いよいよ始まった!!新地球創世期!! 9 徹底的改革(2)

ブログ「Dream スピリチュアルルーム」さんの記事「新しいホログラムー移行」によれば、「今回の変化は、3次元的領域でのピラミッド型の世界は終焉を迎え、5次元的領域の世界(個の時代)へと移行する」、のだそうです。これは現在の3次元物質世界、即ち階級社会から5次元世界の個の時代へと言うことでしょうか。

今日は「徹底的改革」の続きです。


3.宇宙文明改革

今回の改革を宇宙文明改革としました。理由は①現在の3次元物質文明から5次元の宇宙文明への転換、②宇宙人の銀河連合主導で行われる、であるからです。そしてその改革は抜本的、徹底的になることは前回述べた。また、改革内容については本稿「新地球創世期」でず~と述べてき通りだが、なにせ未知の分野と筆者の未熟さで充分とは言いがたい。そこで今までの総括の意味を含め、改革に焦点をあてて思いつく侭に述べてみる。

改革の計画や指針は既に述べたように、銀河連合側の「NESARA」、「イベント…変化に備えよ!」(アンドロメダ評議会)、および、「地球創生プロジェクト」(同評議会)、人類側の思想的な「ProjectGAIA」、実際的な「Project Vega」がある。


(1)改革の目的

地球の3次元である物質文明、即ち、イルミナティ文明を終わらせ、5次元の宇宙文明に転換することである。このため地球を支配するイルミナティ掃討作戦が20年以上前から銀河連合主導で実施されており、同作戦はほぼ終了の段階を迎えている。同連合はこれを惑星の浄化としており、太陽系以外の惑星でも同様の作戦を行っている。3次元から5次元への惑星アセンション実績も持っている。


(2)ビックイベントとNESARA

ビックイベントが始まれば突然、電力、水道、ガス、銀行、等ののインフラは一時停止(二週間程)、銀河連合の宇宙船が地球へ着陸、各国に革命政権が誕生、報道機関も銀河連合が占拠、同連合の監視のもとにNESARAが施行され種々の改革が実施される。

改革の根幹は「NESARA」であるがより具体的には「イベント…変化に備えよ!」であるので双方は一体である。なお、本稿の記事では前者は「NESARA公布宣言」の2章の「NESARAの内容」、後者は「パニックに備えよ」の3章の「ビックイベントとは」および5章の「イベント…変化に備えよ!」を参照ください。

NESARAが公布され、実行されれば、人類は全員が豊かになり、平和になり、自由になり、宇宙技術を使って病気のない社会になります。(「宇宙人の告白」 田村珠芳 著 2013年 より)

なお、銀河連合はこの改革の完了を2025年に予定している(ビックイベント後10年間で完成させる)。


(3)世界の富の再分配

これこそが目玉であり改革の成否を決める重要政策である。一部富裕層に1極集中した世界の莫大な富を全世界の人民に分配する。それと莫大な国や自治体、および、個人、等の負債も全額免除するこれは徳政令である。これらは現在のイルミナティ資本主義社会を終焉させる目的を秘めている。

人民への分配は「イベント…変化に備えよ!」によれば全世界の人民に一人当たり10万ドル(日本円で約1,200万円)を給付する。その他、誠実な起業家一人あたり10億円ずつ無償提供、等が予定され人類は有り余る豊かさを実感できる。それから、個人の負債たとえば不動産購入による借金も全額免除される。

分配の源資は1998年に始まったNESARAにおける世界最大のサンジェルマン資金があり、その他に銀河連合がイルミナティの超富裕層、王族、等から召しあげた巨額資金がプールされている。そして、さらに今もこの富裕層からの召しあげは継続している。だから何れ豪華なお城に住まう王族達は城を出て一般住宅に移り住むとされている。


(4)イルミナティの大量逮捕

既にイルミナティの中堅クラスの逮捕は始まっているが、これは同幹部連中に途轍もない衝撃を与えたとされている。いずれビックイベントが始まればイルミナティの大量逮捕が実施される。ロスチャイルド、ロックフェラー、ブッシュ、チャイニー、キッシンジャー、ラムズフェルド、各国のイルミナティ関係者、等多数が逮捕される。


(5)資本主義社会の終焉

3次元世界の特徴である金銭と物質主義の資本主義制度は5次元の宇宙文明では不要であり破棄される。

証券市場は廃止、株式会社は株主に資本金の返却、となっており証券会社は廃業、株式会社もなくなり資本主義は終了する。当然大量の失業者が発生する。公開市場では金は取引されない。そして投機は許されない。

銀行制度もFRBは直ちに解体される。部分準備銀行制度は廃止になり、現代銀行制度は崩壊する。イルミナティ系の全銀行は破産する。そして全ての人民に繁栄をもたらす新しい公正な金融システムが導入される。

