自慢話し、消えてゆく評論家やブロガー達

ブロガーや評論家が時代に合わなくなり消えてゆくものも多く、最近でもそれは数知れず栄枯盛衰は世の習い、昨今の情勢はあまりにも激しい。従って、超マイナーなこのブログも同様、ぼーとしていると世界の変化に追いつけず消滅する危機は日常的に存在する。

お陰様で今のところ世界の変化に追いついていて、世間の非難や猛反発を覚悟し自慢話しをすれば、このブログは現代情報の最先端に位置すると自負し、その分野は陰謀論から歴史等の多岐に渡る。即ち、ロスチャイルド帝国説、北朝鮮金正恩の現状把握、宇宙艦隊説、竹内文書による日本と世界の古代史、日本に文字がなかったは嘘、等であるが、これらはこのブログ独特の主張であり、そしてこれらはネット論壇の最先端でもある。これを世の批判を覚悟して以下に思いつくままに述べる。

1.秘密結社イルミナティ

秘密結社のイルミナティという言葉が情報世界で陰謀論としてではなく、世界を支配する闇の存在として、普通に認識されるようになったのは極最近のことで、私が2014年の年末に過去記事「今年はイルミナティが一般化した年であった」をアップしたあたりからで、今では盛んに使用されている。

(1)偽情報が充満するイルミナティ

イルミナティとはロスチャイルド帝国の一部分でありロスチャイルドなくばイルミナティは存在しないのである。これについてはこのブログの連載中記事「ロスチャイルド王朝について」等を参照されたい。

秘密結社イルミナティは真実を覆い隠す撹乱情報で充満しており、陰謀論の権威である太田龍氏は以前稿「ロスチャイルド王朝について」で既に触れたごとくロスチャイルドは偽情報で充満するとして次のように「ロスチャイルドは過去の存在、ロックフェラーが今日の世界の皇帝などと得々と語るペテン師の一味、その追従者は日本に充満している」と述べている。

下図」は偽情報の一例、ピラミッドの頂点にバチカンやイエズス会などではなく、ロスチャイルドが王様であり、バチカンもイエズス会も英国女王さえもロスチャイルドの下僕であり、だからロスチャイルド帝国であり王朝なのである。即ち、この情報では肝心のロスチャイルドが抜けて隠されているので注意が必要である。

偽イルミナティ組織図

ブロガー達の誤り

ロスチャイルドが出てこないイルミナティ論は全て偽情報であると考えてよく、ロスチャイルド帝国の一部分がイルミナティなのである。それからある有力革新ブログのようにロックフェラーを世界王とするのも誤りでロックはロスチャの子分なのである。それからこれも同ブログだがロスチャイルドの説明を二代目ロスチャイルド・ネイサンからするのも誤りで、あくまで初代ロスチャイルドが同帝国を創始したのである。さらにある経済ブログのようにロスチャイルド対ロックフェラーの闘争も誤りでロックにその力はない。

さらに言えば、ロスチャイルドは創業以来の統一組織であり二代目当主が英国ロスチャイルド家のネイサン、三代目以後はフランスロスチャイルド家が当主を務めている。最近のB.フルフォード氏情報でフランスと英国に分裂したとあるが、これはロスチャイルドが衰えて末期症状にある結果で、当初からロスチャイルドは両家に分裂していたというのは偽情報であり注意されたい。

(2)ロスチャイルド王朝の親衛隊イルミナティ

最新連載記事「ロスチャイルド王朝について」において、イルミナティとはロスチャイルド帝国の一部でありその核心部分であるという考え方を提示した。即ち、イルミナティとは同帝国の謀略および暴力装置で同帝国の2つの親衛隊の一つであり、もう一つのマスコミ等洗脳装置との双璧をなすと主張している。

この考えはネット言論界では私が始めてである。他はイルミナティが単独で世界を動かしているとしているが、これは大いなる誤りであり、真実の悪を隠蔽する恐るべき誤りであり、即刻訂正すべである。

今のネット言論は誤りだが、私の主張は何も始めてではなく、陰謀論の第一人者の太田龍氏が既に十数年前から書籍等で主張されていたもので、決定的であったのは同氏著「ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表」(アンドリュー・ヒッチコック著、太田龍監訳、2008年、成甲書房)の出版であった。

にも関わらず、上記のような偽情報のオンパレードであるのは、影から偽情報を煽る存在が居るためである。もう一つは甘い興味本位のブロガー達で悪意がないが浅く未熟な分析による困った存在である。

今日は一旦ここまでです。

(関連記事)
ロスチャイルド王朝について 目次


          拡散希望
 このブログは天皇を君主とする日本帝国の再興(政体を天皇制へ戻す)を提案しています。
 現体制の日本に未来がなく、新「日本帝国」で真の民主主義国家として生まれ変わり、ミロク社会を実現させる。
 そして、西洋文明で破壊された地球を救う為に立ち上り、全世界から武器を撲滅して戦争をなくし、万民が平等のミロク地球社会を築く努力をすべきである。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

盆踊り

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

toroco

Author:toroco
愛知県在住、昭和15年生れ、本名:野村宏、愛知工業高校機械科卒、某エネルギー企業入社、万年平社員で定年退職、好きな分野は文明論、世界統治組織に興味を抱き陰謀論にトライ、【制作・研究等での主な参考書籍】馬野周二氏著書、太田龍氏著書、田村珠芳氏著書、ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表(アンドリュー・ヒッチコック著)、ヤコブ・モルガン氏著書、増田悦佐氏著書、竹内文書関係、エイリアンインタビュー(マチルダ・オードネル・マックエルロイによるインタビューと手記)。Twitter「明日に向かって」

月別アーカイブ