【藤井厳喜】”緊急”大至急韓国から退避せよ!!

【藤井厳喜】”緊急”大至急韓国から退避せよ!!

下記動画の58:59辺りをご覧ください。評論家の藤井厳喜氏が「半島有事の恐れあり、事態は切迫しているので、不要不急以外は全員早急に韓国から退避せよ」と下記のように述べられているので、我々はそれに早急に対処すべきであると考える

半島有事の在韓邦人の保護について藤井厳喜氏は下記のように述べる

朝鮮半島有事に備えよ。何時、同有事が起こっても可笑しくない状態にあり、今、韓国にいる日本人は自己責任であると自覚すべきだ。もし有事の時、多人数の場合は自衛隊ヘリで救出できない場合があり、また現在の韓国政府は敵であり協力も得られないことが考えられるので、不要不急の日本人は出来るだけ早く帰国すべきである。仕事で帰れない者は、家族を日本の近くの場所に移すべきである。

日本国の国防も大きく変えないといけない。

藤井厳喜
藤井厳喜氏のプロフィール:東京都出身、1952年生、早稲田大学政治経済学部政治学科卒、ハーバード大学政治学部大学院卒、同大学博士課程(国際関係)修了、1988年に帰国し日本で言論活動を開始、日本の国際問題アナリストおよび評論家として活躍、シンクタンク経営者。株式会社ケンブリッジ・フォーキャスト・グループ・オブ・ジャパン代表取締役。著書は「太平洋戦争の大嘘」他無数。

【DHC】2017/12/20(水) 藤井厳喜・井上和彦・居島一平【虎ノ門ニュース】


外務省:危険情報は出していないが、朝鮮半島情勢に関する情報に注意せよとしている。しかし早く危険情報を出すべきである。

日韓は宣戦布告無き開戦

ブログ「中韓を知りすぎた男」さんの記事「日韓は宣戦布告無き開戦 1月30日(水)」でも韓国の無情さを怒りを持って記事にされています。

新冷戦時代に備えよ

米中の新冷戦が既に始まっていて、20世紀における米ソ冷戦以上の戦いが予想され、経済評論家の渡邉哲也氏によると世界の経済は自由主義陣営と共産主義陣営に分断されるそうである。従って、共産陣営に工場等を保有する企業は早急に引き上げるべきである。

もし引き上げが遅れると工場の召し上は勿論だが、従業員が人質に取られ永遠に帰国出来ない事態が予想される。韓国もそうだが圧倒的に進出企業が多い中国が心配である。

先端技術企業は中韓が狙っており、安全保障上からも技術を取られないように早く撤退すべきである。

新冷戦の組み合わせ(予想)

共産陣営:中国、韓国、北朝鮮、ディープステート(胴元はロスチャイルド)
自由主義陣営:アメリカ、日本、英国、ロシア、インド、ASEAN

自由主義の国の中にも疑問符が付くのがフランス、ドイツ、イスラエル(ロスチャイルドの影響が大)。共産陣営に加わりそうなのがイラン等、もしかするとロシアも疑問、これらは分からないから、今後見極める必要あり。

共産陣営の主力は勿論、中国だがそれ以上に強力なのがディープステート(胴元はロスチャイルド)である。今、トランプが戦っている相手がそのディープステートである。

勝敗は自由主義陣営圧勝の予想だが、何れにしても勝敗の鍵は日本が握っているようだ。それほど日本は力を付けたのである。もし日本が共産側に付けば勝敗不明だろう。

韓国の反日について

反日が国是の韓国だが、何故そうなったのかが判った。これは前稿「韓国人の9割はまともじゃない 4 現代の脱亜論」で馬野周二氏の文明論で述べたが、彼らは現代文明の住人ではなく、古い遅れた既に衰亡してしまったシナ文明(第Ⅱ文明)の未開な存在である所に、日本文明における進んだ科学技術を短期間に導入したため、アレルギー反応である工業化病に羅患し、その一つの反応が反日であり、これを同文明論では第Ⅳ文明化と言う。

これは前稿で述べたが繰り返すと、同文明論では第Ⅳ文明の国としてアメリカとソ連を上げている。即ち、粗放農業地帯であった大平原に西欧の先進工業技術が短期間に入って工業化したため、アレルギーを起こして、彼らは工業化病に羅患し、種々の悪い症状、即ち南北問題(アメリカは南北戦争=南部農業地帯と北部工業地帯の戦い、ソ連のスターリンによる農民2000万人虐殺)、貧富格差の拡大、麻薬と酒が社会を侵す、等が生じるなどの工業化病に罹り文明の寿命を縮める。ソ連は滅亡、アメリカは衰えつつある。

ちなみに日本と西欧は現代文明である第Ⅲ文明の国々である。

韓国に話を戻す。第Ⅳ文明化した韓国の南北問題は何かと考えると、彼らの北とは日本(親日派)、南は李氏朝鮮である。だとしたら、反日は彼らの持って生まれた、変えがたい思想に起因するのである。

我々は韓国の行動がまるで実利に反した自殺行為と映るが、そうではなく、彼らが反日を取らざるを得ないのは所属するシナ文明(現代文明より古い第Ⅱ文明に所属:現代は第Ⅲ文明)が朝鮮人の宿痾だからだ。そして治療法は唯一つ、元の未開へ戻すことであり、彼ら自身がその選択をして日本と対立しているのである。

日本は韓国と異なる西欧と同じ進んだ第Ⅲ文明の国であり、だからこそ日本はその韓国と対決するより他に道は無いのである。

以上です。

(関連記事)
韓国人の9割はまともじゃない 目次
戦後実際に世界を作って来たのは日本だ
日韓外交問題の正体
激動アジア 北朝鮮の脅威 (23) 消滅する韓国


          拡散希望
 このブログは天皇を君主とする日本帝国の再興(政体を天皇制へ戻す)を提案しています。
 現体制の日本に未来がなく、新「日本帝国」で真の民主主義国家として生まれ変わり、ミロク社会を実現させる。
 そして、西洋文明で破壊された地球を救う為に立ち上り、全世界から武器を撲滅して戦争をなくし、万民が平等のミロク地球社会を築く努力をすべきである。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

盆踊り

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

toroco

Author:toroco
愛知県在住、昭和15年生れ、本名:野村宏、愛知工業高校機械科卒、某エネルギー企業入社、万年平社員で定年退職、好きな分野は文明論、世界統治組織に興味を抱き陰謀論にトライ、【制作・研究等での主な参考書籍】馬野周二氏著書、太田龍氏著書、田村珠芳氏著書、ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表(アンドリュー・ヒッチコック著)、ヤコブ・モルガン氏著書、増田悦佐氏著書、竹内文書関係、エイリアンインタビュー(マチルダ・オードネル・マックエルロイによるインタビューと手記)。Twitter「明日に向かって」

月別アーカイブ