韓国人の9割はまともじゃない

世界は日韓の外交衝突を固唾をのんで見ていて韓国の異常な行動に笑いを噛み殺し呆れ顔です。ではこの韓国の異常な正体とは何でしょうか。それは戦後70年間積み重なった不条理の開放です。

戦後アメリカ(トランプ政権を除く)は東アジア統治にあたって、強力であった日本の復活を防ぎ大国化を阻止するため「米中韓」三国による日本包囲網を築いて苛烈な分断統治を行い不条理の限りをつくした。即ち、韓国や中国に反日や反日教育をやらせ、中国の尖閣列島侵略、韓国の竹島占領、韓国の従軍慰安婦と徴用工問題、中国の南京大虐殺問題、等々上げれば切りがないほどで、これでもかと三国は日本を締め上げました。

しかしギュッとこれでもかと締め上げた不条理の環が今弾けようとしている。世界はグルっと1回転し、トランプの中国締め上げにより何れは共産中国消滅に向かう、北朝鮮による韓国吸収即ち韓国の滅亡、世界からの米軍撤退に向かう、等の動きとして現れている。そしてその結果として韓国人の異常な行動があり、これは日本人だけでなく世界が韓国人は可笑しい、狂っていると感じる現象として現れている。

1章 中韓の反日はアメリカの陰謀である

評論家の馬渕睦夫氏の書籍「反日中韓を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった!」(馬渕睦夫著、2014年、ワック、以下同書と言う)を引用しながら、反日韓国の実態を以下に見てゆきます。

(1)韓国の反日はアメリカが作った

この狂った韓国の反日を作った元凶は日本を潰そうとした超大国アメリカであったと同書は下記(抜粋1)のように述べる(見出しは私が振りました)。

(抜粋1)

①民度が高く占領中に「アメリカ化」出来なかった日本

アメリカは対日戦争に勝利して日本を占領しましたが、日本国民の民度が高かったために、占領期間中に十分に「アメリカ化」することができませんでした。東アジアでアメリカ化が進まないのは日本だけです。

②アメリカは日本を抑え込むため韓国を反日基地にした

アメリカは日本を抑え込むために、韓国を反日基地にして韓国に日本を牽制させる構造をつくろうとしました。「ディバイド・アンド・ルール」で日本と韓国を分断し、韓国に反日を言わせ、日本を牽制して東アジアを抑えようという戦略です。そういう意味では、アメリカに利用されているとも知らずに反日を繰り返している韓国には気の毒な面があります。

③アメリカの狡猾な意図を見抜いた韓国人金完燮(キムワンソプ)氏

金完燮
実は韓国人のなかにも、このアメリカの狡猾な意図を見抜いた人がいます。金完燮氏は「親日派のための弁明」(草思社)のなかで、

「アメリカは日本を再興させてはならないという意志を持って、韓国において強力な反日洗脳教育を行うと同時に、産業面においては韓国を、日本を牽制するための基地として育てました」

と述べて、金完燮氏はアメリカの対韓国政策の背景には、有色人種を分割したのちに征服するという「デバイド・アンド・コンカー(divide and conquer)」の戦略があったと喝破しています。(中略)

④日韓関係の不和はアメリカが齎した

このようなに金完燮氏は、今日の日韓関係の不和をもたらしたのはアメリカの意図があると見抜いています。アメリカは日韓が友好関係になると困るので、韓国に反日教育をさせ、日本を牽制しているのです。

⑤従軍慰安婦問題もユダヤ理論だ

なお、ドイツとユダヤ人の関係と日韓関係との比較について一言述べておきます。このアメリカの理論は、ユダヤ民族滅亡を図ったヒトラーのホロコーストと日韓併合を同列に論じるという暴論ですが、韓国人のなかにはいわゆる従軍慰安婦問題もホロコースト並みの人権侵害だという声がきかれるほどです。アメリカ人のなかにもこれに同調する人さえいる現状を考えますと、金完燮氏の慧眼は大いに注目されるべきです。いずれにせよ、日本とドイツがホロコーストへの償いをするのと同じように韓国に償いをすべきである、とアメリカは日本に陰に陽に圧力をかけているのです。

⑥日韓離間はアメリカの利益

このように考えますと、日韓の歴史認識問題については、アメリカは韓国の肩を持つことが日韓離間という自らの利益に適うと考えていると言っても差し支えないように思います。

