点と線 宇宙人とヒットラー 2

なんで宇宙人なのか、そして、今頃ヒットラーなのか。前者はこのブログでずーと取り上げてきましたから説明するまでもなくこれから始まる宇宙文明の主役です。そして間もなくイベントが始まるとこれが宇宙文明の始まりであり、我々と宇宙人とのファースト・コンタクトがあり、NESARAが施行され、宇宙技術が公開され、地球人類全員が豊かになる黄金時代が始まります。

しかし、後者のナチス、ヒットラーは今から約百年も前に宇宙人とのファースト・コンタクトをした先駆者でした。そしてそれは現代文明へと繋がる出発点であり、さらには現代宇宙人史の出発点でもあったのです。

では、「点と線 宇宙人とヒットラー」の続きです。


3.ヒットラー登場

アドルフ・ヒットラー米国のモントーク実験でできた時空の割れ目を通って地球にやてきたヒットラーは、ロスチャイルドの工作員として第一次世界大戦敗戦直後の荒廃したドイツに現れます。そして彼は光の勢力である宇宙人キザ・インテリジェンスが1917年に作ったオカルト秘密結社「トゥーレ協会」に潜入し同協会を乗っ取っていきます。この潜入したヒットラーこそが闇の宇宙人でした。そしてトゥーレ協会はナチス(国家社会主義ドイツ労働者党)、SS(ナチス親衛隊)に発展し、後に宇宙技術によりUFO開発等を進めていきました。

即ち、光の勢力である銀河連合側の宇宙人であるプレアデス人のキザ・インテリジェンスが2章で述べたように地球で再度の栄光を求めてミュンヘンに作ったのがオカルト秘密結社「トゥーレ協会」であった。

そこへ創立間もない同協会へ闇の勢力であるロスチャイルドの工作員で宇宙人のヒットラーが潜入し、乗っ取ってしまいました。

光の勢力が地球文明の良好な発達を目指して贈ったはずの宇宙技術、即ち推進用の核融合やフリーエネルギー技術が、闇の勢力であるロスチャイルド、ナチス、ヒットラーによって武器に転用されてしまったのだ。

ここで以上の骨子にしたコブラ情報の抜粋を下記に示しておきます。


衰退するキマイラグループ

キマイラグループについての機密情報を、さらに公開するときが来ました。ある人にとって、この情報には信じがたいような部分もあるかもしれません。しかし、事実は小説よりも奇なりです。

このグループには、アンドロメダ銀河から来た闇の勢力のリーダーたちがいます。彼らは25,000年前にヒューマノイド型の肉体を持って地球にやってきました。そして地球を隔離状態にしました。彼らは地球の周りにスカラー電磁フェンス(ベール)をめぐらせ、効果的にポジティブなETのコンタクトを妨げ、人類を孤立させてきました。次に彼らは広大な地下都市のネットワークを、奴隷使いであるドラコニアンと奴隷であるレプタリアンを使いながら、築きました。そしてそこから地上の住民を支配しました。

当時、彼らの主な本拠地はアフリカ、中国、チベットの地下にありました。20世紀初めまでは、彼らが直接地上の文明に関わることはありませんでした。その20世紀初めに、興味深いオカルトが発達しました。
コブラ情報写真

まず1917年、光の勢力がドイツにツーレソサエティ(Thule society)を形成しました。時をおかず、アルコン支配下のロスチャイルド工作員、その名をアドルフ・シックルグルーバー(ヒトラー)が潜入しました。ツーレソサエティは闇の手先になり、さらにブリル協会(Vril society)に姿を変え、秘密裏にドイツの宇宙プログラムを発達させていました。

これを見たキマイラグループは、地表の住民が星々に到達したり、ベールを突き破ったりするだけの技術的な発展を遂げたことを悟りました。これを抑え込むために、地上の住民とのファーストコンタクトを、チベットへの旅の途上にあったカール・ハウスホーファーを通じて行いました。そのコンタクトの後、キマイラ支配下のハウスホーファーが、ナチスドイツの背後の主なオカルト勢力でした。

ナチスが第二次世界大戦で負けると、彼らはペーパークリップ作戦により米国に移されました。彼らはそこで軍産複合体の屋台骨を作りあげ、秘密の宇宙プログラムを継続して発展させ、地下深くに軍事基地を築き始めました。財源は山下ゴールドです。背後でキマイラグループは、米国軍産複合体の動きを注意深く監視し、地球の隔離状態が確実に維持されるようにしていました。ネガティブな軍部の核兵器保有量が大きくなることを、銀河連合勢力は大変憂慮していました。そこで彼らは、水素爆弾の核威力を最小限にする働きかけを、1954年のキャッスル作戦クーン実験のときに試みました。(訳注:キャッスル作戦の6回の実験のうち、クーン実験が不完全核爆発で失敗となっている。1回目のブラボー実験で第五福竜丸が被爆)。

抜粋は以上です。


ここでちょっと脱線して、言論ブログに苦言を呈します。既にこのブログ過去記事「現実とスピリチュアルの間」で取り上げたとおり、有力言論ブログは宇宙人をまともに取り上げていません。間もなくイベントが始まって、宇宙人が地上に降りてきて、NESARAが施行され、世界の70億人全員に巨額の豊穣化資金の配布が行われます。その時、彼等ジャーナリストは何と言うのでしょう(笑い)。

これは何もジャーナリストだけでは無く、歴史家、科学者、思想家、諸々の実務家、一般人、等のあらゆる人達に言えることです。彼等には現実が見えない盲人であると忠告します。

ある有力ネットジャーナリストのターゲットのロックフェラーは消滅しましたが、「ネットは最高権力である」と言った彼が倒したのでしょうか。違います。力を持たないジャーナリストが弁論だけで倒せるはずがありません。倒したのは強力なパワーを持つ銀河連合とその地下組織です。それも数十年という長い時間を掛けた総力戦だったのです。未だにイルミナティの残党との死闘が続いています。

イベントに続く宇宙文明改革で全てが変わると再三指摘しましたが、株式市場は間もなく無くなります。直ぐじゃありませんが10年後の銀河連合が目指す改革完了時までには確実に廃止されるでしょう。そしてその後諸悪の根源であるお金も無くなるでしょう。これが私の考えるアセンションです。

さらに言えば、過去記事「地球の未来 創造主のメッセージへの思い(4)」で述べたごとく、無くなるのは証券会社やお金ばかりではなく、現代文明の、家、都市、道路、車、東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、等あらゆる物が地球浄化のために地下に埋没し、跡形も無くなるのです。これを私は今から20~30年後の2035~2045年ごろだろうと考えます。

大変なことですが、けれど地球人類がアセンション後それを望まず、地球浄化の新しい方法が見つかって、さらに意識体である地球との合意ができた場合に限りこのパニックは回避可能であろうとも考えています。

この様なパニック的考えは外れてくれると良いのですが。

続きます。


--------------------
本日のボーカロイド
(上記クリックで同上ブログへ)
--------------------
【IA】夕陽ケ丘に咲いた花は【オリジナル】


今日は「IA」のオリジナル曲で「夕陽ケ丘に咲いた花は」です。アップは2014年12月、曲:mie、動画:春日菖蒲、の皆さんでした。大作で曲、動画共に凄い。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。