また衆議院ナンチャッテ選挙が始まった2

今回は従来と異なる斬新な選挙になるかも知れない。即ち、米国で起きているトランプ大頭領誕生の流れが我が国にも到来し、最悪だった安倍政権が失脚、替わって小沢首相の誕生だと云う。となれば、危機にあった我が国は一応救われるのだが。

小沢一郎と小池百合子 このブログで信頼している、シャンティ・フーラ の竹下雅敏氏や板垣英憲氏によると、我が国の政治を牛耳ってきたジャパン・ハンドラーズ(以後JHと云う)が軍産からキッシンジャー側に寝返ったようだ。ネット革新グループから蛇蝎のごとく嫌われていた、JHのマイケル・グリーンやリチャード・アーミテージ、その下僕の竹中平蔵、前原誠司、小池百合子、等が、光のグループであるプーチン、キッシンジャー、トランプの側に付いたのだ。と言うことは軍産の安倍晋三は終りなのだ。

光の側に転向したイルミナティ達

そして「竹下雅敏氏」は次のように述べる「今回の選挙は、キッシンジャー博士の命令によるものなので、統一教会、創価学会、日本会議は大方の予想を裏切って「希望の党」を支援することになり、余程のハプニングがない限り、「希望の党」が勝利することになるはずです」。

さらに驚くべきは「板垣英憲氏」が次のように述べる「天皇陛下を戴く世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」は、小沢一郎政権誕生を前提に、11月4日~6日来日するトランプ大統領が天皇陛下に謁見した後、小沢一郎新首相・前原誠司外相が、天皇陛下の親書を携えてトランプ大統領とともに訪朝する」。

この「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」とはイルミナティの300人委員会(イルミナティの国会に相当する)のことで、そのトップに天皇陛下、首脳がキッシンジャーや小沢一郎であるらしい。だから300人委員会までもが光の側に転向していたのである。

希望の党

今回第一党と予想される「希望の党」の綱領を下記に示す。これには①寛容な改革保守政党を目指す、②「情報公開を徹底」と「しがらみ政治」からの脱却、③国民の生活基盤を築く、④現実的な外交・安全保障政策、⑤持続可能な社会基盤の構築、⑥国民生活の充実、を掲げており真っ当な政策であり好感が持てる。

    希望の党 綱領(全文)
わが党は、立憲主義と民主主義に立脚し、次の理念に基づき党の運営を行う。常に未来を見据え、そこを起点に今、この時、何をすべきかを発想するものとする。

(1)わが国を含め世界で深刻化する社会の分断を包摂する、寛容な改革保守政党を目指す。

(2)国民の知る権利を守るため情報公開を徹底し、国政の奥深いところにはびこる「しがらみ政治」から脱却する。

(3)国民の生命・自由・財産を守り抜き、国民が希望と活力を持って暮らせる生活基盤を築き上げることを基本責務とする。

(4)平和主義のもと、現実的な外交・安全保障政策を展開する。

(5)税金の有効活用(ワイズ・スペンディング)の徹底、民間のイノベーションの最大活用を図り、持続可能な社会基盤の構築を目指す。

(6)国民が多様な人生を送ることのできる社会を実現する。若者が希望を持ち、高齢者の健康長寿を促進し、女性も男性も活躍できる社会づくりに注力する。

官僚支配からの脱却

日本の最大の癌が官僚です。小沢一郎氏はこの支配脱却を目指していると考えられます。私の云う東大を潰せもこれに繫がる。即ち、官僚=東大=米軍駐留=軍産複合体であるのです。現在の悲惨な日本を導いたのは彼らであるとも考えられます。下記の動画をごらんください。



ナンチャッテ選挙である

上述のごとく今回はまことに好ましい選挙だが、ナンチャッテ選挙に変わりはない。ナンチャッテを卒業するには、お上を信頼することなく監視し、常に不正選挙を監視できる国民に成長せねばならない。何故ならこれ等政治は我々の生活に直接影響を与えるからであるが、まあ、GHQやCIAの3S政策で洗脳された国民には時間がかかるのだろう。

今日述べた流れが分かる竹下雅敏氏の一連の記事を下記に示す。

人々の注目を集めるパフォーマンス記事と攪乱情報 〜カオスを創出〜
台風の目は自由党 小沢一郎の根回での政界再編 〜民主主義は幻想〜
二大政党制を目指し、前原代表『全て想定内』 〜小沢政権樹立が目的〜
政変劇の裏に プーチン大統領側に寝返ったキッシンジャーとJH
日本政変劇の真相:世界恒久平和シナリオのキッシンジャーとJH
JHが仕組んだ政界再編:次の総理は小沢氏、排除された菅・枝野
「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」の小沢氏と日本総督笹川
小沢が希望の党の合流を仕掛け、リベラル色議員は共産が支援
民放番組は小池一色…仕組まれたシナリオに自民党はパニック

(過去記事)
また衆議院ナンチャッテ選挙が始まった

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。