コブラによる地球解放年表

コブラ情報の日本支部であるPFC-JAPAN OFFICIALから興味深い地球解放年表が発表されたので、早速コピー(この記事の末尾に記載)させて頂きました。これは今後大いに活用できる素晴らしいもので、同支部の力作です。何が素晴らしいかと言うと、地球誕生から現在までの宇宙人と地球の関わりが丁寧に説明されているので、今まで、チャネリングによる断片的知識であったものが、その全体史の俯瞰が可能になったことにある。

なお、地球解放とあるのは、有史以前からレプティリアンに奴隷支配されていた地球人類を宇宙人の銀河連邦が解放すると言う意味である。これは、スピリチュアルに明るい者には常識であるのだが。

同年表に対し疑問や感想があったので以下に述べる。


1.恐竜の自然発生について

人類は宇宙から持ち込まれたとする説が正しいとするなら、恐竜の自然発生は可笑しい。あつし氏の「地球(テラ)が見ていた日本の歴史の真実!」の「”恐竜誕生の謎” その真実!」によるとによると、恐竜はレプティリアンがDNA操作して地球上に誕生させたと言っている。

2.ムー文明が欠落している

この年表にはアトランティス文明と対立していたムー文明が欠落している。有名なムー大陸の研究者チャーチワードによると、5万年前にムー文明は誕生し1万2千年前に太平洋に沈んだと言われている。

欠落している原因は、チャネラーが西洋人だからムーに関心がないのだろう。即ち現在世界を支配している西洋人達は、精神性より技術優先の奴隷と戦争を特徴とするアトランチス文明を継承しているからだ。

一方、全世界(西洋諸国と中国)を相手に戦争した我が日本は、精神性の高いムー文明を継承している唯一の国であり、奴隷制度は無かったし戦争も少なかった特異な存在なのである。

3.コブラ疑惑

去年の中頃から「トルコクーデターはポジティブなトルコ軍が起こしアメリカのネガティブな軍組織により鎮圧された」や「米大統領選はヒラリー・クリントンが勝利する」など不可解な情報を流し、疑惑を深めているコブラですが、シャンティ・フーラの竹下雅敏氏が記事の中で「コブラはハイアラーキーの残党で、カバール(闇)と協力関係にある工作員である」と述べている。

コーリー・グッドが現れるまでコブラが唯一の宇宙情報源であった。コブラを信じてきた者としてとても残念ですがしかたありません。救いは「コブラの3次元情報は正確である」(同氏言)にある。

同記事にはその他の怪しい宇宙情報としてGFLサービスさんの記事を取り上げているが、私は有名チャネリストのシェルダン・ナイドルなども「トランプは当選しても大統領にならない」等を述べていて怪しいと感じている。まあ、宇宙も地球と同じで何でもありの戦国時代ということであろう。

4.その他雑感

このコブラ情報の他に重要なものに、「コリー・グッド情報」と1章に示した「あつし氏情報」がある。これ等を加えて地球史年表を作成すれば、さらに良いものができるだろう。

スピリチュアル側における地球解放年表は既往の地球史と全く異なるものである。現在はスピリチュアルと現実が出会う特異な時にあり、宇宙時代に向かっていて、今後はこのような既往のものが全く役だたない事態が頻繁に発生するであろう。


