安倍政権で若者が幸せになれる筈がない

今日は兵頭正俊氏のTwitterで「安倍政権では若者が幸せになれる筈がない」です。

1.強大な日本を抑え込むためのイルミナティによる対日破壊工作(貧困化政策)

日本は豊かさの強大な潜在力を有するが、イルミナティ(金融ユダヤ、偽ユダヤ、カバール、戦争屋ハザールマフィア、1%、世界秘密政府、ロスチャイルド地下世界帝国、ロックフェラー、CFR、ジャパン・ハンドラーズ、等の呼称は同意或いは一味です)がこれを許さない。そしてイルミナティの代理人である安部政権によって貧困化政策が強力に進められ日本は益々貧しくなって、当然、若者が幸せになれる筈がないのだ。

2.安倍晋三は国民から略奪している

安倍がやっていることは国民から税金を益々絞り取って、それを国内で消費せず外國にプレゼント(海外援助や米国債購入)するので日本国は益々貧困化する。これはまるで江戸時代の悪代官のようである。毎年国家予算の4~5割もの海外援助、同額を米国債購入している。前者は異常な高額で、普通、寄付(援助)するとすれば5%が上限だ。後者の米国債は購入とは名ばかりの売却不能なので米国に召し上げられたと同じだ。

ロックフェラーがアメリカ経済をダメにした.安倍にはお手本がある。その手本とは、戦後(今から50年以上前)に20年間に渡ってロックフェラーが行ったアメリカの海外援助政策で、これは彼の米国破壊工作であり国費略奪でもあった。例えばアメリカからフランスへの石油製品援助の場合、アメリカ政府から援助代金としてロックフェラー傘下のA社が受取って同社は石油製品をフランスのB社に無償輸出し、B社はフランス国内市場でこれを売却し利益を得るが、B社もまたロックフェラーの系列会社であるので、2重の利益を得る。とにかく援助は儲かるのでロックフェラーは益々援助に熱を入れるが、アメリカは益々疲弊することになった。(E・M・ジョセフソン著、馬野周二監訳「ロックフェラーがアメリカ経済をダメにした」1989年、12章史上最大の略奪と裏切り、ネルソン・ロックフェラーの海外援助計画より)

27年前に出版された同書の副題に「日本もイルミナティに食い潰される」とあるが、まさに今、イルミナティ傀儡の安部政権に日本は食い潰されようとしている。また、同書に「ロックフェラーの史上最大の略奪」とあるが、安倍はロックフェラーを上回る規模でやっているのだろう。


3.【トランプへの朝貢額51兆円】トランプが何者でも首相があれなら日本には滅亡しかない?

[当該章は2017/02/21に追記しました]
この章はブログ「世界の裏側ニュース」さんの記事「この章の題名」から以下に抜粋です。なお、素晴らしい記事ですのでリンクから直接、全文をお読みください。

(前略)

トランプへの朝貢額51兆円 【Katsuko様のブログより】
安倍は米国に51兆円も貢ぎ金をもってゆく。何ということだ。自分の足下を見てみるがいい。ひとりひとりが赤貧洗うが如し、になってきている…暴動が起きるだろう/副島隆彦

[2087]安倍は、アメリカに51兆円も、貢ぎ金をもってゆく。何ということだ。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2017-02-10 05:38:58
安倍晋三首相が、トランプ大統領に、取り入るために、明日11日(アメリカでは10日)に、持って行く日本からの資金は、なんと4500億ドル(51兆円)だそうだ。

これを、日本国民の年金の積立金(GPIF、ジー・ピー・アイ・エフ と言う)から、持ち出すようだ。 いくらなんでも、大抵のことには驚かない、私であってもビックリだ。(中略)

安倍は、トランプのお供というか、自ら進んで子分になりに、べったりと付いて、キャディ(元々は、young lad ヤング・ラッド、と言う意味で、貧しい少年たちの仕事だった)をやりにゆく。 日本は、アメリカに51兆円も、一気に貢(みつ)ぐのだ。

(中略)

副島隆彦です。 日本の政府がやっている 日本国民の 大切な、今や、命の次の大切な、いろいろの 年金の 運用組織( GPIF, ガヴァメント・ペンション・インヴェズトメント・ファンド)から、安倍が、勝手に持ち出して、アメリカの このように湯水のごとく、「くれてやる」、「差し上げる」、「召し上げられる」、「這(は)いつくばって奉納(ほうのう)する」のが、こんなに巨額でいいのか。

