不要になる金融システム

秋の青空は澄み渡って清々しく、イルミナティの仕業であるケムトレイルが全く無くなってしまった。何らかの理由でイルミの滅亡が加速されたのだろう。コブラはケムトレイルが無くなるのはイベント後だと言っていたので逆にイベントが早まる可能性がある。と感じていたらブログ「宇宙への旅立ち 」さんの記事「シェルダン・ナイドル 10月6日 もうすぐNESARAによる祝福があなたに」が掲載されていました。しかもブログ主さんの直訳で分かりやすいです。重要記事であるのでリンクから是非読みに行ってください。

今日はお金が不要になる話ですが、その前に下の動画ご覧ください(これもブログ「宇宙への旅立ち 」さんからです)。

中丸薫と矢追純一の『ここだけの話』 2014.08.10ダイジェスト版


矢追純一氏が8:00あたりから次のように言っています。

「もしも今、アメリカ政府や日本政府が公式に宇宙人が存在しており、UFOは乗り物で、しかもそれは何十種類も飛ん来ていて、そんなかの誰かとは接触して交際してるよと、仮に言ったとすると、そこまで言わなくても宇宙人とUFOは存在しますと何処かの政府が言ったとすると、途端に株価は大暴落しますよね。株遣る人は先読みが早いから、宇宙人が居るとすると今ある地球のシステムが可笑しくなるよね。自分の持ってる株の会社は潰れるかも知れないので売ってしまいましょうとなる。国債も売っちゃう。いろんな物が大暴落する、なのでこれはチョットやばい。世界経済的にね。それから、もしもじゃあ宇宙人が攻めてきたらどうするか。これはインディペンデンス・デイに成っちゃうからとても敵わない。もしも仲良くしてお互いに貿易をするとなったら地球上のひとは全部失業しますね。UFOを輸入したら飛行機はいらない。車もいらないし、船もいらない。それもメチャクチャ格安で入ってくる。UFOが何万機も入ってきてメチャ格安で千円ぐらいで買えると、あらゆる産業が潰れるよ。」

これが地球の真実だ。宇宙人が攻めてくることや貿易はあり得ないが、全地球人の失業はあり得ます。技術や精神の格差がありすぎる。宇宙を社会に喩えると地球人は宇宙の禁治産者状態である。もし宇宙人が居なかったら核戦争で人類は絶滅していたし、日本も同様でイルミナティによる3.11攻撃後に再攻撃を喰らって海底に沈んでいた(新地球創世期 6  アセンション(3)参照)。

矢追純一氏は地球人は全部失業すると言っていますが、これは、まさにこれからイベントを契機として始まるNESARA等の宇宙文明改革のことです。そして、それに連なる、今日のテーマ「不要になる金融システム」とはお金が不要になることですから。


1.不要になる金融システム

我々3次元の物質世界では命から二番目に大切なのがお金であり、お金が無かったら何も出来ません。ところが、今回の5次元へのアセンションに伴う宇宙文明改革によって最終的にお金が無くなる。当然、混乱は必至でしょうが、革命ですからしょうがない。

まず宇宙連合がイベントを開始し、以前記事「新地球創世期 9 徹底的改革(2)」で述べたように宇宙船の地球着陸、宇宙人のデスクロージャー、革命政府樹立、NESARA発効と地球人全員に豊穣化資金配布、次いで、資本主義終了政策、宇宙技術の公開、地球人民全員の宇宙教育でアセンションの促進、等の流れで進み、最終的にお金の無い社会に転換させる。

具体的には

銀河連合はイルミナティが牛耳るこの3次元物質世界を一刻も早く終わせるため、地球人全員に巨額の豊穣化資金配布で民政を安定させてから金融市場を閉鎖するだろう。当然、株式市場も閉鎖され株式会社は消滅し、大量の失業者が発生する。

次に宇宙技術を導入して無料化社会を実現して行く。たとえば、各家庭にフリーエネルギー装置を配布し電気・ガス料金無料化、あらゆる生活必需品が製造できるレプリケーターを各地区に設置し無料で配布する。