コブラによる地球解放年表

140億年前 現在の宇宙サイクルの始まり
数十億年前 地球上の生物は地球で発生したものではなく、地球外からもたらされた。地球には常に知覚力を持つ存在がいて、生物を次々に進化させた。
46億年前 智恵の原型ソフィアが地球女神としてセントラルサンから降臨。
2億3140万年前
恐竜の自然発生
6600万年前
(恐竜が)銀河のセントラルサンの活動により絶滅
数百万年前 セントラル文明が銀河連合を創立し、銀河法典を導入
800万年前 オリオン恒星系で大天使たちがソースとの繋がりを断った
天の川銀河のこの領域で、キメラグループが何百万年もかけて、インプラント・ネットワークを徐々に構築した。
レムリア文明の興亡
100万年前 アトランティス文明の始まり
20万年前 プレアデス人の入植でアトランティスが絶頂期に
75000年前 シリウス恒星系の入植で文明がピークに。地上の都市から、地下都市、トンネル網、地下ピラミッド、水晶、地殻の安定化技術まで、それぞれ独自のネットワークが作られた。
セントラル種族はこの銀河の中心領域で進化し、高度な精神性を発達させ、女神の光と知識を銀河中に広めていた。そのうちの一人が、アトランティス時代に地球にやって来て、薔薇の姉妹団を結成した。
アトランティス後期 地球住民はオリオンから来た闇の勢力を招き入れ、好奇心からインプラントの植え込みを承諾。
26,000年前 キメラによってインプラント監視局が設置され、地球や太陽系から逃れようとする者にインプラントが植え込まれた。目的は地球の隔離及び、光の勢力による介入の阻止である。
アルコンが地球の所有権を主張し、地球上の全生命体を人質として奴隷に。
人質を脅されたため、大いなる力を持った光の一派はやむなく地表から離れ、地下に待避した。光と闇の勢力はそれぞれ地下で居住地ネットワークを建設した。
25,000年前 キメラが地球の周りにスカラー電磁フェンス(ベール)をめぐらせ、ポジティブなETのコンタクトが妨害され、地球が隔離状態になった。
地下では、待避した光の勢力による都市とトンネル網が築かれ、アガルタ・ネットワークができた。
12,000年前 アトランティス沈没と共に石器時代が始まり、別の天変地異と共に約5千年前に終わった。
11,500年前 氷河期の終わりとともに、最後まで残っていたアトランティスの島々が沈んだ。アトランティスの沈没は、闇の勢力によるエネルギーグリッドの実験と、銀河の中心からくる強いエネルギーという組み合わせの結果。
数千年前 銀行システムがオリオンから入ってきて、闇の勢力の支配下に。
紀元前3,600年頃 紀元前3,600年頃のクルガン侵略をはじめ、闇の存在はコーカサスの次元ポータルから侵入。
カバール・ハザールはネアンデルタール人の血筋。

アトランティス時代後期にコーカサスポータルを通って地球に来たドラコが人間の身体に転生し続けたのがハザール人となった。

5,000年前 ツバーン・ドラコニアン(ポジティブなドラコニアン)が中国の成都ボルテックスから地球に到来。
古代エジプト(BC3000-BC332)
古代エジプトのイシスが女性祭司として再び現れ、薔薇が女神イシスの神聖シンボルになった。
3,500年前 (古代エジプトで)魔術の儀式によるカルト戦争。
ギリシャ文明(2,600年前~)
ギリシャ文明が星の同胞団によってもたらされた。
ローマ帝国(BC27-1453) ローマ帝国時代、薔薇の姉妹団の寺院は帝国中に広まった。女神の奥義は秘儀参入者だけに伝えられている。
325年 カトリック教会が主要アルコンであるコンスタンティヌス大帝によって創設された。
393年頃 393年頃、コーカサスの次元ポータルで第二回ハザール侵略。

中世 十字軍の時代では、女性を象徴する薔薇の姉妹団、男性を象徴するテンプル騎士団が対になっていた。
14世紀
全世界にわたるペストの大流行が発生
アルコンやキメラによる生物工学操作により、コレラやペストが流行し、ヨーロッパ暗黒時代に。
15世紀 フローレンスの白い貴族の背後にいたポジティブなオカルトグループによる最初のルネッサンス。
アガルタのネットワークと繋がっている秘密の道教グループからブルードラゴンが生まれた。秘密のピタゴラス教団とともにイタリアのルネッサンスを栄えさせた。
明(1368- 1644)
明王朝の軍部からレッド・ドラゴン・グループが発祥。
1540 ファルネーゼ家がイエズス会を創始。1776年イエズス会士アダム・ワイスハウプト(ヴァイスハウプト)がイルミナティを創設し、ロスチャイルド家に権力を与え、ファルネーゼ家の権力の座をワシントンDC.に移した。
イエズス会が中国に潜入
18世紀 18世紀初め、光と闇、それぞれにつながりをもった各国の王朝が文化交流や貿易で互いを知り、20世紀には地球のネットワークが完成された。それぞれがグローバルな金融システムを作り、光側の平等で公正な富の分配を目標とするものに対し、闇側の富の独占が地球の支配権を勝ち取った。
サンジェルマン 1700年前後
18世紀末、時代の転換期にライトワーカーを支援する目的で、セント・ジャーメイン信託がセント・ジャーメイン伯爵によって設立された。
フランス革命 1787-1799

