偽情報と疑惑サイトについて(1)

地球はアセンションの真っ最中であり、スピリチュアル情報の数と重要性が増している。しかしそこには偽情報も多く含まれていると思われ、中には明らかにおかしいと思われる情報さえもある。これは、宇宙規模の光りと闇の最終決戦が我が地球上で戦われ、その最終段階にあり、そして滅亡寸前である闇の勢力イルミナティ(コブラ情報等はこれをカバールと言う)が延命のため種々の悪足掻きを行っており、最近の熊本の人工地震、最近また復活しているケムトレイル、等も彼等の仕業と考えられ、この偽情報もその一つであろう。

しかしこの宇宙からの偽情報の判定は難しく私はその能力をもっていないので、偽情報サイトの特定は出来ない。そして唯一の判断指針と考えられるものはハリー山科氏の「宇宙情報において恐怖が混じっているのは偽情報である。宇宙は清浄であり、悪のレプテリアンなどは居やしない」(ハリー山科 恐怖が混じっている情報は嘘です)がある。このレプテリアンなどは居やしないと言うのは極論であり、私は存在すると考えるが、「恐怖が混じっているのは偽情報である」は有力な判断手段と考えて良いであろう。

以下に偽情報が含まれる、あるいはその疑いがあると私が考えるサイトを取りあげる。なお、人間は不完全で度々間違えるものであり、このブログで疑惑サイトに挙げられたからと言って偽情報サイトとは断定できない。私の直感で疑問符を付けただけであり、私も度々間違えるからである。

1.GFLサービス

このサイトはスピリチュアル情報の翻訳専門サイトであり、多くのスピリチュアルブログがこの記事を転載しており大変重要で功績のあるサイトである。ところが最近性格が変化し自身で直接チャネリングした記事を掲載するようになってきている。それ以前は主にバジャールメッセージ(闇の匂いを感じた:私の錯覚かもしれないが)の翻訳記事を掲載していたので殆ど見なかったのを覚えている。

問題はサイトの性格が変化した今年2月以降からの記事であり、以下に疑惑記事の問題点を指摘する。

(1)パラダイムシフトと光送り出しのお願い        2016年4月4日
(前略)3次元と5次元の地球の物理的分離は、さらに多くの人達の次元上昇を促す時間が必要であるために、ごく近い将来に起きることはない、とのことです。意識を 持つ生体であるガイアの意識体は5次元への次元上昇を果たしています。しかし、物理的な球体はまだ部分的に3次元の中にとどまっています。球体が完全に5 次元へと次元上昇するには、それが持つネガティブなエネルギーを、地殻変化などの自然災害の形の変化によって解消する必要があり、人間が今のままガイアの 表面にとどまっていれば、死に至ることになります。(後略)

発信元は「中型宇宙船の艦長であるアリアナさんからのニュース」となっているが、どのコマンドかが明記されていない。そして、上述の「地殻変化などの自然災害が必要であり、人間が今のままガイアの表面にとどまっていれば、死に至る」が恐怖情報であり偽情報の可能性ありです。

(2)追加の次元上昇完了のお知らせ
皆さま、光を送り出していただきありがとうございます。お蔭さまで追加で次元上昇をする人たちの次元上昇が円滑に完了しました。あとは4月10日のパラダイムシフトと、4月11日から始まる地球の浄化を待つだけになりました。
内部地球に移行するソウルの数が従来の8億5千万人から2億5千万人増加して、11億人になりました。宇宙の故郷に帰還するソウルの数は20万人増加して、140万人になりました。ご協力に感謝します。ありがとうございます。


前項の同日の続報と考えられるが、難解なメッセージです。信じられない。11億人即ち地球人類の約16%もが内部地球に移行するとは多すぎないだろうか。我々の周りを見渡すと宇宙人やアセンションに関心を示す人は1%以下ではないだろうか。また「4月11日から始まる地球の浄化を待つだけ」とは如何に、浄化とは地球地殻変動の大災害だろうか。だとするとこれも恐怖が混じっているので偽情報である。

(3)次元上昇の今後   2016年4月8日
地球、及び地球上の生命体の次元上昇管理を担当しているアンドロメダ評議会のヘフニホレプタス議長からの情報です。
(中略)宇宙に帰還する波動の高い140万人のソ ウルは全員肉体、メンタル体、エネルギー体ともに5次元以上の次元に完全上昇します。18時までに次元上昇は完全に完了します。
その後波動の上昇は続き、5月12日に100%になります。このj時点で内部地球に移行する11億人のソウルは肉体、メンタル体、エネルギー体の次元上昇を果たして、動物たちとともに内部地球に移行します。
パ ラダイムシフトが起きると、次には地球の浄化が始まるでしょう。地球の浄化では、中国の地盤沈降、インドネシアの火山爆発、アラスカ南方の太平洋海底の隆 起、大陸化、東ヨーロッパの隆起、ロシアとの国境の沈下、ヨーロッパ大陸の傾斜、米国南東部から北西部にかけての地盤の亀裂、富士の爆発、フォッサマグナ を境目とする日本の分断、など大規模なイベントが次々に起き、地球上の人口は来年の2月ごろにかけて次第に減少してゆくようです。


上述中段にも前項と同様に「内部地球に移行するソウルの数が11億人」とあり、それも5月12日までとありますが、こんなことが実際に起こるのか疑問である。そしてさらに驚くべきは下段の地球大災害が起きて地球上の人口は来年の2月ごろにかけて次第に減少するとあるが、これも恐怖情報であり偽情報の疑いが濃厚である。

これは少し考えて見れば判る。もし近年にこのような地球大災害が起きて何十億人もが死滅するくらいなら現在の闇の世界、イルミナティ世界の方が数段良いに決まっている。このような人類や生物を悲惨な世界へ導くアセンションや、これをもたらす光りの勢力などは不要なのである。

一体、アンドロメダ評議会のヘフニホレプタス議長とは何者か。もしかして闇の回し者では無いだろうか。以前の同評議会の主張では3次元から4、および、5次元への次元上昇とは厳密に考える必要はなく誰でも可能であると言っていたのだ。

アシュッタールのメッセージ「5次元領域へと移行したのですbyアシュタール」によると全ての人が3次元領域から5次元領域へ既に移行が完了している。そして今だ我々は3次元に居ると思っている。しかし実際は5次元領域にいて3次元領域を見ているに過ぎないのだと言っている。

だから、5次元へのアセンションが出来なければ生き残れないとの脅迫観念に捕らわれる必要は全くなく、自然体で居ればよい思う。事実、GFLサービス情報によると我が地球は4月10日に5次元波動に達したらしいが、我々の生活に何ら支障は無かったのである。

続きます。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。