所謂、この地球を、太陽系へ飛来している巨大な宇宙船(最大は木星サイズ)のような生活空間に変えようとしている。これを銀河連合は数年でやろうとしているが、果たして出来るか疑問である。

問題は3次元物質文明にドップリ浸かった人類が次元上昇を完了している宇宙人の精神状態に転換出来るかどうかだが、普通は無理で、これを彼等は人類に宇宙教育を施して達成しようとしている。


以上に関するコブラ情報(2015/08/31)

〇不要になる金融システム
ロブ:金融リセット後、ゴールドに裏打ちされた金融システムが、銀河連合の普遍的な繁栄経済システムになるまでに、どれくらい時間がかかりますか?
コブラ:私は数年と見ています。
ロブ:オー、それは実にいい。(イベント後)数年もすれば、私たちが通貨を交換することもなくなるのですね?
コブラ:ええ、私たちはそのように予想しています。何でも創り出せるレプリケーターなどのテクノロジーが利用できるようになれば、もう金融システムは必要なくなります。
ロブ:ワーオ、ワクワクしますよ、コブラ。数年後にそうなるのですか?
コブラ:イベント後、かなり急速にそうなるでしょう。

〇実際の金融リセット
ロブ:事前の試みも説明もないままリセットを行うわけですよね。たとえ金融の仕事に関わっている人たちが善良で正直な人たちだとしても、どうやってマインドセットして新システムを吸収していくのですか? 誰でもそうできるほどシンプルなものなのですか?
コブラ:金融分野では、株式売買人など大勢の人がショックを受けるでしょうね。移行を受け入れるのがものすごく難しいのは、この人たちでしょう。
ロブ:大規模な交易、輸送が機能するからこそ――特に食料品は大事です――社会や国が回っていくわけですが、不測の事態だって起こると思うのですよ。
コブラ:ええ、当然起こりますね。
ロブ:ですから当然、事前にリセットを周知している関係者がたくさんいなければなりません。その人たちは、銀河連合のRMと接触するのですか?
コブラ:関係者のほとんどの人たちが、ポジティブミリタリーから指示を受け取ることになるでしょう。彼らはプランの全体を知らず、一部だけしか知りません。彼らは、直接自分の取るべき行動に関わっている部分しか知らないのです。


レプリケーターレプリケータの解説(2015/03/16)

右の写真は宇宙艦個室搭載型のレプリケーター)

〇レプリケーター
ロブ:たくさんの人たちがレプリケーターに「凄く良さそうだねえ」と反応しております。もっと詳しく話してもらえますか? 大きさに限りはあるのか、宇宙船の部品も複製できるのか等々。
コブラ:レプリケーターはエーテル界のものを物質界の物質に転換する機械です。つまり、エーテル界に物体のデザインがあるわけです。実際にコンピューターも作れます。グラフィック・デザイン・プログラムでコンピューターをデザインしてエーテル界に型を作ります。そしてボタンを押すと物質界に物質化します。エーテル界の質料(matter)を物質界の物質(matter)に転換するという、非常に単純なプロセスです。彼らはそのテクノロジーを、母船や宇宙船の物質化、非物質化に利用しています。そして基本的に、望むものは何でもエーテル質料から物質化することができます。ですから制限はありませんが、そうなるのはある程度経ってからです。人類が内面的に十分癒やされて清められ、そのテクノロジーを悪用しなくなってからです。
ロブ:オーケー。今の説明で質問が浮かびました。フランク博士は宇宙船で「何が食べたいか?」と訊かれる度に「スパゲッティー・ミートボール」と答えていました。私は彼に「動物か? どこから来たのだ?」と尋ねると彼は言いました。「いや、彼らが複製してくれたのだ」。それは合成野菜タンパク質のようなものです。彼らはどこからその型を得たのですか? アカシックレコードとか、その手のファイルとかがあるのですか?
コブラ:分子構造、原子構造、元素の化学的割合、物体の形、サイズ、質感を特定する、コンピューター・プログラムのようなものです。特定した後、物質界に現れます。