1800年代初期 イエズス会士がフリーメイソンに潜入。
アヘン戦争 1840-1842
ロスチャイルドがアヘン戦争を通じて中国を支配。
三月革命 1848
19世紀半ば、三月革命などで光の勢力がヨーロッパで躍進し、アルコンは物質界を去り、エーテル界に退去させられる羽目に。わずかに残った者は姿を隠し、目立たぬようにした。
19世紀 ニコラ.テスラ 1856-1943
プレアデス人の与えたインスピレーションによって、NYMZA秘密結社(ソノラ・エアロ・クラブ)が飛行船を造った。NYMZAとつながっていたテスラは火星旅行用の飛行船を造ろうとしたが失敗し、その後JPモルガンは融資を止めた。
1891
ヘレナ・ブラヴァッキー亡き後の神智学協会にカバールが浸透し、のちにヘレナの教えを悪用。
1900
レッドドラゴンが八卦の秘密結社を装い、後に義和団の乱を仕掛け、イエズス会とロスチャイルドを中国から排斥しようと試みた。
20世紀、ロスチャイルドは中国全土に覇権。
1913/12/23
FRB(連邦準備制度)成立
第一次世界大戦(1914-1918)
第一次世界大戦
1917 光の勢力がドイツでトゥーレ協会を結成。
アルコン支配下のロスチャイルド工作員、アドルフ・シックルグルーバー(ヒトラー)の潜入で、トゥーレ協会は闇の手先になり、さらにヴィリル協会(Vril society)に姿を変え、秘密裏にドイツの宇宙プログラムを支えた。
1920年代 ロイヤルファミリーが婚姻関係を結び続けるうちに、M1と呼ばれる者が誕生。M1は、世界中の主なロイヤルファミリーの遺伝子を受け継いでいた。1920年代、最初のM1が生まれた。
1920年から1940年までの20年間に、レプティリアンとカバールの末裔が支配を狙ってM1の地位を乗っ取った。
1934 ドラコ帝国が世界の指導者と連絡を取り、秘密協定を結び、高度な軍事技術と引き替えに、大量の人間奴隷を手中に。
軍産複合体の発展によるベールの強化
1939-1945
第二次世界大戦
戦後のペーパークリップ作戦により、約2000人のナチス技術者が米国へ移送され、のちの影の政府を支えた。もとからドラコの謀略だった。
戦後、数十万トンの山下金塊が注ぎ込まれ、地下で大規模の軍事基地システムが構築され、2000年代のドラコ侵略のベースとなった。1950年代には、秘密宇宙プログラムが拡張され、月と火星での基地構築が計画された。
キメラグループによって、地表住民をコントロールするためのコンピュータープログラムが作られた。それと平行して、戦後のWHOワクチンプログラムによる人体へのマイクロチップ埋め込みが大々的に行われた。
1953 銀河連合によるコンタクトが始まり、地上の人間に計画が知らされた。
1954/2/20 アイゼンハワー大統領が、プレアデス人及びアシュター・コマンドの代表とエドワーズ空軍基地で会見。
アイゼンハワーはネガティブ・ミリタリーの圧力で、ポジティブETとの協約を断念。のちにネガティブなゼータとドラコ種族と契約することに。
プレアデス人はネガティブ・ミリタリーと交渉し、仏領ポリネシアのボラボラ島の地下に、秘密基地を建設する許可を得た。
1960年代初頭 秘密宇宙プログラムの本格始動。キメラグループは、米国、ヨーロッパ諸国、ソ連、中国のネガティブ・ミリタリーに、月と火星の限られた地域での共同秘密基地建設を許可。カバールは、ドラコ・レプティリアン複合体との間で秘密協定を結んだ。
1961 アイゼンハワーが演説で軍産複合体についてアメリカ市民に警告。
ケネディ大統領が自由社会に秘密主義が浸透していくことに危機感を募らせ、報道陣を前に、メディアとしての義務を果たすように促す。
1962 秘密宇宙プログラムの一部として、米国とロシアが初めて月面着陸。
1963/11/22
ケネディ暗殺
フォン ブラウンによるNASAの表向きの公式宇宙プログラム発足、のちにアメリカの軍産複合体を吸収し、秘密のソーラーワーデン計画を開発した。邪悪なる四人組(キッシンジャー、ブッシュ、チェイニー、ラムズフェルド)が暗躍。
1969/7/20 アポロ11号月面着陸
1971 ニクソン大統領による金本位制の廃止で、キッシンジャーがオイルダラーを生み出す道を開いた。
1975/5/25 50年間にわたるアセンションの窓が開いた
1975 オーガナイゼーション(レジスタンス・ムーブメントの前身)の誕生
1976-1977 オーガナイゼーションがソーラー・ウォーデン計画に潜入。
1979-1984 バイオチップが技術的に大きくアップグレード。
1994 ルワンダ虐殺
1995 平和協定(アンカラ同盟)が結ばれ、ネガティブな種族の大きな一派が光の側に移った。協定に署名しなかった者たちは大いに不満し、地球を侵略することに。
1996 闇の勢力がコンゴでネガティブ・ポータルを開き、多くのレプティリアンが地球に侵略し、世界中の地下軍事基地に侵入。
