エイリアン・インタビュー、1947年7月26日、第一セッション
1051 地球の歴史は異様で馬鹿げている(細かく刻んで、押し流すの繰り返し)。
2 地球の歴史は、記憶喪失、催眠暗示、偽りと操作で出来上がる(如何に聡明な研究者でも真ともな歴史は書けない)。
3 記憶、長寿、外側からの視点の優位性があるドメインが地球の歴史に説明を加えよう。
4 以下は地球の歴史教科書には記載されないものだ。「旧帝国」とドメインによる地球への関わり。
5 我々が「旧帝国」を侵略した以後のデータも用いる。
6 ドメインは地球のIS-BEに興味はなく、地球の資源の保全を目的に、偵察、情報収集する。
1061 以下の日付と出来事は宇宙ステーションから得た。
2 紀元前20万年8千年ー
3 「旧帝国」の司令部は大熊座にあり、侵略軍は銀河系を核兵器で征服し、別銀河からの移民を行う。これは約1万年前にドメインに敗北するまで続いた。
4 地球文明は、「旧帝国」の直接的支配から脱したので、様々な形でその文明に似るようになった。最近の飛行機、電車、船、自動車、など近代的で未来的な構造物は「旧帝国」の文明である。
5 紀元前7万5千年以前ー
6 アトランティスとレムール文明について、ドメインは少ない情報しかない。
両者は政治的、宗教的迫害から逃れた他の星からきた「電子的スペース・オペラ文化」の生存者たちが設立した。
1071 この2つの文明の滅亡は、入植者を犯罪人とする「旧帝国」の軍事・警察組織による破壊と考えられるが、その決定的証拠はない。
2 もう一つの可能性は巨大火山の噴火である。
この文明の生存者のレムーリア人は中国人の祖先。
オーストラリアと北の海域はレムーリア文化の中心で、東洋人種族の起源。
両方の文明は共に、電子技術、飛行とスペース・オペラ文化。
3 巨大火山の噴火で二つの文明は沈んだ。生き残っ人たちが東洋の種族となった。
4 巨大火山の噴火は地球の長期寒冷化を引き起こした。
1081 地球は天変地異が多くIS-BEのの住居に適さない。
なので永続的文明の発達に向いていない。
2 地球は銀河の端の「小さい惑星」であり、惑星文明の中心地帯から外れるている。
3 紀元前3万年以前ー
4 なので地球は犯罪者等の刑務所、「牢獄惑星」として使われだした。
「旧帝国」の様々な地域からカプセルに入れられ地球に送られた。
地下に設けられた「記憶模失基地」が火星、アフリカのルウェンゾリ山地、ポルトガルのピレネー山脈、モンゴル草原に建設された。
5 電子監視装置:死でIS-BEが肉体から立ち去る時、それを感知し捕縛するバリアが設置してある。
捕えたIS-BEに強烈な電気ショックを与え記憶を消す。
さらに長距離の電子思考統制メカニズムにより住民を統制する。
1091 これらの基地は未だに動作している(ドメインはこれを止めることが出来なていない)。
2 地球のピラミッドは「旧帝国」に意図的に作られた騙しの設備だ。
3 ピラミッドは無意味、固く巨大で「旧帝国」の象徴。
4 ピラミッド文化は蛇の兄弟(旧帝国、密教カルト)により考案された。
1101 神秘とは嘘と半端な事実で構成。
2 地球のピラミッド文明は嘘と真実と組み合わせ「旧帝国」により設計製作された。
3 難解な儀式、天文学的な整列、巨大な記念碑等は、地球のIS-BEに解明されないよう作られている。
4 地球のあらゆるIS-BEは他の惑星から来た。 地球には原住民はいない。
5 古代エジプトでは神官がファラオを操り住民を奴隷化。 現代も神官が変わっただけで機能は同じ。
6 「旧帝国」は地球人が記憶を取り戻しすのを最も懸念している。
1111 刑務所システム運営者達の心配は地球のIS-BE達に、「旧帝国」が彼らから所有物等を奪い地球へ送られた事を知られることだ。
2 刑務所の囚人たちが真実を知って、看守達に立ち向かったらどうなるか?
3 地球の囚人たちが故郷の惑星の文明を思い出す汎ゆるシンボル、物等を「旧帝国」は恐れている。
