日本精神が世界を飲み込む(精日)2

前稿の続きです。

精日の青年について纏めた現代ビジネスの記事「精日(精神的日本人)が急増中…中国若者の日本愛はここまで深い(古畑 康雄)」からの抜粋を下記に示す。

精日男性飛鳥さん(ニックネーム)は「精日」を自認する中国人だ。中国南部広東省生まれの「80後」(80年代生まれ)で、数年前に来日、日本人女性と結婚している。彼が日本好きになったきっかけについて、質問してみた。

――なぜ日本が好きになったのか?

「もともとは旧日本海軍のオタクで、日本海軍の歴史や人物、戦艦などにえも言われぬ好感を持っていた。日本海軍はあの時代アジアで一番レベルの高い技術部隊で、アジア人の栄光だと思う」

「日本海軍から日本を愛するようになったのは、ただの『屋烏の愛』ではない。高校時代、たくさんの日本ドラマを見て、日本の皆さんのように礼儀正しく、人を敬う気持ちを忘れないようにしたいと思っていた。さらに明治時代のヨーロッパ人日本研究家、小泉八雲を知った。彼は日本に対し深い愛情を持っていたので、日本国籍を取得し、東西文化を比較しながら日本人を理解し、西洋に向けて紹介したことに私は強く感銘を受け、自分もそのような人になりたいと思った」

「日本人女性と結婚し、来日後、この素晴らしい国への愛情も日増しに高まっている。日本の皆さんにお世話になり、日本人と変わらない福祉制度を受け、さらには自国にはない言論の自由も与えられている。日本は経済と科学だけでなく、社会全体が発展し、本物の『調和社会』といっても過言ではない」
(中略)
「だが面白いのはあるメディアが書いた『精日分子の特徴』というリストの中に、『横断歩道を渡る時、車が走っていなくても赤信号を渡らない』と書いてあったことだ」

【下は、最近中国ネットでよく見かける「愛国的中国人」(左)と「精日」(右)の生態比較写真】

精日と反日1

精日と反日2


精日は何故、大日本帝国なのか

では何故、中国の精日は大日本帝国軍人のコスプレをして現れ精神的拠り所を大日本帝国に置いて活動するのか不思議である。普通に日本精神に憧れれるのであれば世界一般のように、たとえばヨーロッパで日本祭が盛り上がるとか、サムライのコスプレをするとかでも良さそうだが。

女性精日精日の目的が第二の洋務運動で反政府の改革運動であることは前稿で触れたが、ことさら目立つ帝国軍人になる必要があったのか、これは日本を含めた世界とは異なる異色の運動なので、中国特有の事情が影響し、このような独裁中国からすると過激な反政府運動とも言えるものになったのであろう。

しかし中国における精日の大日本帝国に着目した運動は、大きな歴史の流れの核心をついているのである。次項でのべるが同帝国が世界へ及ぼした影響はとてつもなく大きく、15世紀からの大航海時代、18世紀の産業革命、等に匹敵あるいはそれ以上の規模で歴史を覆したのである。世界の日本化で遅れていた中国が核心をついたとも言えるのである。

中国と比較すると、世界はある意味で核心に至っていない。これは大日本帝国が歴史を覆したなどは欧米が絶対に認めたくないものであり、日本国内ですらアメリカの洗脳により同帝国史観などは言えなかったのである。同史観に一番早く同調できたのはアジア諸国、そして次が影で隠れて中国・韓国等(台湾・韓国にも精日がいるらしい)なのであろう。たとえば、先の冬季オリンピックの安倍首相訪韓で見せた韓国人の反応(以前稿「首相!平和繁栄する大東亜共栄圏を作ってください大日本万歳!」)などだ。

そしてこれは万国共通であるが、日本の持つソフトパワー、即ち、アニメ、漫画、等の文化力は、冒頭の中国青年の例でも分かるように、想像以上に強力である。1970年代頃から始まった日本アニメだが、世界の子供達は日本アニメを見て育ったと言われるくらいで、日本の歴史なども彼らは良く知っていて、個別には日本人以上の事もあるのだ。

大日本帝国は世界で何をしたか

彼らは単独で過去500年続いた欧米列強の時代を葬り去ったのである。もし大東亜戦争を大日本帝国が戦わなかったとしたら未だに世界は欧米の植民地であり、このまま後何百年も変わらず、有色人種は白人に家畜のような扱いを受けていたであろう。日下公人氏書籍を引用した「阿修羅の記事」には次のようにある「二十世紀で一番大きな事件は、有色人種である日本が百年かかって、人種平等を実現し、そして自分もナンバー2にまで上がったこと」。

世界の日本化

世界政治を未だにアメリカ、最近では加えてロシアと中国、等が牛耳っているので、何で世界が日本化などお笑い草であると多くの方が思われている。しかし、日本は核を保有していないので軍事力は劣るが、技術、経済、社会とインフラ、文化、等を総合すると欧米は遥かに遅れた存在である。上で取り上げた日下公人氏はもう20年も前から「世界は日本化する」と主張されていたが、最近の同氏著書では「ついに日本繁栄の時代がやってきた」(2017、ワック)に変化している。