いくら、「安倍ちゃん、頑張って」の安倍支持派の 国民でも、少しは青ざめたらどうだ。

「いくらなんでも、ここまで、アメリカの属国をやるとは! これじゃ、もう、奴隷じゃないか」 と、 日本の右翼たちは怒らないのか。 これだけ貢がされても、それでもなお、、チャンコロ、ロスケ(ロシア)、朝鮮人、からの攻撃がコワイから、アメリカさまの 軍事力に守ってもらわなければいけないから、だから、言われたとおりにお金を差し出す、というのか。

日本国民の 地獄の暮らしの 実態、実情 が、すでに、あちこちに、ボロボロと露見しつつある。

私、副島隆彦が生きている、出版業界、書店、出版社も、すでに、地獄の状態になっている。どんどん潰(つぶ)れつつある。私クラスの一番、本が売れる書き手、作家でも、自分が食べるのが精一杯になってきた。本当だ。「まさか、そんな」は、通用しないのだ。

みんな、自分の足下を見てみるがいい。 まさしく、ひとりひとりが、赤貧洗(せきひんあら)うが如(ごと)し、になってきている。 私は、大げさに、誇張で書いているのではない。

すでに決意した餓死者( 職と収入口をあきらめて、食を、自ら断つ、ことでの衰弱死をする者)たちが、どんどん出ている。 福祉が、どうの弱者救済が、どうの、の段階では無い。健康な日本国民までが、死につつあるのだ。51兆円も、トランプに、お土産で、自讃する、安倍晋三、という、こういう“ザ・カルト・オブ・靖国(やすくに)”の男を、日本国民は、一体、いつまで、のさばらせて、首相をやらせておくつもりか。

国民の方が、先に死んでしまう。いくら、トヨタ以下の、日本の優秀な輸出大企業3000社の、経営者、社員、技術者、労働者たちが、いくら、必死に働いて、死ぬほど苦労して、貿易で利益を出して、外貨を稼いで、それが税金になって、日本国民を食べさせている、と言っても、もう限界だ。こんなアメリカに、毎回、毎回、そして、年金のカネまで、ふんだくられるようになっては。もう、他には何ものだ。

日本で、貧者たちの、飢えた若者たち、年金がどんどん減額になっている老人たちも、による 暴動が起きないのが、不思議だ。 このままだと、暴動が起きるだろう。

(以下略)


以下は兵頭正俊氏のTwitterです。

安倍晋三の政治で若者が幸せになれる筈がない


安倍政権の日本貧困化政策


暗愚な日本人と若者の不幸




スポンサーサイト

コメント

私も一人の貧乏若者です。
拡大奴隷生産システムの貨幣経済が主流の社会でさらに亡者にすら劣るエセ愛国政治家たちが反日活動を続ける限り、この国は誇張なしに滅びると思います。
さて、暴動という非平和的手段は最終手段でしょうか、出る釘打つ闇の権力の中枢たる政治に参加するという手段もなにか変化が起こるでしょうか、私には疑問です。
一体何をすればいいのか。

No title

ちょこ様

マイナーブログでコメントに気付くのが遅れましたお許しください。
私も負けないくらいの貧乏人で車もありません(むしろ車不要環境に感謝しています)。

我が国の将来を心配されてのコメント感謝です。大変難いご質問で答えられるか心配ですがやってみます。


1.我が国の状態

我が国はイルミナティ(米国あるいは金融ユダヤ、または欧米列強)の隠れ植民地であって民主国家ではなく、国家の根幹である政府、政治家、官僚、大学、マスコミ等は外国勢力の手先となっている。本来公正に選ばれるべき国会議員達は不正選挙で選ばれているが、この事実さえ一般国民は知らなで自分の国は民主国家だと誤解している。下記の動画がこれを良く説明している。

国際陰謀学【ネット TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2017/05/18
https://www.youtube.com/watch?v=cmPpxpsJqqM&index=4&list=PLGMVFUrW3GJbzbdnkG4_fM9cfcCXRKo6N&t=169s


