激動アジア 北朝鮮の脅威(17)休閑話題

どうも、米朝挑発合戦は大方の予想に反して北朝鮮の勝利に終わったようです。評論家の佐藤優氏の右の動画をご覧ください。米国の敗北、北朝鮮への経済宥和政策を取れ、世界の核廃絶に向かえ、等に言及している優れた動画です。

同氏以外の評論家やネットウヨ達は「アメリカ命」のオンパレードで北朝鮮征伐を煽っているが、石頭もいいとこである。

面白い展開になってきた

米国には硫黄島やベトナム戦争のトラウマがあり、北朝鮮の後ろに日本人の残置諜者達がいるのを掴んでいて、それで恐れビビってしまい敗北したのかも知れない。シリアのように気軽にトマホークをぶっ放すことは出来なかったようだ。

さらに、北朝鮮はスーツケースで携帯可能な重さ2kgのタングステン水爆をかなり以前に開發、これ一発でニューヨークを破壊可能だが既に米国に配置済みだという。さらに恐ろしいのは、先日、北朝鮮が発表した「EMP攻撃」だ。高高度で核爆発させると影響下の全電子機器を破壊できる。人体に無害だがインフラが破壊されるので、これ一発で日本が全滅する。

以上、今日は休閑話題でした。次回は本論で畑中理の予定です。

続きます。
口絵

(過去記事)
激動アジア 北朝鮮の脅威 目次

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

盆踊り

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
愛知県在住、昭和15年生れ、本名:野村宏、愛知工業高校機械科卒、某エネルギー企業入社、万年平社員で定年退職、好きな分野は文明論、世界統治組織に興味を抱き陰謀論にトライ、【制作・研究等での主な参考書籍】馬野周二氏著書、太田龍氏著書、田村珠芳氏著書、ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表(アンドリュー・ヒッチコック著)、ヤコブ・モルガン氏著書、増田悦佐氏著書、竹内文書関係、エイリアンインタビュー(マチルダ・オードネル・マックエルロイによるインタビューと手記)。Twitter「明日に向かって」

月別アーカイブ