竹島領有権問題に関しても、アメリカは日韓が永遠に領有をめぐって争いを続けるように仕向けて居ます。(中略)

⑦アメリカは日本に韓国の産業を育てさせた(日本への破壊工作)

アメリカは日本に働きかけて、韓国の産業を育てさせました。その狙いは日本に対抗できる産業を育てることです。そのアメリカの意図を知らずに、日本は真面目に日韓関係を友好的なものにしようと考えて韓国の産業を支援しました。一所懸命に支援した結果、韓国にかなりの部分を盗まれてしまったというわけです。まさにアメリカの思惑どおりの結果です。

⑧日米安保条約は日本の押さえ込み

日米安保条約はアメリカが日本を防衛するためのものだと信じている人もいますが、「瓶のふた」論に代表されるように、アメリカが日本を抑え込むためのものです。同盟国とは言いながら、アメリカの思惑は別のところにあります。

⑨韓国と中国は日本押さえ込みの道具

東アジアは、植民地時代と同じ統治方法の「ディバイド・アンド・コンカー」あるいは「ディバイド・アンド・ルール」と呼ばれる方法で日韓を離反させ、韓国に日本を抑えさせることが基本戦略です。戦後の東アジアレジームというのは、アメリカが韓国と中国を使って日本を抑え込む体制です。


(2)従軍慰安婦もアメリカ製だった

上記(抜粋1⑤)にあるように、従軍慰安婦問題はドイツヒトラーのホロコーストと慰安婦を同列に見るのは、アメリカ製あるいはユダヤ製とも考えられる暴論である。第二次世界大戦では汎ゆる残虐行為が行われ、それに比べ軽微な売春のようなものを何故ことさら取り上げ(さらに捏造までして)人権々々と騒ぐのか、そして悲惨な同大戦中では人権など皆無だったのだ。これはお得意のユダヤ理論、即ち、重大なものは故意に無視し、一部のとるに足らない軽微な悪を取り上げ叩くというユダヤ丸出しの手法である。

それから、従軍慰安婦像を韓国内だけではなくアメリカ、カナダ、オーストラリア、西欧、等にまで建てまくったのは、韓国人だけでは不可能、やはりアメリカがバックにいると云うことである。

(3)アメリカは韓国の産業を日本に育てさせた(日本破壊工作)

上記(抜粋1⑦)で「アメリカは日本に働きかけて、韓国の産業を育てさせました。その狙いは日本に対抗できる産業を育てることです。そのアメリカの意図を知らずに、日本は真面目に日韓関係を友好的なものにしようと考えて韓国の産業を支援しました。一所懸命に支援した結果、韓国にかなりの部分を盗まれてしまったというわけです。まさにアメリカの思惑どおりの結果です。」とありますが、これは韓国発展の華「漢江の奇跡」のことで、韓国が造船世界一を達成した。

そして後半に「技術を韓国にかなりの部分を盗まれてしまった」とありますが、これは最近の韓国の半導体産業の発展のことで、これもアメリカが関わり、謀略により東芝、シャープが潰され、サムスンとLGが繁栄したのであろう。

下記動画(元記事はニューズウィークの記事「日本の半導体はなぜ沈んでしまったのか?」です)を御覧ください、半導体はアメリカに潰されたと言っています。

Episodes 1 日本の半導体はなぜ沈んでしまったのか? 今日のニュース


Episodes 2 日本の半導体はなぜ沈んでしまったのか? 今日のニュース


また、アメリカの日本弱体化工作は中韓を使った反日だけではなく、日本国内でも様々な工作をアメリカは行っています。

(4)横田めぐみさんはアメリカのCIAが拉致

横田めぐみさんをアメリカのCIAが拉致して北朝鮮へ連れていったのが拉致事件の真相で(以前稿「拉致事件を検証する」参照)、これは日朝の分断工作でしょう。またオウム地下鉄サリン事件もアメリカCIAが絡んでいて(以前稿「オウム処刑は証拠隠滅である」参照)、これは日本政府に金融ビッグバンを飲ませるための脅迫でしょう。