ベールの再活性化
the Great Forgetting of 1996
数年間という短い間、闇の勢力は、地球周囲1000光年の範囲で、シリウス恒星系を除く、ほとんどの恒星系を支配。1996年にはプレアデス星団にも攻め入った。
イルミナティと地球外の闇の勢力による攻撃で、オーガナイゼーションは壊滅状態に。アガルタ人の大半も追放された。
1996-1999 リゲルにあったストレンジレット爆弾と他の兵器類は、すべて地球に移された。
大衆向けのインプラント・プログラムを実施。
90年代後期 人々は体に取り込まれたナノテクノロジーで追跡される
1998 オーガナイゼーションが政治、金融、技術開発、シークレットサービス、軍などに徐々に潜入。
1998/5/17 光の勢力が組織を立て直して、プレアデス艦隊が再び太陽系内に入り始め、より高次元の情報源から新たなアセンション・プランを部分的に受け取った。
1999 他の宇宙がこの宇宙に融合され、宇宙意識の大変化を起こした。それが太陽系と地球の解放につながっていく。
1999年初頭 プレアデスは惑星X上の抵抗運動と連絡を取り、イルミナティに対する大規模な攻撃を開始した。イルミナティは三週間後に敗北し、火星と月の基地に逃げ込んだ。
アシュター・コマンドは1999年の早い時期に再び太陽系内に入り始めた
闇の中心地リゲルは1999年頃に一掃された
銀河連合は、1999年にプレアデスを解放
光の勢力は闇の影響を太陽系内に封じ込めるため、ヘリオポーズに光のバリアを張った
1999/8/11 アセンションの窓のターニングポイント
1999/8/14 転生していない700億人の魂の大半が、1999年8月14日に大量避難させられた。アシュター・コマンドの複数の母船でプレアデス星団の外れにある惑星に移送された。
惑星Xにあるドラコ・イルミナティーの奴隷植民地内で、レジスタンス・ムーブメントが誕生
1999/12 プレアデス勢のバックアップで、レジスタンス・ムーブメントが惑星Xで反乱を起こし、イルミナティーを追い出して惑星Xを解放後、基地を地球の地下にあるアガルタ・ネットワークに移した
2000ー2001 イルミナティは月と火星などの太陽系にある基地を失った。プレアデスなどは銀河統合勢力の支援で、全ての残留レプティリアン、ドラコニアン、レティキュラン勢力を太陽系から一掃。闇の者たちはパニックで最後の拠点である地球を確保するために9/11事件を起こした。
2001/3 光の勢力がある重要作戦を完了したことで、セントラル文明が太陽系に直接介入できるようになった。彼らは月サイズの球形ミッドウェイ・ステーションを、この太陽系のヘリオポーズに配置した
2001/9/11 911事件
飛行機は本物だったが、実際にビルを崩壊させたのは主に核爆発だった。
2003 光の勢力が太陽系全域に
1994-2004 この時期の大規模解放作戦で、レジスタンス・ムーブメント、プレアデス、シリウス、アンドロメダンの艦隊とアシュターコマンドが太陽系からドラコ・レプティリアンの大半を掃討
2004 ドラコとレプティリアンの残存勢力は、地球を手渡すまいと、邪悪な四人組と連携を深め、ソーラー・ウォーデンのスーパー兵士を操り、光の勢力に対抗
2004/6 ベールの再活性化
2009 より強力なバイオチップが新しいワクチンに混入された
2011/3/11 東日本大震災。実態はイエズス会が作戦資金を日本からせびるための偽旗作戦で人工的に起こした地震だった。
2012/1~2 レジスタンス・ムーブメントはイルミナティが保持していた黄金の大半を確保
2012 光の勢力は、キメラグループの直接保護下にあるものを除き、太陽系内からすべての秘密宇宙プログラムや植民地を解放
2012/5/5 アルコンのリーダーはローマで逮捕され、地球から排除され、銀河のセントラルサンへ連行された
2012/5/20-21 レジスタンス・ムーブメントはグリッドの再起動時にウィルスを忍び込ませ、しかるべき時に人工知能による金融システムを再起動できるようにした
集団瞑想の成功で、アストラル界のベールは70%、エーテル界のベールは35%が除去された
2012/12/21 幾つかのタイムラインが統合され、ネガティブなタイムラインはすべて消滅した
レジスタンス・ムーブメントがアルコンのエーテル界にあるメインフレームコンピューターの破壊に成功
2004-2012 キメラと共闘しているものを除き、すべてのドラコ・レプティリアンは太陽系から排除された
2013/11/23 アイオン・ポータルの開放
2013/12 アルコンとその手先が非物質界に持っている技術の3分の2以上が排除された
2014/3 トップ・アルコンの力を削ぐ飛躍的ブレークスルーの達成。アセンデッド・マスターたちがソースから受け取った情報により、二元性システムを消滅させるアイデアを得た。