2.地球と金星のアセンションの違い

アセンションに伴って「不要になる金融システム」が発生する。即ち、アセンション後の5次元世界ではお金は不要だからだ。そこで地球と金星のアセンションを比較し、地球のアセンションの特徴を把握する。

地球と金星は似た惑星と言われるが、金星人は遠い昔にアセンションが終わっていてそこで暮らす人類は天国である。一方地球は暗黒の奴隷惑星であり、今回やっとアセンションできるかどうかであるのは納得いかないが、きっと、何か秘密があるのだろうか。たとえば、惑星地球は宇宙の実験場で創造主によってわざと闇の勢力が導入されアセンションが遅れた、等が考えられる。

金星人オムネク・オクラによれば、金星でも地球と同じように権力者による人民奴隷支配と搾取の時代が長く続き、絶えることがない戦争と貧困で人民は苦しみの連続であったが、その後、遙か昔のある時に人民は支配者を追い出し、長い年月を掛けてアセンションが完了している。(以上は書籍「私はアセンションした惑星から来た、金星人オムネク・オクラのメッセージ」オムネク・オクラ著、益子祐司訳、2008年、を参照しました)

一方の地球は人民自身で権力者(イルミナティ)を排除できず、これを銀河連合とその地下組織が代行しイルミナティを滅亡へ追い込んでいる。そしてアセンションは銀河連合主導で行われようとしている。


3.コメント

金星は自然な形であり好ましいが、地球のアセンションは喩えると温室による促成栽培であり、今後の地球に禍根を残すかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

ネサラ金などありません。


☆NESARA National Economic Security And Recovery Act

① 連邦準備制度(FRB)を財務省が吸収・国営化し、 為替相場の変動を抑える金本位制を採用す る。
② IRS(米国国税庁)を解体し、所得税(や資本利得税、遺産・贈与税)を廃止し、政府の歳入 を定率の売上税(14%程度)から得る(新品商品に限定され、中古品や生活必需品には適用さ れない)。
③憲法に準拠した法を回復する。

NESARAとはこれだけのもので、これに付随したことがたくさん付け加えられているのは偽物と言われています。この法律はアメリカの法律で、もしアメリカでNESARAが施行されても、アメリカの経済システムが変わるだけで、世界中の貧困がなくなるわけではないのではないのでしょうか。確かに、現在はドルが基軸通貨になっていますから、世界中に影響はあるでしょうが、世界中が救済されるとは思えません。過大な期待を持つことはやめたほうが良さそうです。

1980年代後半から1990年代にかけて、エンジニアリング・コンサルタントで教師のハーベイ・バーナード(Harvey Barnard)は、アメリカの税制改革、通貨制度改革を含む一連の経済改革案を作成し提唱した。彼は政治的な関心がこの改革案に向くよう様々な試みを行ったものの成功しなかった。2000年になるとこの案をパブリックドメインとしてインターネット上に公開し、2001年にはNESARAの名前を冠した機関を設立する。

NESARA提案者のバーナードは2005年になって、グッドウィンによって起こされたNESARAに関連する政府陰謀説などの存在に気がつく。そして彼はNESARA法案が可決された事実はないし、法案番号もないと否定した。しかしNESARAの信奉者らは、近い将来NESARAの予言は成就するとしばしば語っている。

NESARAは法律として成立していないし、ましてやありもしない光の銀河連邦などというエイリアン組織とはなんの関係もありません。

No title

ネ~サラ金 様

コメントありがとうございます。遅れましたがお許しください。そして貴重な情報ありがとうございます。

アメリカの真の政府であるイルミナティがNESARAなど公布することは断じて無いと思います。

ただし、宇宙人は存在し、我々もその子孫であり、人類は輪廻転生する永遠の生命体であると思っています。

現代の西洋文明は殆ど間違いであると感じています。

,                toroco
       



コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。