宇宙艦隊(ハーモニーズ)

葉巻型宇宙船 今、地球で何か驚愕の事態が進行中です。だから緊急で記事をアップしています(右図は葉巻型宇宙船)。

この情報はこのブログ「注目ブログ等」に挙させて頂いている「ハーモニーズ」さんの下の記事です。

アルゼンチンからNZの南へかけての見事な超次元リング

超次元リングが出現いま現在もGoogle Earth上には、超次元リングが出現しています。実に見事なリングですね。それぞれの輪っかには、前掲のようなハーモニー宇宙艦隊がびっしりと滞空しており、壮観そのものです。

こうなると、いくらアメリカや中国が国防費を増大させて陸海空軍を強化しようが、全く無意味であることがわかります。すでに武装自体が無価値だからです。

軍需産業も無価値、原発も核兵器も無価値、自民党政権みたいに嘘で塗り固められた政治も無価値。その先にあるのは、人類を束縛するあらゆる軛(くびき)からの解放。これから前代未聞の巨大革命が起きる予感がします。

ということで、早速「Google Earth Pro」をインストールして、見てビックリ、下の写真をご覧ください。南極大陸一面に何か箱型の物がびっしりですね(本日の12時頃)。
南極宇宙艦隊1
これを拡大すると。
南極宇宙艦隊2
更に拡大。
南極宇宙艦隊3
もっと拡大。 南極宇宙艦隊4
拡大。
南極宇宙艦隊5
もう限界。
南極宇宙艦隊6
これは何でしょう。というより葉巻型宇宙船の大艦隊、以外思いつきませんね。暫く宇宙人に関心が薄れた間にとんでもない事になっていました。もしかして、もうこれは既知なのでしょうか。私は完全に世の中に追い越されているのでありました(笑い)。

確か、1~2年以上前から南極に宇宙人基地があるという話は聞いていた。しかしこれ程凄いとは。やはり、話は聞くだけでは身につかず、という見本であり、深く反省しております。

以前に、現実世界は仮想で、空想の作品であるアニメ、例えば「宇宙戦艦ヤマト」や「とある科学の超電磁砲」などの方が、より現実に近いのではと度々思ったことがあり、それが今では現実になって、大宇宙艦隊が現れたとは驚きです。

恐らく皆さんはもう分っておられるでしょうが、この宇宙艦隊はトランプ側、反イルミナティの宇宙勢力だと思います。南北朝鮮統一の流も背景にはこの宇宙大艦隊が控えていると私は見ていて、以前にノーベル賞の金大中がやった偽りではなく、今回は確実に北朝鮮主導で南北統一されるでしょう。そしていよいよ、ハーモニーズさんの言われるように、この地球で3000年以上続いている戦争文明が終焉し、平和な時代が訪れるのでしょうか。これも宇宙人から齎される平和ではありますが。

今後、宇宙艦隊についてもう少し触れて行こうと考えます。

以上です。

(記事一覧)
宇宙艦隊 目次
(関連記事一蘭)
宇宙人探訪 1
イルミナティは誰が滅ぼしたのか
いよいよ始まる宇宙文明改革
イルミナティ滅亡とコブラ疑惑

          拡散希望
 このブログは天皇を君主とする日本帝国の再興(政体を天皇制へ戻す)を提案しています。
 現体制の日本に未来がなく、新「日本帝国」で真の民主主義国家として生まれ変わり、ミロク社会を実現させる。
 そして、西洋文明で破壊された地球を救う為に立ち上り、全世界から武器を撲滅して戦争をなくし、万民が平等のミロク地球社会を築く努力をすべきである。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

盆踊り

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

toroco

Author:toroco
愛知県在住、昭和15年生れ、本名:野村宏、愛知工業高校機械科卒、某エネルギー企業入社、万年平社員で定年退職、好きな分野は文明論、世界統治組織に興味を抱き陰謀論にトライ、【制作・研究等での主な参考書籍】馬野周二氏著書、太田龍氏著書、田村珠芳氏著書、ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表(アンドリュー・ヒッチコック著)、ヤコブ・モルガン氏著書、増田悦佐氏著書、竹内文書関係、エイリアンインタビュー(マチルダ・オードネル・マックエルロイによるインタビューと手記)。Twitter「明日に向かって」

月別アーカイブ