4 「旧帝国」で何百万年も発達した捕獲と奴隷化テクノロジーは、地球のIS-BE達に刑務所システムに使用された。
5 これに、分けのわからない二重表現の宗教、ピラミッド文明の武力、恐れと無知で住民を奴隷化し続ける支配機構の一部として使用。
この無関係の情報、幾何学的模様、数学的で天文学的な整列、等は地球のIS-BE達を混乱させる。
6 人が死んで「魂」または「カー」保持するため、リンネルに包んで埋葬される。しかしIS-BEは魂を「持って」いない。IS-BEは魂なのだ。
1121 IS-BEの故郷(惑星)で肉体から離れた(死んだ)時でも、所持品等を奪われることはない(生まれ変われば戻る)。
ただしIS-BEが記憶を消されれば、生まれ変わった時には、以前の所有物は自由に掠め取れる。
2 捏造の理由はIS-BEはスピリットではなく物理的な物体であるとの観念を植え付けるため。
3 エジプトとその他の「旧帝国」文明(古代史)の謎は絶対解けないジグソーパズル。
4 紀元前1万5000年頃ー
5 「旧帝国」は南米チチカカ湖付近で巨大な建造物を建設。
6 紀元前1万1600年ー
7 地球の地軸が変わり、氷冠が溶け地球の大部分が水没、氷河期が終わる。
最後に残ったアトランティス、レムーリアは水没。
ポールシフトによりアメリカ大陸、オーストラリアと北極で動物の大絶滅。
8 紀元前1万450年ー
1131 「旧帝国」のトートと呼ばれるIS-BEがキザの大ピラミッド建設の計画を立てた。
2 紀元前1万400年ー
3 地球の歴史家ヘドロスによる滅びたアトランティス文明の電子テクノロジーやスフィンクス等の記述は「旧帝国」により損なわれている。
4 紀元前8212年ー
5 「ヴィーダ賛歌集」は膨大な宇宙の眞理や知識があるが、残念なことに地球の神官達に改ざんされた。
6 紀元前8050年ー
1141 銀河系内「旧帝国」本惑星政府がドメインにより破壊、「旧帝国」の終焉。
ドメインが広大な「旧帝国」を完全征服するには何千年も必要。
「旧帝国」の政治的、経済的、文化的の慣性は依然として残る。
2 地球の太陽系の「旧帝国」宇宙艦隊は西暦1230年に破壊された。もはや「旧帝国」の地球支配は失われた。
ただしその後、地球は無法地帯。反乱分子、宇宙海賊、探鉱者、商売人、等の無法者を取り締まる者がいない。
3 ユダヤの歴史、創世記のネフリム。
4 ネフリムの記述。
5 旧約聖書を書いたユダヤ人は奴隷、採集民、家畜の世話人。
彼らにとって現代の懐中電灯さえ軌跡で神である。
これは記憶喪失のIS-BEには普通である。
1151 地球の女性と性関係を持った、彼らは神の子などではない。彼らは単に肉体的快楽に耽っただけ、肉体に住居したIS-BEで、彼らの植民地なのだ。
2 「旧帝国」でIS-Bが犯す犯罪は、所得税法違反だ。所得税が人を奴隷にする手段、違反者IS-Bは地球での禁固刑である。
3 紀元前6750年ー
4 地球のピラミッド文明は「旧帝国」により設立。バビロニア、エジプト、中国とメソアメリカだ。メソポタミア地域はサービス施設、通信基地、宇宙港。
5 「神聖な統治者」プタハは「旧帝国」から来た、初代長官。
6 「エジプト」は「ヘット・カー・プタハ」が訛ったもの。
7 プタハはエジプトの転生の神。
1161 次の統治者は「ネテル」。彼らのシンボルは蛇と龍。「蛇の兄弟」は「旧帝国」の秘密の神官社会。
2 「旧帝国」のエンジニアは、光を使って石を切り、バリアと宇宙船を使い何千トンの石を運搬、巨大建造物を作った。
3 ドメインのエンジニアから見ると、これらの建造物は惑星基準からすると大雑把。
4 殆どの構造物は映画のセットのようでお粗末。
5 これらの神聖な統治者は「旧帝国」の工作員(IS-BE)。
6 紀元前6248年ー
1171 ドメインの宇宙軍総司令部と「旧帝国」太陽系残党の宇宙艦隊との戦闘が約7500年間続いた。
その始まりは、ドメイン遠征軍3000人のヒマラヤ基地だ。ドメインは地球が牢獄惑星であるのを気づいていなかった。
