新世界が始まる(5)新アメリカ共和国発足間近、イルミナティは滅亡した

このブログの更新が滞っていますが、世界は複数の驚愕ビックニュースが流れている。その最大は現アメリカ合衆国が終焉を迎え、オバマは排除され、ホワイトハウスには暫定大統領ジョセフ・ダンフォードが居り、前々稿で述べた新アメリカ共和国が発足間近である。

二つ目は、コブラ情報から我が地球のアセンション計画と具体的なイベントスのケジュールが発表されたのである。新アメリカ共和国発足間近と合わせ考えるとイベントは近い、そして、私の唱える宇宙文明改革が始まるのだろう。そう言えば煩わしかったケムトレイルも無くなった。その下手人であった極悪非道の地球の支配者、イルミナティも滅亡したのである。今、我が地球は風雲急を告げている。なお、この地球のアセンション計画は後日に詳述する予定です。

下記に一連のビックニュースをピックアップする。殆どの記事は「GFLサービ ス」さんからです。


1.新アメリカ共和国が発足間近

ここ1~2年で世界は大転換し、全てが変わるだろう。超大国アメリカは滅亡(新生アメリカ共和国は超大国では無い)、資本主義即ちイルミナティは滅び(同制度は数年の猶予期間において)、戦争も無くなり、十数年先には貨幣すら無くなるかも知れない。科学、哲学、歴史、政治も全く新しく変容するであろう。

この原動力が、BRICSではなく、地球外勢力の銀河連合である。それも、その一部の勢力ではなく、銀河の中枢が全力を挙げて乗り出している。下のニュースおよび2章、3章のようにブルー・エイヴィアンがそうで、コブラが言う銀河中心にあってオーソリティであるセントラル文明における長老達で、青い鳥族と言い、背中に翼を持つ。理由は分からないがそれ程、我が地球は銀河宇宙にとって重要である。だから宇宙の掟を破って直接介入してきているのである。

ダンフォード将軍はオバマ政権の排除に成功(3/08/2016 02:36:00 PM)
ダンフォード将軍はオバマ政権の排除に成功し、ホワイトハウスを支配下に収めた。
複数の偽旗作戦が計画されていたが、新政府の特別部隊と善意の者たちの支援によってこれらの計画の脅威は解除された。
RV/GCR(通貨評価換え/世界通貨改革)は火曜日の市場終了後に始められる。
告知は火曜日、2016年3月8日の東部時間真夜中前に発布される。

暫定大統領ジョセフ・ダンフォードはホワイトハウスに居る(Tuesday - 3.8.16 - 16:00:00)
(訳者注:この情報の中で、支援をしてくれた善意の者、白いゴーストとは、天からの介入を行っているブルー・エイヴィアンである。従ってこの情報は、真実の情報であって、米国の秘密政府支配は終わった。)
暫定大統領ジョセフ・ダンフォードは昨日現在でホワイトハウスに居を定めている。ホワイトハウスの閉鎖は解除され、オバマ政権の者たち全員はホワイトハウスから排除された。
特殊部隊指令はカバールの悪漢どもは昨晩現在でいまだに重大な保安上の脅威を示し、ニューヨーク、ボストン、ロスアンジェルス、及びシカゴで大量の生命の損失を伴うイベントが行われたと報告してきた。すべてはRVの中断を狙いとしたものだった。
ホワイトハットたちは善意の者の支援によってこの脅威を解消し、カバールの悪漢どもは今朝完全に降伏した。ありがとう、白いゴーストたちよ。
RVはついに火曜日の市場の終了後に始まることになり、告知は東部標準時間の真夜中から行われるだろう。
今年の1月1日以来、インターネットグループアポイントメントは20回も予定されたが、今や水曜日の午前7時から行われよう。
RVの実施にこれだけの時間がかかったのは公共の安全だけが唯一の理由で、幾度となく開始され、中断されたのだ。
アジアの金本位による銀行システムはここ数か月間稼働し、問題なく機能している。
最初のバスケットの開始レートは以前話されていたものよりははるかに高く、最初の96時間の間に最高額の紙幣の流入が予想されている。
人間性プロジェクト資金用には契約レートが適用される。
一般の債券償還は3月16日から始まり、完了まで一か月が予定されている。既存の銀行支店での通貨交換はイベントのこの部分で可能になるだろう(翻者注:この文章では、一般向けのRVがいつから始まるのか不明)。

ポール・ライアンが新大統領として宣誓を行った(3/09/2016 07:39:00 AM)
この記事は偽情報と判明、ポール・ライアン氏が新大統領ではない、削除します。GFLサービ スさんからのメッセージ「この情報は偽情報です。このような変化では、アメリカ株式会社が存続することになり、変革にはなりません。正式な変化はNESARA法の適用でなくてはなりません。