お金の要らない社会に徐々に移行する。これはイベント後、次項以下に示すエネルギーおよび生活必需品等の無料化などでお金が必要なくなるためである。進んだ宇宙文明ではお金は存在しない。

私的財産制度もいずれ無くなる。これはお金が不要になり人々の意識は、自分の財産に執着しなくなり、時間がかるが同制度は崩壊する。

資本主義の腐敗した社会が終わり清浄な世の中がくると「宇宙人の告白」(田村珠芳 著 2013年)は次のように述べる。「紙切れによる通貨制度も終わり、金や貴金属と、それに塁するものによる通貨制度がとり入れられるようになります。世の中は、水晶のように透明な世の中になっていき、腹黒い人たちの時代は終わります。正直で、賢明で、能力のある指導者たちの時代がやってくるのです。」


(6)世界、国、自治体、税制、個人、等の変化

ビックイベント後、各国に革命政府が樹立されその後、世界、国、自治体、税制、個人、等は大きく変化する。まず世界政府が設立され、各国の革命政府は落ち着いた段階で民族単位の州に変わり、世界は地方自治体が中心になって運営される。勿論、銀河連合が全世界を監視しサポートをする。

現在の国連等の国際機関はイルミナティが所有する組織であり全て解体され、銀河連合と協働する世界政府が誕生する。まあ、戦後日本政府と占領軍GHQの関係と考えれば分かり易い。当然ながら軍隊は無くなり、兵器産業も消滅し戦争は無くなる。

国に変わる州は下位の自治体と世界政府の調整機関であり、自治体が中心になって住宅等必需品の生産、農業、教育、福利厚生、医療、警察、裁判、等を実施する。自治体規模は1~3万人が理想とされ、基本的に自給自足でその運営は住民の協力による。

税務署は廃止される。所得税等は無くなる。税は食料等必需品を除外した物品に対して14%の消費税のみとなる。これは自治体、州、世界政府の運営資金になる。

健康保険は無料となり、ホームレスと貧困も無くなる。個人は週5日出勤の一日3~4時間動労である。従って、余暇で豊かな創造的な生活ができる。

以上は「ProjectGAIA 拡張プラウト主義 」を参照しました。


(7)銀河連合による地球人類の教育

地球人は宇宙人から進んだ宇宙文明について学ばなければならない。ビックイベント後、銀河連邦の連絡員が教師として地球各地に派遣される。そして学ぶべき内容を以下に示す。

1)超能力(サイキック能力)の回復トレーニングを受ける。
トレーニングにより国や民族による言葉の壁は消失すし、失った転生の記憶も回復する。なお、回復としているのは超古代人類は元々それらの能力を持ていたが地球で転生を繰り返すうちに次第に失われたからである。

2)波動調整訓練を受けて、光り輝く体を手に入れれば、大規模災害時などいざとなったら、宇宙人は本人の光の度数で識別し宇宙船へ救助するそうである。

3)波動の訓練を受ければ次元が異なる宇宙人とコミニュケーションができる。

4)銀河連邦は環境の浄化もします。そして、人間は宇宙のことと共に地球研修を受けます。

5)5次元へのアセンションの研修を受ける。
少しずつ覚醒してきた人間が完全に次元上昇するためには、お金の束縛から解放、悪いこと、不正、暴力などから遠ざかることである。

6)進んだ宇宙の医療を学ぶ。
新しく進歩した宇宙の医療システムが導入される。地球上の全ての人間に対するスピリチュアルな成長とヒーリングを実施する。私たちが完全なヒーリングを受けると、肉食を止めることになる。(動物はそれらが行っていることについて適切に評価される。)

7)宇宙技術を学ぶ。
現代の科学技術は宇宙時代には全く役に立たない。このため新しい宇宙テクノロジーについて学ばねば生活出来ないので真剣に取り組む必要がある。

8)宇宙や太陽系および地球の構造、歴史、等を学ぶ。
一般に地球で教わる宇宙や太陽系の構造や歴史は大きく間違っているので学び直さねばならない。たとえば我が地球の地底には高度な宇宙文明が存在することや太陽系の各惑星には進化した宇宙人が存在する等である。それから地球の歴史もほとんど書き換えである。

9)地球の科学、物理、等は学び直しである。
本稿の「4 アセンション」の1章の現代科学の失権、および、2章の宇宙の構造と次元、で述べたように現代科学等は大幅に間違っており学び直しである。

10)宇宙の思想、哲学を学ぶ。
現代の3次元物質文明における思想、哲学、等は5次元宇宙文明とは真っ向から対立しており全部破棄されねばならない。そしてハリー山科氏の「宇宙哲学」のような新しい思想等に置き換えねばならない。