その他にアメリカCIAは日本において数々のテロ、政府要人暗殺、等の破壊活動を行って日本政界を乗っ取りコントロールしている。

(5)多数の日本人もアメリカによる洗脳工作に罹っている

それから日本はこれまで、70年の長きに渡って、アメリカによる、マスメディアや教科書などにより、日本を貶める洗脳が行われ、即ち自虐史観ですが、これら教育が国民に与える影響は途轍もなく大きく、今、韓国は反日教育等の愚民化政策の影響で滅亡しようとしていますが、日本においても洗脳工作の被害は甚大で殆どの国民が羅患していると考えられます。

たとえば以外な人たちも自虐史観の病に罹っています。名前は上げませんが、有力革新ブロガー達も多数が同史観に罹っているようです。彼らは左翼系だから当然なのかもしれませんが。

2章 韓国人の9割はまともじゃない

タイトルは下記動画から日韓議員連盟を退会した城之内実議員の言葉「現在の韓国人はまともじゃない、まともなものは1割いるが、9割はまともじゃない」からいただきました。だから殆どの韓国人が反日であり、親日派は非難される少数派だ。韓国人とは日本人からすると驚きで異常な行動をする人たちである。

(1)朝鮮人は一度も自らの手で独立を勝ち取ったことが無い

殆どの韓国人が戦後米国に主導された愚民化教育、即ち、真実とは全く真逆の歴史教育と愛国に洗脳され、愚民化してしまっている。最近彼らが引き起こす反日に起因する従軍慰安婦や徴用工問題等はここに帰結するようです。

戦前の朝鮮は国の体をなしておらず日本の世話になり、戦後はアメリカによって独立させてもらったのであり、自らなんの努力もしていないと下記動画は述べている。

【衝撃 日本】韓国人が語る「我々は一度も自らの手で独立を勝ち取ったことが無い、日本との併合に至った真の理由が…」【海外が感動する日本の力】【日本に生まれて良かった】


上記動画の元記事はブログ「さくらの花びらの”日本人よ、誇りを持とう”」さんの記事「朝鮮の真実!朝鮮人が語る、朝鮮が滅びた理由・・・」でその内から「全斗煥大統領の頃、名越二荒之助氏が韓国を訪問して、ある大学の学長に言われたこと」を抜粋し下記に示す。

私は平素から学生に対して、韓国人としての自覚を促している。日本の韓国併合に抗議する前に、韓国人自身が考えなければならないことがある。

日本の韓国併合に対して米国も英国も誰一人反対しなかったことである。世界は当然のような顔で受け止めていた。それは何故か?

日清戦争の時、清国軍がソウルを占領しても韓国人は戦わなかった。だから日本軍が戦って清国を追い払った。

ロシアが入って来た時も我々は戦わなかった。日本軍が血を流して戦い、朝鮮からロシアを追い出した。

だから日本はこれ以上トラブルは嫌だと、朝鮮併合してしまった。これに対して世界の列強は、日本がそうするのも無理はないとして一言も文句を言わなかった。このことを忘れてはならない。

韓国は自ら併合されて滅んだのだ。

日本の悪口を言い、責任を日本に押し付ける前に、我々韓国人は戦わなかったから滅びたことを知らねばならない。

これに反論できる韓国人はいないだろう。図星だからである。冒頭画像の「朝鮮は日本と戦って建国した歴史があるか?」についてである。

「大韓帝国」は上にあるように日本が戦って建国された。

今の「大韓民国」は日本統治の後、米国に統治された後に米国から独立させてもらった。

つまり韓国には他のアジア諸国のように戦って独立した歴史はない。だから韓国には他のアジア諸国のような「独立記念日」がないのだ。

にもかかわらず「日帝」と戦って独立して、「光復節」と言っている。嘘である。嘘を言わなければ日本に感謝しなければならなくなるから嘘を言う。これでは「民族の誇り」ではなく「民族の埃」である。

(2)努力が皆無で先進国になった韓国

上記動画の言うように、戦前は日本の援助により、まったく未開な朝鮮人に先進教育や医療を与え、鉄道や道路等のインフラを建設し近代化させ、戦後はアメリカに独立させてもらい、そしてアメリカと日本の莫大な資金援助と、日本の技術援助により、漢江の奇跡と言われる経済発展を遂げた。

