郡上八幡 さわぎの踊り方

ブログも夏休み、郡上踊りの話題です。昨年は古調かわさき、やっちく、の踊り方を紹介したので今日は「さわぎ」です。唄は哀調をおびシンプルで誰でも容易に参加、踊り手になり盆踊り気分を満喫できます。
郡上八幡 吉田川

元禄時代に遊里などで流行した騒歌が盆踊りに取り入れたと、その由来をホームページ「郡上おどり」には次のようにあります。

元禄時代に流行した騒歌は、遊里で三味線や太鼓を用いて賑やかに唄ったものであり、また地方での騒ぎは、酒宴などで賑わしく唄い踊ったことをいったものである。江戸中期以降には、郡上の領主も城下町の商工業を盛んにするために各地から商人や職人を招いて店や仕事場を開かせ、これらには特別に運上を免じて保護したので益々繁栄をつづけた。

さわぎの歌も、他所からの出入りを許された旅芸人などによって伝えられたものであろう郡上ではこの踊りに三味も太鼓も入れないが派手な手拍子と、ことさら踏み鳴らす履物の音が勢いよく響いて、見物衆を興奮させる。歌詞には男女間の情緒を唄ったものが多いようである。

さわぎの踊り方

難しいと感ずる踊りであっても仕組みが判れば簡単になる。以下は「郡上踊り保存会DVD:郡上踊り」から読み取った踊りの仕組みであるが、読んだ私が音楽や踊りの素養は皆無であり、間違いも多々あると思うが、踊りを学習しようとする方は自身で確かめてみて修正して頂きたい。

(下の動画は「さわぎ」の盆踊り風景です)


歌詞

○ハァー呑めよ騒げよ一寸先ゃ闇よ(コラサ) 今朝も裸の下戸が来た(※以下、唄ばやし、省略)
○ハァー花が蝶々か蝶々が花か 来てはちらちら迷わせる
○ハァー水させ水させ薄くはならぬ 煎じつめたる仲じゃもの
○ハァーさいた盃中見てあがれ 中にゃ鶴亀五葉の松
○ハァー私ゃ唄好き 念仏嫌い 死出の山路は唄で越す
○ハァー若い娘と新木(あらき)の船は 人が見たがる乗るたがる
(以下省略)

踊り方

準備
正面(踊りサークルの中心)に面し足を軽く開いて立つ。
(踊りは時計回りに進行する)

①1つの
右足を正面に前進、左足を右足の横に引き寄せ揃え、左足には体重を掛けない。両手を顔の高さで手拍子。

②2つの
左足後退、右足を左足の横に引き寄せ揃え、右足には体重を掛けない。両手を顔の高さで手拍子。

③3つの
右足先進、左足を右足の横に引き寄せ揃え、左足には体重を掛けない。両手を顔の高さで2手拍子。

④4つの
体を左に90°回転、LOD(踊り進行方向)に向き、左足LODに前進(つま先LODに向く)、右足を左足の横に引き寄せ揃え、右足には体重を掛けないで、つま先を床に。両手を顔の高さで手拍子。

⑤5つの
右足先進、左手を肩の高さに上げながら、左足を左手でを引き上げるようにして右足の横に引き寄せ揃え、左足つま先を床に。

⑥6つの
同様に⑤と左右逆の動作、左足先進、右足つま先を床に。

⑦7つの
同様に⑤の動作、右足先進、左足つま先を床に。

⑧8つの
その場で体をを右に90°回転し、正面に向き、左足(つま先は正面を向き)は右足に揃え体重を掛け、右足は横に少し開きつま先は正面を向け体重は掛けない。

以上の繰り返し。

以上です。

(過去記事)
郡上八幡 盆踊り


          拡散希望
 このブログは天皇を君主とする日本帝国の再興(政体を天皇制へ戻す)を提案しています。
 現体制の日本に未来がなく、新「日本帝国」で真の民主主義国家として生まれ変わり、ミロク社会を実現させる。
 そして、西洋文明で破壊された地球を救う為に立ち上り、全世界から武器を撲滅して戦争をなくし、万民が平等のミロク地球社会を築く努力をすべきである。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

盆踊り

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

toroco

Author:toroco
愛知県在住、昭和15年生れ、本名:野村宏、愛知工業高校機械科卒、某エネルギー企業入社、万年平社員で定年退職、好きな分野は文明論、世界統治組織に興味を抱き陰謀論にトライ、【制作・研究等での主な参考書籍】馬野周二氏著書、太田龍氏著書、田村珠芳氏著書、ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表(アンドリュー・ヒッチコック著)、ヤコブ・モルガン氏著書、増田悦佐氏著書、竹内文書関係、エイリアンインタビュー(マチルダ・オードネル・マックエルロイによるインタビューと手記)。Twitter「明日に向かって」

月別アーカイブ