日米戦争(1)

 世界一位と二位が衝突しないと考える方が可笑しい。実力行使か、冷戦か、経済戦かの何らかの軋轢はあると考えるのが普通だ。同盟国とか日米同盟なんて言うのは欺瞞なのだ。

 戦後、日本はアメリカに追いつけ追い越せでやてきた。一方、アメリカは横綱相撲で日本は十両以下だった。それが1970年代で追いつき1980年代で逆転した。アメリカはこれではダメだと戦略を練り直した。そして日米戦争が開始される。

 時あたかも冷戦は終焉を迎えつつありアメリカはソ連に勝利しつつあった。同盟国に甘い顔をする必要がなくなったアメリカは日本へ厳しい対応を始める。日米戦の開始は1985年の日航機123便墜落事故であると筆者は考えている(日航機は米軍の核ミサイルによって撃墜)。

 そして1989年のベルリンの崩壊、日本バブルの崩壊、1991年ソ連崩壊と続いて行く。そして1993年クリントン大統領誕生で日本への経済戦争を始め快進撃を続ける。

 ますます攻勢を続けるアメリカ帝国は1995年に地下鉄サリン事件を仕掛ける。これは帝国の軍事戦略と日本政府への脅迫だろう。主犯はCIAであり実行部隊は北朝鮮、朝鮮人、統一創価だ。共犯は自衛隊、警察、検察、マスゴミ、政治家だ。

 1996年橋本内閣の誕生で金融改革を始める。たぶんアメリカ帝国に騙されたか押しつけられた政策だ。グローバル化、金融自由化政策とは欺瞞であり、これで日本の成長エンジンは完全に破壊されたのだ。

 1998年小渕内閣が誕生し大規模な財政出動による景気浮揚策を始めるがCIAに暗殺されてしまう。もし暗殺されないで政策が続いていたら日本はデフレから脱却していただろう。

 そして2000年に森内閣、2001年小泉内閣ので誕生で日本および日本社会は徹底的に破壊されることになる。


続きます。

本日のボーカロイド

男性ボーカロイドKAITOのカバー曲で「いつかのメリークリスマス」です。原曲はB'Zで1992年発売ですね。KAITOは殆どアカペラ状態でこれだけ聞かせてくれます。ボーカロイドの能力の高さ伺えますね。

http://www.youtube.com/watch?v=UTSGLWsJO7Y&feature=related

以上です。                              

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。