最近の韓国の半導体立国もアメリカの謀略の結果だ。即ち、アメリカの日本潰しの謀略により東芝、シャープが潰れその結果、サムスン、LGが繁栄した。

しかし、世界の流れが変わって、今までアメリカによって沈黙させられていた日本の政治家達も面と向かって韓国の反日を非難できるようになったのは大きく、それが現在起こっている日韓の外交衝突であり、韓国はこの流れに何れは飲み込まれ消滅するであろう。なぜなら韓国の経済的支配権は日本が握っている。即ち、半導体の生産の核心部材や製造装置、その他殆どの核心技術は日本にあり、日本と衝突すると韓国は消滅する運命にある。

世間では悪銭身につかずとか言うが、韓国がまさにそうで、我儘な悪ガキに成長してしまって現在は独裁中国にすら劣る存在であり、いずれ滅亡は必至なのだ。

(3)未開民族が先進国化した例は世界で韓国と台湾のみ

戦後、未開民族が先進国した例は、世界で韓国と台湾のみの、たった二カ国だけである。これを我々は再認識しなければならない。これは日本独特の占領地統治思想があってのことであり、日本は朝鮮を植民地にしたと彼らは非難するが、違うのである。日本は植民地統治はしていない。帝国大学を朝鮮に作ったり、義務教育を施したりした植民地が、世界にあったらお目にかかりたい。少なくとも欧米の植民地では独立後発展した国は皆無なのである。

(4)朝鮮は植民地ではなく併合だった

大日本帝国は朝鮮を植民地にしたのではなく、本土化したのである。だから上記のように学校を設けインフラを整備したのである。「朝鮮を植民地にした」と我々は間違った認識を持っているが、改めなければならない。「植民地の定義」を同書は下記のように述べている。

(抜粋2)
まず、植民地支配とは何かを知るべきです。植民地支配は、英語では「コロナイゼーション(colonization)」と言います。植民地支配とは、文明の劣ったところに行って収奪・搾取するものです。現地を繁栄させるという考えはそこにはありません。

日本が朝鮮でしたことは「アネクゼーション(annexation)」であり、併合です。本来は合併が望ましい姿だったのでしょうが、当時の国力があまりにも違いすぎたため、併合になったのはやむを得ないことだったと思います。

これは植民地支配とは違い、併合された地域と人々が繁栄するようにして一つの国として運営することです。

ヨーロッパの帝国主義がアジア、アフリカでしたことは、まさしくコロナイゼーションであり、植民地支配でした。植民地の人間を使役して搾取しました。

日本は帝国主義時代にあっても、唯一、帝国主義的な政策をとらなかったことは、現地を栄させようとしたことからも明らかです。日本が韓国を併合した時期に、現地の経済、教育、人口がいかに発展したかは数字でも説明がつきます。日本は持ち出ししてまで資本を投下し、収支は赤字でした。

(抜粋2)の最下段に「日本は帝国主義時代にあっても、唯一、帝国主義的な政策をとらなかった。現地を栄させようとした。朝鮮は併合され発展した。」とあるように、日本は植民地主義ではなかったのだ。だから戦後、台湾や韓国が発展できたのである。この発展は世界では唯一の例なのである。

今後、我々は朝鮮を植民地にしたなどの軽率な発言を慎むべきである。朝鮮を日本は本土化したのであり、植民地ではなかったのである。

続きます。

(記事一覧)
韓国人の9割はまともじゃない 目次
(関連記事)
激動アジア 北朝鮮の脅威 (23) 消滅する韓国


          拡散希望
 このブログは天皇を君主とする日本帝国の再興(政体を天皇制へ戻す)を提案しています。
 現体制の日本に未来がなく、新「日本帝国」で真の民主主義国家として生まれ変わり、ミロク社会を実現させる。
 そして、西洋文明で破壊された地球を救う為に立ち上り、全世界から武器を撲滅して戦争をなくし、万民が平等のミロク地球社会を築く努力をすべきである。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

盆踊り

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

toroco

Author:toroco
愛知県在住、昭和15年生れ、本名:野村宏、愛知工業高校機械科卒、某エネルギー企業入社、万年平社員で定年退職、好きな分野は文明論、世界統治組織に興味を抱き陰謀論にトライ、【制作・研究等での主な参考書籍】馬野周二氏著書、太田龍氏著書、田村珠芳氏著書、ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表(アンドリュー・ヒッチコック著)、ヤコブ・モルガン氏著書、増田悦佐氏著書、竹内文書関係、エイリアンインタビュー(マチルダ・オードネル・マックエルロイによるインタビューと手記)。Twitter「明日に向かって」

月別アーカイブ