2 その基地は「旧帝国」宇宙軍により破壊。ドメイン全員が捕えられ火星へ連行、記憶喪失にして地球へ返された。
3 紀元前5965年ー
4 ドメイン軍が太陽系の基地を発見。ドメインは金星の基地を制圧、高温高圧に耐える生命体を監視している。
5 ドメインは太陽系の秘密基地と宇宙ステーション設立(小惑星帯)。この基地は非常に有用である。
6 紀元前3450年-3100年ー
1181 「旧帝国」工作員、「神聖な神々」が地球への介入に、ドメイン勢力により中断、このため彼らは人間の統治者に変えざるをえなくなり、上下エジプトを統一した第一王朝が始まった。
2 紀元前3200年ー
3 この時期、地球はドメインと「旧帝国」から攻撃されていた。エジプト時代はスペース・オペラ文明であり、地球の歴史家が言う宗教文明なのではない。彼らは記憶喪失なので全く間違っている。
4 地球の文明は全て地球外から来た。エジプト、ピラミッド、数学言語、文書、宗教、建築様式、等の全てがパッケージとして導入。
5 地球へのドメイン、「旧帝国」、その他の地球外生命体の介入の痕跡は、入念に「隠蔽」されている。これは「旧帝国」が地球人に真実(捕えられ、地球に移植され、洗脳されている)を知らせないためだ。
1191 地球の歴史家は、「旧帝国」エジプトの神官が「光線銃」やテクノロジーを持っていないと誤った認識を持つ。
2 紀元前3172年ー
3 アンデスのティワナコ、クスコ、キト、等の都市は「神々」のために錫採掘所として、天文学的な構造物とグリッドが作られた。
4 「旧帝国」とドメインの戦争で、地球で多様な鉱山業が行われ、探鉱者の像が作られ、電子光線の石切道具を使用。また「旧帝国」は銀河系で長い間、採掘事業を維持。地球の、現在のそれらはドメインの所有物。
5 紀元前2450年ー
6 カイロの近くの大ピラミッド等が完成。「旧帝国」の碑文にはプタハの息子トートにより建設とある。
7 数々のピラミッドの位置は宇宙から見て精密に測量されている。
1201 ピラミッドの内部の「通気孔の配置」がオリオン座、おおいぬ座、シリウス等の配列と同じに建設。「旧帝国」の本拠地惑星の北斗七星にも整列する。
2 キザ高原の全てのピラミッドの配置は「旧帝国」の中の様々の太陽系や星座の「鏡像」を地上に作るのを意図。
3 紀元前2181年ー
4 ミンはエジプトの豊穣の神、彼はパンというギリシャ神でもあるが「旧帝国」の記憶喪失システムから逃れていた。
5 紀元前2160年-2040年ー
6 ドメインと「旧帝国」の戦い激化で「神聖な統治者」の支配が終わ、彼らは敗北しエジプトを去り天へ戻る。替わりに人間がファラオとして支配。そしてエジプトの首都をメンフィスからヘラクレオポリスに移す。
7 紀元前1500年ー
8 これが、ギリシャの賢者ソロン等が伝えた、アトランティス滅亡の日である。アヌの神官たちは、これが地中海地域をアトランティスが侵略したと記録するが、間違いである。
1211 彼らは火山の噴火と津波で滅亡したクレタ島ミノア文明の難民だ。
2 プラトンのアトランティスの記述は、ギリシャの哲学者ソロンから借りたもの。ソロン情報はエジプト神官から与えられた。
3 紀元前1351年-1337年ー
4 ドメイン遠征軍は、アムンの神官(蛇の兄弟、密教カルト)に宗教的な征服戦争を仕掛けたが失敗。この時期、ファラオ・イクナートンがアムン神官の廃止、エジプトの首都をテーベからアマルナの移す。
5 紀元前1193年ー
6 ギリシャとトロイアがトロイア戦争、トロイは滅亡。
この時期、地球周辺の「宇宙ステーション」を巡って、二つの勢力による宇宙戦争が行われ、その300年間に「旧帝国」残党の激しい抵抗あり。
1221 紀元前850年ー
2 詩人ホメロスの神々の物語とは、「旧帝国」の記憶喪失オペレーションを避け、肉体なしに行動できるIS-BEの英雄的行為の物語。
3 紀元前700年ー
4 ヴィーダ賛美歌(ギリシャ語訳)は西洋の文化革命、民主主義的な共和制に変貌。
