宇宙艦隊(10)レプティリアンは存在しない?

レプティリアンといえばその地球支配説を唱えたデービット・アイク氏の著書やアンドロメダ宇宙船にアブダクションされたアレックス・コリア氏の講演で著名ですが、はたしてこの巷間語られる、レプティリアン、ドラコニアン、グレイ、等の宇宙人達は本当に存在するのかについて、今日は考えます。

何故かというとこの連載を初めてから「エイリアンインタビュー」(以下、同書と言う)を読んでレプティリアン等の存在に疑問を感じたからで、同書から考察すればこれらは存在しないと言えるからである。

肉体を持った存在は人間を含め、宇宙の厳しい環境には耐えられない。地球に飛来している宇宙人達は実体を持たない存在、即ちIS-BEであり、彼らの宇宙船の中には酸素もなく、生物が生息する環境ではない。そして「ロズウェル事件」の宇宙人「エアル」達は、物質世界で活動するために人形の中に入っていると、同書は次のように述べている。

(第六章 私の教育が始まる、p72第三段)
宇宙船は、役者がマスクや衣装を着るのと同じように「ドールボディ(人形体)」を使うIS-BEたちによって操作されています。それは、それを通じて物質の世界で行動するために使われる機械的な道具のようなものです。彼女や士官の地位にいる他のIS-BEたちと彼らの上官たちは、宇宙で職務についている時はこれらの「ドールボディ」の中に居住しています。彼らは職務についていないときは、体から「去り」、体を使わずに行動し、考え、コミュニケーションを取り、移動し、存在します。

さらに次のようにある。

(第七章 古代史のレッスン、p78第四段)
エアルのようなIS-BEと地球で肉体の中に住んでいるほとんどのIS-BEとの違いは、エアルは自分の「人形」に意図的に入ったり、出たりすることができることです。彼女は物質を自分で選んだ深さで透視することができます。エアルとドメインの他の士官たちは、テレパシーを通してコミニュケーションを取ることができます。IS-BEは物質的な宇宙の存在ではないため、時空の中である位置を占有していません。IS-BEは言葉通り「非物質」です。彼らは膨大な距離の空間を一瞬にして渡ることができます。

つまり宇宙人とは実体がない非物質であり、物質世界にいる時だけ精巧な人形の中に入って活動する存在なのだ。例えばレプティリアンとはその人形に入った宇宙人即ちIS-BEなのではないだろうか。そして彼らは汎ゆる物に入ることができ、あらゆる物に憑依出来る。こう考えると宇宙人の疑問は一気に解決する。

実際に、知的存在が人間以外に入り込む例として、海好きのシリウス人がクジラやイルカへの転生が知られている。また、古来、神の依代として金などがあり、これは神=宇宙人と考えると納得がゆく。昔から彼らは地上に降下するとき人形等に入って活動していたのである。

ドラコニアン また、コーリー・グッド氏が会った巨大なドラコニアン、アレックス・コリアー氏が宇宙船に連れ込まれ親しくなったアンドロメダ人、等は皆、精巧に作られた人形に入った知的存在、即ちIS-BEであったのだ。

それではレプティリアン、ドラコニアン等は全く空想の存在かというと、そうでもなく、彼らは出身惑星でレプティリアン、ドラコニアン等の肉体を持って生息、進化し、それぞれに似せた精巧な人形を作って宇宙へ進出してきているのであろう。

考察

今日の意外で衝撃的な結論「レプティリアン等は存在しない。宇宙人の正体は人形に入ったIS-BEであった」を導いてくれた同書の強大な威力に驚いている。

それから、「宇宙船に乗りたい」と言っていたスピリチュアル系ブロガーや「肉体をもって5次元へ行く」と言っていたプロの同ブロガー達が、この話を知ったら如何に思うだろうか。なかなか興味深い。

それから私ごとで恐縮だが、もう二度と肉体なんかに入るのは御免被りたい。肉体があるために自由はないし、排泄、病気、金欠、等の苦しみも多い。最近、地球が牢獄惑星でなくなったらしいが、私と同じように感ずる存在も多いだろうから、多分、これから世界の人口は確実に減少に向かうであろう。

続きます。

(記事一覧)
宇宙艦隊 目次
(関連記事一蘭)
宇宙人探訪 1
イルミナティは誰が滅ぼしたのか
いよいよ始まる宇宙文明改革
イルミナティ滅亡とコブラ疑惑

          拡散希望
 このブログは天皇を君主とする日本帝国の再興(政体を天皇制へ戻す)を提案しています。
 現体制の日本に未来がなく、新「日本帝国」で真の民主主義国家として生まれ変わり、ミロク社会を実現させる。
 そして、西洋文明で破壊された地球を救う為に立ち上り、全世界から武器を撲滅して戦争をなくし、万民が平等のミロク地球社会を築く努力をすべきである。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

盆踊り

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
愛知県在住、昭和15年生れ、本名:野村宏、愛知工業高校機械科卒、某エネルギー企業入社、万年平社員で定年退職、好きな分野は文明論、世界統治組織に興味を抱き陰謀論にトライ、【制作・研究等での主な参考書籍】馬野周二氏著書、太田龍氏著書、田村珠芳氏著書、ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表(アンドリュー・ヒッチコック著)、増田悦佐氏著書、竹内文書関係、エイリアンインタビュー(マチルダ・オードネル・マックエルロイによるインタビューと手記)。Twitter「明日に向かって」

月別アーカイブ