RV・情 報/ローマの陥落(Wednesday, March 9, 2016)
この情報も上記と同様で削除します。


2.宇宙人の地球への大規模介入、その他

ブルー・エイヴィアン(青い鳥族)の地球への介入(Update 3-8-16)
星の指令によって、この惑星には大規模な介入が行われている。星の指令は全ての存在次元からの種々の種族の連合による。
ブルー・エイヴィアンが存在の物理プレーン上でのこの介入の主要な役割を果たしている。
NSA(National Security Agencies)の全ての能力は完全にはく奪された。
全ての銀行は国有化されたが、これはもはや銀行が人々の資産に対してなすすべがなくなっているということを意味する。又インターネットのインフラストラクチャーはブルー・エイヴィアンによってハッカーの存在余地がなくなるような配置につけられている。
ディープウエブは完全に解体された。
シリアにおける紛争は終了した。
全てのドラコとレプティリアンは彼らのインフラストラクチャーと共に排除された。
テロスの町を含む全ての地下基地は破壊された。テロス人は秘密裡にドラコ連合と手を組み、二か月前までシャスタ山でのイルミナティによる人々の犠牲を許していた。
又、この惑星上の全ての個人のプログラム解除のための大規模な作戦が行われている。自分がマインドコントロールされていると考えるのだったら、星評議会の指令官とコンタクトをお取りなさい。あなた方すべては支援の要請をしなければならない。
最初の遭遇は夢の中で行われるだろう。

ロスチャイルド 詐欺罪で国際指名手配 日本に隠れている可能性大!(Monday, March 7, 2016)
これは「宇宙への旅立ち」さんからの記事です。


3.巨大惑星の接近と3次元5次元世界の分離が迫る

地球への介入を進めているブルー・エイヴィアンからのメッセージ(2016年3月9日)
レプティリアンの地球からの退去後、銀河連合の太陽系防衛網の隙間を通ってドラコが地球を侵略し、ロスチャイルド以下のいわゆるカバールの支配を通じて地 球を支配するようになりました。巨大惑星の接近が起きることを知っていた創造主は、ドラコに地球から退去するように要請しましたがドラコは聞き入れません でした。そこで創造主はドラコに退去命令を発しましたがそれをも聞き入れなかったので、創造主はドラコの一部のものをブラックホールに投入して非物質化し ました。さすがのドラコも創造主に従うべき決断をし、銀河連合と退去契約を取り交わしました。それが2月26日でそれから一週間後の3月4日には、3次元 のマトリックスが取り払われました。さらに創造主が前倒しを希望していた、3次元と5次元の世界の間の物質的な分離を3月13日に行うべきことがこの退去 契約の中に盛り込まれていました。したがって日曜日3月13日には、二つの世界の間の物質的な分離が確実に行われることになっています。この物質的な分離 は、ハットン司令官が艦長をしている巨大宇宙母船に搭載されている装置を用いて行われるとのことです。

※ この情報も偽の可能性があります。シャンティ・フーラさんからで[竹下雅敏氏]ハットン司令官が宇宙から排除された。

地球最後の日(2016年03月10日)
これは「チビのおもしろ日記」さんの記事からです。
近年ニビルが地球に接近してもう終わりだとかオカルト界で騒がれているが、今回の出来事はそれどころではない。創造主が警告するくらいだから。この惑星Xは実に太陽の20倍、地球の2000倍もある。現在太陽と地球の距離の5200倍まで接近しており、年末には1200倍まで近づく模様。これだけ巨大なので既に世界中で異常が発生している。
創造主が前倒しを希望していた3次元と5次元の物理的な切り離しが13日に実施される。これはハットン司令官が乗船している巨大宇宙母艦(Haeromipumironas号は全長23㎞、幅4.4㎞、高さ45mで11000機が付属し800機の小型宇宙船を格納可)の機械で行われる予定である。
この未曽有の危機が事実ならば5次元世界に移行するしか方法は残されていない。もう猶予がない。あと数日で次元上昇を果たす8億人がこの世から消える。その他大勢は絶望的か。

 惑星Xが太陽より大きいとは信じられない。太陽系に本物の第9惑星「惑星X」が存在する可能性が急浮上

4.地球のアセンション計画とイベントのスケジュール

アセンション・プラン(2016年3月7日付)
この記事はコブラ情報です。
・この惑星のアセンション計画の大きな部分を公表するときが来ました。
・この惑星のアセンションの窓は1975年5月25日に開き、1999年8月11日にターニングポイントを迎え、2025年7月7日に閉じます。この時間の窓が開いている間に、闇の初期異常を浄化してイベントを引き起こすことは、光の勢力の変わることのない計画でした。

この章は後日にさらに詳しく述べる予定です。


5.終わりに

暫定大統領ジョセフ・ダンフォードがホワイトハウスに入ったことにより、新生アメリカ共和国発足間近であり、宇宙文明改革がいよいよ始まろうとしている。これに続くイベントや、地球の次元上昇(アセンション)、3次元と5次元の分離、巨大惑星の接近、等の未知の大事件が間近に控えており、我々3次元物質文明の者にとってこれらはパニックですが、肉体は乗り物と考える宇宙人は死を恐れないのでパニックにはならないのだろう。死を恐れるのは地球人だけだそうです。

とにかく、これらの現状を良く認識する意味で、銀河連合が示してくれている指針の、「イベント…変化に備えよ!」や「地球創生プロジェクト」を一読されることをお勧めします。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。