2014/3/8 エーテル界のアルコンと彼らの兵器は残り最後の層一つだけになった
2014/4/20 IS:ISポータル活性化
2014/5/17 プレアデス・ポータルの開放
2014/6 光の勢力は、小惑星帯より内側の太陽系内に多くの新しい基地を設置
2014/6 イスラム国がシリアからイラクに侵入
2014/6/21 リリス、エリス、カリクローのグランドトラインによって、地球での女神の原型はかつてないほど深いレベルで活性化された
2014/7 銀河連合の宇宙船が、キメラグループ撲滅のため、地球低軌道の内側にある最終位置に就いた
2014/9 キメラグループは、ヨーロッパの地から排除された
2014/11,12 レジスタンス・ムーブメントと、東側のアガルタネットワークと、ブルードラゴンの公式接触。バラバラだった各派閥の再統合開始
2014/12/14 IS:ISポータル活性化
2014/12/15 IS:ISポータルの開放により、局部星団に残る闇の三角測定が完了。セントラル文明はさらに大きなミッドウェイ・ステーションをヘリオポーズに配置し、月サイズのものを多数、太陽系内に配置転換
2015/1 女神斗母(トウム)元君が女神エネルギーを定着させるために地球に降臨
物質界のストレンジレット及びトップレット爆弾をすべて排除
2015/1月末 太陽系解放最終作戦 MOSS(Multidimensional Solar System)開始
アストラル界のベールが90%、エーテル界のベールが70%除去済み
2015/3/17 すべてのポータル活性化が成功し、惑星のエーテル・ライトグリッド安定化が達成された。天王星・冥王星の直交がもたらした最後の転換機会の窓が閉じたため、アルコンによるポータル奪還の可能性は潰えた。
2015/5 ヘリオポーズの光のバリアが完成
キメラの基地とインプラント・ステーションの大半は掃討され、人質は全員解放された。残った基地とステーションは地球至近距離にあるもののみで、地球住民を直接コントロールしているが、MOSS作戦の終盤に対処される予定
土星・地球間のセト・トンネルにあり、太陽系で最もネガティブなプラズマ経路が崩壊
2015/6 アルコンの逆襲が始まり、物質界でテロという形で現れた
2015/7/14 サブルーナ作戦開始。月周回軌道と地球低軌道の間にある、キメラの活動が最も盛んな領域での攻防が始まった。地上突破への最終戦場となる
2015/8初旬 人工衛星上にあるプラズマ発生装置とプラズマ・ストレンジレット爆弾は殆どは無力化された
2015/8下旬 サブルーナー作戦の大半が終了。地表に残ったキメラグループとプラズマ技術の除去が次の焦点となる
2015/9/0 インプラント除去で大きな進展
2013-2015 この2年間で、地下にいたレプティリアンの大半は排除された。残っているのはキメラグループとその拠点のみ
2015/11/11 11:11:11ポータル活性化。マトリクスの崩壊が始まった。
2015/11/30 ポジティブなタイムラインがしっかり定まった。ストレンジレット及びトップレット爆弾の巨大な層が一つ除去された。
2015/12/25
アジアインフラ投資銀行(AIIB)発足
2016/1 太陽系外縁部のカイパーリングにある物質的なキメラ基地網はほぼ崩壊
2016/4 太陽系外縁部にあるキメラ・バリアの解体開始
2016/5 太陽系内のSSPや地球地下にある派閥の多くが銀河法典を導入
地球地下の各派閥が交流再開し、分裂状態の修復開始
2016/7 新しいサイクルが始まり、善意のアガルタ組織は地表の住民との物理的コンタクトの準備を開始
台湾アセンション会議の強烈なエネルギでベールに亀裂
2016/9 状況が激化。闇の勢力はベールの亀裂を閉じることに部分的に成功した。光の勢力は割れ目を再び作り出そうとして、ライトグリッドの再起動を試みる
第二次世界大戦開戦日の77回目の記念日である。キメラ・ドラコの闇の勢力と、セントラル種族・銀河連合・プレアデス・シリウス・アンドロメダ艦隊・善意のSSP組織からなる光の勢力との銀河戦争がクライマックスに
2016/10初旬 プレアデス勢は太陽系内の支配領域を取り戻し、2016年5月時点の状態まで回復。シリウス勢とアンドロメダ勢は9月の出来事からさほど大きな影響を受けず、十月以降はより万全な体制を築いた
プレアデス勢は月の周回軌道の内側に、地球を囲むようなタキオン膜を設置。
2025/7/7 この惑星のアセンションの窓は1975年5月25日に開き、1999年8月11日にターニングポイントを迎え、2025年7月7日に閉じる
原案・構成: Yuri
編集・校正: Shigeru / PFC-JAPAN Official Group
引用: Now Creation
注: 正確性や明快さのため、一部の要約文を原文から直接翻訳しました。そのため、引用記事の翻訳と説明が違う場合があります(要約のほうが正しいです)