5 紀元前638年-559年ー
6 ギリシャ賢者ソロンがアトランティスの存在を公表。彼はエジプト「旧帝国」大神官、ヘリオポリスのセノフィス等から学ぶ。
7 紀元前630年ー
8 ゾロアスターがペルシャでアフラ・マズダー(IS-BE)宗教的実践を作る。この一神教は「旧帝国」の多神教に変わってドメインの工作員が導入した。
9 紀元前604年ー
10 「道教」の著者の老子は、偉大なIS-BEで、「旧帝国」の記憶喪失/催眠術装置を克服、地球を脱出。
1231 彼は自分の思考と過去生に直面し、自己の記憶と能力、不死の一部を取り戻す。
2 彼は肉体から去るため、森へ入り、自己の哲学を書きとめ、その助言を与えた。
3 老子の助言の記述。
4 老子の助言の記述。
5 老子の助言の記述。
6 老子の助言の記述。
1241 紀元前593年ー
2 創世記の「天使たち」、「神の子たち」とは、「旧帝国」の反乱分子(宇宙海賊、密輸者、地球資源の盗人)が地球の女性と性交し子供を生む話。
3 周辺の惑星や銀河から地球への来訪者は多数、だが地球の永住者は稀、誰が牢獄惑星に住むか?
4 エゼキエルが宇宙船等を目撃した話は、「旧帝国」の円盤等を正確に描写。
5 生物的な体の寿命は「太陽タイプ12クラス7」惑星では約150年に設計される。しかし地球では頻繁に生まれ替わるよう操作、創世記や「ヤハウェ」が述べる120年の約半分である。
1251 「旧約聖書」とは「旧帝国」の神官に厳しく支配されたバビロニアにおいて、奴隷のユダヤが書き、偽りの時間と偽りの概念を導入。
2 蛇は「旧帝国」のシンボルであるが、「創世記」のアダムとイヴに現れる。
3 旧約聖書は「旧帝国」勢力の影響を受け、IS-BEが地球の生物体内に誘導される詳細を描写。この書物は、偽の記憶、嘘、迷信、「忘れろ」の命令、などIS-BEを地球に捕え続ける設計が施され、人間が不死でスピリチュアルな存在なのを忘れさせた。
4 紀元前580年ー
5 デルボイの信託、これは「旧帝国」のネットワーク神殿で通信施設、首都のテーベから5°(緯距)の間隔で、地中海からバルト海まで達する。
6 この神殿は電子信号機の保管グリッドとして機能。
1261 「旧帝国」神官職のシンボルはパイソン、龍、蛇。
2 ギリシャ神話、神殿の守護者で蛇のパイソンという名の巫女がアポロに征服された。これは太陽系で「旧帝国」がドメインに破れた正確な婉曲表現である。
3 紀元前559年ー
4 紀元前5965年に失踪したドメイン捜索隊の司令官を、ドメイン捜索隊が感知、居場所を特定。彼はペルシャのキュケロス二世として転生していた。
5 キュケロス二世はインドから連続に転生、彼の隊員達もその転生について行き、これが地球最大の帝国建設を可能にした。
6 ドメインの捜索隊は地球を数千年間旅した。捜索隊は900人、各300人に分かれ、その各々の分担は地上、海、地球周辺の宇宙。これらについて人間の様々な観測があるが、その真実を理解できない。
7 ドメイン捜索隊は様々な電子探知装置を考案。
1271 その電子探知装置の一つ「生命の木」は生命を探知できる。これは電界発生器および受信機を格子に撚り合わせたもので、如何なる存在のIS-BEも探知可能。
2 ドメイン捜索隊はこの携帯探知器を持っていた。これはシュメールの石版に描写されている。
3 ドメイン捜索隊はアフラ・マズダーが指揮。彼らは「翼を持った神々」、ペルシャの至る所で石版に刻まれた。
4 ドメイン捜索隊の水中部隊は地元の人間から「オアネス」と呼べれた。石の彫刻には彼らの銀の潜水服姿が描写された。一部の隊員はイルカやクジラに転生。
1281 地上部隊はアヌンナキと呼ばれ、聖書ではネフィリムと言われる。
彼らの本当の目的は人間には明らかにされず、酷く誤解されている。
2 人間の歴史は、誤解、間違い、装飾で溢れている。
3 宇宙部隊は「翼のある円盤」で描写されている。