かなり以前のブログ記事「世界の日本化」の抜粋を下記に示す。20世紀の日・米・欧・第3世界について比較してあるので参照されたい。

戦後(1945年)から現在までで世界化した物について身の回りを見渡すと日本とアメリカが発祥のものが殆どである。西欧のものはごく少数であり、第3世界のものは殆ど見られない。ということは世界は戦後、日米で経済覇権を争ってきたと見ることができる。これは馬野周二氏の主張と合致している。

日本:ロボット、電子機器、新幹線、ハイブリッド車、柔道、剣道、囲碁、カラオケ、アニメ、Jポップス、初音ミク、ウォシュレット、インスタントラーメン、味噌・醤油、日本食、等、他に無数にある。

アメリカ:航空・宇宙、アメリカ映画と音楽、コンピューター、コカコーラ、ファーストフーズ、インターネット、グーグル、YouTube、Amazon。

そして巷の言説のごとくアメリカ帝国が没落することになれば残るのは日本しかありえない。さらに昨年、311が起きた。これは、日本における戦後から続いたアメリカ化の流れが逆転し、日本本来の精神、文化が復活することを暗示する。そして世界は益々日本化に向かうのではないか。

そして何故日本が世界一かを以前稿「日本時代だ自信を持て(4)東京」のHollyNihon氏による「日本は世界唯一の超先進国」を下記に再掲したので参照されたい。

日本は世界唯一の超先進国

HollyNihon

以下の統計をみれば日本が世界唯一の超先進国であることが明白。

対外純資産世界ランキングにおいて、日本は25年連続世界一、1983年まで世界一であったアメリカは現在25年連続世界最下位。日本の上位10%の年収と下位10%の年収の比率は4.5で、貧富格差は世界最小。おまけにフランスの経済学者ピケティによれば、日本は世界で唯一貧富の格差が縮小している国。

日本の高卒率は98%で世界一でアメリカは75%。日本の国公立大学6年間卒業率は98.6%で世界一でアメリカは58%。日本の2016年の大卒就職率は97.3%で世界一でアメリカは21%。

日本の技術革新指数は1274.533で、2位スイス505.839に2.52倍の差をつけ圧倒的世界一。日本の技術貿易収支比率は4.6で2位ノルウェーの2.08に2.21倍の圧倒的な差をつけ圧倒的世界一。日本の特許保有数は世界一。日本は世界全体の国際標準化特許数の53.1%を所有するので、日本以外の全ての国の技術力を合わせても日本一国に及ばない。

OECDが主要24カ国の16歳から65歳までの労働者の学力検査において、読解力、計算力、IT技術駆使力の3部門全部で日本が世界一。

考察

今、世界の大国は歴史の転換点にあり、国家消滅あるいは崩壊の危機を孕んだ危うい状態にある。即ち、アメリカ、中国、ロシア、等だ。そして上で述べたように世界で日本のみが一人勝ちとも言える状態であるので、世界での日本人気は上昇を続けているが、ここに新たに中国において、欧米没落の引き金を引いた大日本帝国を愛し祖国を否定する精日が登場した意義は途轍もなく大きい。

この精日登場は2つに多大の影響を与える。1つ目は中国崩壊の引き金を引く恐れがある。即ち前稿で触れた第二の洋務運動が成功し共産中国の崩壊である。2つ目は欧米列強がひた隠しにしていた真の歴史が顕になる。即ち真の歴史とは欧米史観ではなく大日本帝国史観なのであり、欧米退場の切っ掛けになる恐れがあるのだ。

だから精日の動向は、今後、注意深く見守らなければならない。


          拡散希望
 このブログは天皇を君主とする日本帝国の再興(政体を天皇制へ戻す)を提案しています。
 現体制の日本に未来がなく、新「日本帝国」で真の民主主義国家として生まれ変わり、ミロク社会を実現させる。
 そして、西洋文明で破壊された地球を救う為に立ち上り、全世界から武器を撲滅して戦争をなくし、万民が平等のミロク地球社会を築く努力をすべきである。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

盆踊り

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

toroco

Author:toroco
愛知県在住、昭和15年生れ、本名:野村宏、愛知工業高校機械科卒、某エネルギー企業入社、万年平社員で定年退職、好きな分野は文明論、世界統治組織に興味を抱き陰謀論にトライ、【制作・研究等での主な参考書籍】馬野周二氏著書、太田龍氏著書、田村珠芳氏著書、ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表(アンドリュー・ヒッチコック著)、ヤコブ・モルガン氏著書、増田悦佐氏著書、竹内文書関係、エイリアンインタビュー(マチルダ・オードネル・マックエルロイによるインタビューと手記)。Twitter「明日に向かって」

月別アーカイブ