激動アジア 北朝鮮の脅威(21)地球浄化

今日は「北朝鮮の脅威」はお休みで休閑話題です。世界のトップニュースに登場する北朝鮮を大局的に捉えてみます。まず、田村珠芳著「ついに国家が消滅し、人工知能が世界政府を作ります」(2016 徳間書店)からの抜粋である下記ボックスをご覧ください。

 日本が加わり「極東地下同盟」を結成している

 北朝鮮の技術力や設備では、核開発やミサイル製造は不可能です。
 国内では手に入りにくい材料の調達をどうしているのかという点だけを見ても、支援者の存在抜きには考えられません。
 民族親和性の高い瀋陽軍が何らかの形で関わっているのは間違いないでしょう。
 さらに、この「極東地下同盟」に加わる国が、もう一つあります。
 日本です。
 瀋陽軍、つまり満州人は日本にとっても、かって「五族協和」を旗印に協力して満州国を設立した同志です。満州人にとっても、宿敵である漢族を相手に戦い、満州人の土地を取り戻してくれた日本に感謝こそあれ、遺恨はありません。
 これは北朝鮮にとっても同じです。
 これまでの私の著書を読んでいただいている読者の皆さんにとっては、改めて言うまでもありませんが、北朝鮮と日本は「兄弟国」という関係にあります。
 太平洋戦争で敗戦国となった日本が、ふたたび五族協和の理想国家を打ち立てるために大陸に残した橋頭堡、それが北朝鮮です(詳細は過去の拙著をお読みください)。
 瀋陽軍にとっても、北朝鮮にとっても、日本が同盟に加わってくれれば、これほど心強いことはないでしょう。
 日本にとってもこの極東同盟は、アメリカの呪縛から逃れるチャンスです。
 在日米軍という獅子身中の虫を飲まされた状態の日本がアメリカに抵抗する素振りでも見せたれば、たちまち米軍が火を噴き、日本に壊滅的な打撃を与えようとするでしょう。
 第一章でお話しした通り、自衛隊が隠し持っていた核を米軍は発見し、有無を言わさず爆破するという容赦ない仕打ちに出ました。
 日本がアメリカの支配から逃れるためには、やはり核が必要です。
 でも、国内では米軍による監視が厳しい。そこで北朝鮮にそれを託したのです。
 これも広い意味での反イルミナティ同盟の一つです。
 これまでお話ししたように、世界支配を確立するためイルミナティは、日本の持つ資金・力・権威を必要としています。
 そのためには日本を破壊させてでも、強引にこれらを奪い取りに来るはずです。
 このため、今後の日本はあらゆる天変地異や武力攻撃にさらされ、焦土と化す可能性があるのです。多少は住める土地も残るでしょうが、多くは移住しなければならなくなるでしょう。
 その移住先となるのが、瀋陽軍と北朝鮮が中国から独立して打ち立てる「ネオ満州国」になるだろうと考えられるのです。
 大陸に逃れた日本人は、満州族、朝鮮族と一致協力し、イルミナティを倒す体制を整え、反撃の機会を探ることになると予想されます。 

いかがでしょうか。これがアメリカが北朝鮮を容易に潰せない理由です。これは文明論的にも奥が深く、大東亜戦争、明治維新、更に前のフランシスコ・ザビエル来日、もっと前の白村江の戦い、ずーと前の神武天皇、更にその前の世界帝国鵜草葺不合朝、等にたどり着きます。これを一言で云うと日米の戦い、更に突き詰めると日本民族と白人(アーリア人)の戦い(中国は白人の手先)、即ちこれ等は皆、日本文明(日本人)と西洋文明(アーリア人)の戦いでもあります。

いずれ将来、北朝鮮がこの腐った地球を浄化するキーマンとして活躍する時代が到来するかも知れない。これは以前稿でも少し触れた。そしてこれ等が輝く日本中心時代へと繋がって行く。

極悪北朝鮮がヒローとは可笑しいと多くの人たちから反発が来そうだが、これはアメリカ即ち白人である裏の世界政府がアジアの分断統治を狙った洗脳工作であり、そう思わされているだけだ。これは日本包囲網でもあるが、彼らは裏で高笑いしているだろう。 北朝鮮の日本人拉致だってアメリカが主犯(共犯は日本政府と北朝鮮)だし、韓国の反日も彼らの意図で朝鮮人は使われているだけだ(無意識に)。

地球浄化は日本人の崇高なお役目
それにしても、同氏の予想する日本人の未来はなんと悲惨なことでしょう。もう既に東日本大震災・熊本地震と米軍(イルミナティ)の攻撃を喰らい、もう十分ですと言いた。
(ただし、同氏のこの種の予想は今まで殆んど当たっていないので私的には安心している(笑い)。しかし、過去の大事件における同氏の論評は的確で信頼を置いている。例えば、日航123便撃墜、オウム事件、東北大震災、熊本地震、北朝鮮問題、等々である)

しかし、地球浄化は日本人の崇高なお役目であり、これは日本人にしか出来ないとなれば、覚悟を決めるよりしかたありませんね。

続きます。

口絵

(過去記事)
激動アジア 北朝鮮の脅威 目次

          拡散希望
 このブログは天皇を君主とする日本帝国の再興(政体を天皇制へ戻す)を提案しています。
 現体制の日本に未来がなく、新「日本帝国」で真の民主主義国家として生まれ変わり、ミロク社会を実現させる。
 そして、西洋文明で破壊された地球を救う為に立ち上り、全世界から武器を撲滅して戦争をなくし、万民が平等のミロク地球社会を築く努力をすべきである。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

グリッド出現情報

出現していません。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書、愛知県在住、男性、Twitter(大日本帝国の再興)運営開始。