2.イルミナティは日本の独立を許さない

日本がイルミナティに滅ぼされないためには独立が必要ですが、簡単に日本を独立させない構造が出来上がっている。これは在日米軍駐留、日本に武力を持たせない構造=米国、中国、ロシアの核大国に囲まれ、これにやがて北朝鮮が韓国を吸収した高麗連邦が加わる。

(1)イルミナティが日本の独立を許さない理由

日本の国家予算の200兆円(特別会計)が毎年イルミナティにより収奪されているが、このような美味しい植民地を彼等は手放さない。抵抗すれば汎ゆる手段を取るだろう。

(2)イルミナティは最終的に日本を潰したいのだ

これが3.11東北大震災テロ、熊本地震テロ、TPP、消費税増税、等々は日本弱体化のための彼等の攻撃である。とにかく世界で日本一国のみ(最近はロシアも)を潰したいのである。これは大東亜戦争から継続している流れでもある。

(3)日本が独立を主張すればイルミナティが潰しにくる

戦後の日本首相等でイルミナティに歯向かったのは田中角栄と小沢一郎のみであるが、両者は潰されてしまった。もし本当に日本が独立を決意すればイルミナティはイラク、リビア、シリア、ウクライナ、等のように潰しにくる。これを覚悟して革命を起こすべきである。


3.イルミナティの弱体化が進んでいる

何故か強力であったイルミナティの弱体化が進んでいる。反イルミナティである露プーチン大頭領の台頭、米トランプ大頭領誕生、キッシンジャーの活躍、比ドテルテ大頭領誕生、そして、イルミナティ側で頭目の一人のデービッド・ロックフェラーの死亡、ヒラリークリントンの失脚、等に見られるイルミナティの弱体化である。従ってイルミナティの中核組織である米軍産複合体やCIA、FBI、等も急速に弱体化している。

米トランプ大頭領は在韓在日米軍撤退へ向けて動いていて「アメリカファースト」達成を目標にしている。これは我が国の独立達成のチャンス到来と捉えるべきである。

韓国大統領選挙後の在外米軍構想と官僚の思惑!
https://www.youtube.com/watch?v=we-HRkOIFnU&t=2s


4.地球革命が静かに進行中(西洋文明の終焉)

現在、地球規模の大革命が静かに進行中であり(このブログの過去記事ではこれを宇宙文明改革とした)、上述のイルミナティは滅亡するはずであり、当然、我々が暮らす掠奪・戦争・奴隷を特徴とする西洋文明も消滅し、全く新しい文明が宇宙から齎される可能性がある。そして今までの競争の社会から共生の社会へと変わる。

5月12日:マイク・クインシーのハイヤーセルフからのメッセージ
http://ameblo.jp/lightworkers/entry-12274677876.html

上記は次のように述べている「イルミナティ―はみなさんが進化するのを阻止し、同時にみなさんのお金を“盗み”つつ彼らの莫大な秘密プロジェクトに充ててきました。みなさんの生活をただちに向上させるのは、フリーエネルギーだけはなく、食べ物を再現するなどの最新技術も待ち受けています。この二つの技術によって、人々は貧困と飢餓から抜け出す事ができます」。

食べ物を再現する装置はリプリケーターと呼ばれる宇宙技術で汎ゆる物が複製できる。


5.日本の時代が来る、日本人の若者よ自信を持て

イルミナティから日本人はダメだ、中国やアジアを侵略した犯罪者だと我々は刷り込まれ洗脳されましたが、真実は逆で悪者はイルミナティであり西洋列強であったのです。大東亜戦争を戦った世代は素晴らしい人達でした。これは山岡荘八著「小説大平洋戦争」をお読みいただけば一発で理解できます。

大東亜解放戦争
http://torocohp.blog.fc2.com/blog-entry-295.htm

日本はアジアの光である(1)
http://torocohp.blog.fc2.com/blog-entry-305.html

日本はアジアの光(2)大東亜戦争は聖戦であり日本は勝者だった
http://torocohp.blog.fc2.com/blog-entry-308.html

西洋文明が終焉すれば次は勿論日本文明の幕が上がります。スピリチュアル動画ですが、下記が参考になります。

「日本から始まります」byアシュタール
https://www.youtube.com/watch?v=k5x4teHvuTo

「西洋文化」byアシュタール
https://www.youtube.com/watch?v=MVmWPTJ5wVU


以上です。

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。