4 失踪した一個大隊の司令官は、キュケロス二世に転生、彼はユダヤやイスラムからメシアとされたIS-BEである。
彼は50年足らずで西洋文明を高度の論理観と人道的哲学に確立。
5 彼の業績である、領土、組織構成、建築はそれ以前も以後にも見られないほど偉大。
これはドメイン部隊の、士官、パイロット、エンジニアたちの協力による。
1291 我々は失踪した一個大隊のIS-BEの居場所の発見は出来ている。しかし彼らの記憶を回復させる事は出来ていない。
2 生物的な体に住居するIS-BEを宇宙ステーションに移送する事は出来ない。宇宙船には酸素がなく、生命維持装置もないから。
3 紀元前200年ー
4 最後に残った「旧帝国」のピラミッド文明は「テオティワカン」だ、アステカ語で「神々の場所」。
キザのピラミッドのように天体の整列、軌道距離を正確に反映。
5 世界中のピラミッド文明に共通は、蛇、龍のイメージを使用。
これは我々に「神々」は爬虫類であると言う幻想を抱かせたから。これは記憶喪失を継続させるために設計された幻想の一部。
「旧帝国」のIS-BEは地球の人類と良く似ていて、「神々」は爬虫類ではない。
1301 西暦1034年-1124年ー
2 全アラビア世界が一人の人間により奴隷化:老人ハッサン・イブン・アリーサッパーフ、彼は恐怖と恐れを使い、インド、小アジア、地中海地方の大部分を支配。
3 彼による若い男達の暗殺者化の手法説明。
4 同上。
5 これは「旧帝国」によるIS-BEを記憶喪失、マインドコントロール手法の小規模な実演である。
6 西暦1119年ー
1311 テンプル騎士団が第一十字軍の後にキリスト教軍事組織として設立、「旧帝国」の工作員たちの資金集めのため、国際銀行システムの基礎に変わった。
2 西暦1135年-1230年ー
3 ドメインが「旧帝国」の太陽系宇宙艦隊の残党を完全に壊滅させた。しかし、思考コントロール・オペレーションは生き残った。
4 西暦1307年ー
5 テンプル騎士団はフランス王フィリップスにより解体、蓄えた富は奪われ、隊員は殺された。
6 テンプル騎士団の大半はスイスに逃れ、地球経済を秘密支配する国際銀行システムを設立。
7 「旧帝国」の工作員が、国際銀行家たちを秘密支配。彼ら銀行家は国家に武器と資金を与え、戦争を奨励、戦争とは囚人たちを支配する仕組みである。
8 国際銀行家が出資し起こす無意味な戦争による大量殺戮と大虐殺の目的は、地球のIS-BEが共存・共栄と覚醒するのを妨害し、彼らが拘束から脱出してしまうのを防ぐため。

続きます。

ブログテーマ2

(記事一覧)
宇宙艦隊 目次


          拡散希望
 このブログは天皇を君主とする日本帝国の再興(政体を天皇制へ戻す)を提案しています。
 現体制の日本に未来がなく、新「日本帝国」で真の民主主義国家として生まれ変わり、ミロク社会を実現させる。
 そして、西洋文明で破壊された地球を救う為に立ち上り、全世界から武器を撲滅して戦争をなくし、万民が平等のミロク地球社会を築く努力をすべきである。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

盆踊り

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

toroco

Author:toroco
愛知県在住、昭和15年生れ、本名:野村宏、愛知工業高校機械科卒、某エネルギー企業入社、万年平社員で定年退職、好きな分野は文明論、世界統治組織に興味を抱き陰謀論にトライ、【制作・研究等での主な参考書籍】馬野周二氏著書、太田龍氏著書、田村珠芳氏著書、ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表(アンドリュー・ヒッチコック著)、増田悦佐氏著書、竹内文書関係、エイリアンインタビュー(マチルダ・オードネル・マックエルロイによるインタビューと手記)。Twitter「明日に向かって」

月別アーカイブ