”注”「1540」項の「イエズス会士アダム・ワイスハウプト(ヴァイスハウプト)がイルミナティを創設し、」に1776年を書き加えた。

以上です。


スポンサーサイト

コメント

はじめまして

こんばんは、ブログ 陰謀論の光と闇と真実の管理人の者です。 この度はブログへの訪問と交流のキッカケに感謝いたしております。ブログの紹介リンクもありがとうございます^^ こちらも、もし良ければリンクに紹介したいと思っています。いかがでしょうか。 今後ますます、日本人や世界中の人々の精神性の向上(学びと行動)が重要になって来る時代となり、これまで隠されて来た真実や目には見えないものについての理解が具体的なかたちで分かるようになると思っています。そのためには、やはり、どんないかなる情報をも収集して、その真偽を見極められるように心眼を養う必要があり、日本人の場合は特に闇からの学びが重要だと考えています。(もちろん、それは悪魔崇拝や犯罪が良いという意味ではなく、裏側(事実)を知る事です) そして欧米では、日本人の古来からの高い精神性から、いまいちど聖典の示す真理を学ぶ時代となりました。 それでは、また色んなテーマでお話をしましょう^^

Re: はじめまして

陰謀論の光と闇と真実の管理人さま

コメントありがとうございます。返答遅れお許しください。
リンク紹介頂けるとのこと、大歓迎いたします。
闇の陰謀暴露も仰せの通りです。
同管理人様の幅広い豊富な知識とパワーに期待しておりますので、よろしくお願い致します。

     toroco



コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。