(8)宇宙技術時代に突入

「銀河連邦は地球上の主要国政府に対し、このままでは地球が破滅してしまうこと、地球を救う方法は、すでにアメリカが持っている宇宙テクノロジーと、銀河連邦が持っている各種のテクノロジーを、地球人全体で使う必要があること。そして、人類の意識を現在の三次元から五次元へと高めることを求めています。
 そのために銀河連邦は全面的な支援を約束し、銀河連邦を構成する異星人の存在を公開し、同連邦が持っている宇宙のテクノロジーを、地球上でも公表するよう迫りました。」(「宇宙人の告白」 田村珠芳 著 2013年 より)

これは「NESARA」のことですが、2000年にクリントン大統領により署名されたものの今だ公布されることなく現在に至っているが、ビックイベントが実施されれば「NESARA」は公布され、今までイルミナティが押さえ込んでいたフリーエネルギー等の宇宙テクノロジーはどんどん公開されて宇宙技術時代に突入する。

宇宙技術時代に突入すると今まで有料だったエネルギー等は無料になり、人類は全員が豊かで平和で夢の様な時代になる。また、主な理論物理学の知識、エーテル、オーバーユニティー、反重力に関する科学、統一場理論など、他にもたくさんの科学が公開される。 さらに、イルミナティが国家安全保障という隠れ蓑の下に隠蔽されていたフリーエネルギー装置、反重力装置、音波ヒーリング機械特許を含む6000件の特許の公開される。


(9)生活必需品

「グレートシフト完全ファイル」(掘切直人 著、2012年)によれば「銀河連邦の異星人は地球人に光プロセッサーをプレゼントする。これまで化石燃料でつくられていた生活必需品すべての材料を、我々は光プロセッサーを使って異次元の光から直接作成し、皆さんに提供します。光プロセッサーは、食べ物、衣服、家屋から巨大な宇宙船などの乗り物まで、皆さんが望むものを何でも瞬時に創造できるように設計されています。」とあります。3Dプリンターで作られた自動車

宇宙文明に突入すれば、あらゆる生活必需品は我々が所属する自治体で生産され無料で支給される。

(なお、現在の地球でも3Dプリンターが利用されており、右の写真は同プリンターで製作された自動車です。)


(10)エネルギー

同じく同上書によれば、「宇宙エネルギーの入手によって、石油、石炭、天然ガスなどの地下資源、化石燃料がすべて不要となる。原子力発電所、水力発電所、火力発電所は閉鎖され、送電線や地下に埋め込まれているガス・パイプラインは撤去される。石油時代が突然終わり、電気と光の新時代に置き換えられる。これによって汚染されていた水、大気、土壌は浄化され、騒音公害もなくなり、資源獲得のために始められる戦争もなくなる。」とあります。

家庭には小型のフリーエネルギーによる発電装置が配布されるのでエネルギー代は無料になって、ガスも不要、送電線も不要になる。

フリーエネルギー装置右の写真はブラジルの発明家によるフリーエネルギー装置です。この装置はオーバー・ユニティー電力(入力電力よりも出力電力のエネルギーが大きいこと)を発生させる際、少しの起動電力が必要となる。装置は小型なため、車両や住宅または産業用にまで使用可能である。必要な入力電力は出力電力の2%ほどだ。(ブログ「自然の摂理から環境を考える」さんからの記事「ブラジル人発明家フリーエネルギー装置を市場にもたらす」より)


(11)交通

3次元物質文明の乗り物である自動車、列車、航空機、等は5次元宇宙文明では時代遅れで廃棄、アスファルト道路すらなくなる。

5次元宇宙文明の乗り物の紹介であるが、実は地球の地底には高度な文明を持つアガルタ国が存在するが、その乗り物を「Project Vega」からの抜粋で以下に示す。

アガルタの心で操縦する水晶テクノロジーの「電磁力そり」
地下都市内の交通にはさまざまな形態がある。可能な距離であれば、たいていの人は歩くことを好むが、スピードを求める場合には「電磁力そり」を利用する。「電磁力そり」はスノーモービルとよく似ていて、大地に沿って動くことが出来、横穴トンネルではかなりのスピードを出せる。たとえばこれで、シャスタ山からラッセン山近くにある第二の都市まで、ほんの二、三分で安全に移動できる。(シャスタ山からラッセン山間の直線距離は180km、所要時間3分として、時速3600kmである)

アガルタの電磁力列車「チューブ」
チューブは「電磁力そり」やバスケットとは別の交通形態で、トンネルの中を走る高出力・高速の電磁力列車である。チューブは、岩石でできた長いトンネルのようなもので、たとえば、テロスとポシディッドを結ぶトンネルは、完全に丸く、車体はどことなく地下鉄に似ている。しかし電磁力のインパルスで走るチューブは周囲に力の空間を生み出すので、列車の側面がトンネルの側壁に接触するようなことは決してない。最高速度は時速4800キロである。テロスとポシディッドの間を、わずか二、三時間で結んでいる。(テロスとポシディッドはアガルタの都市、前者はアメリカ、後者はブラジルにある)アメリカのチューブ列車


最近「時速1200キロ」の衝撃、米「チューブ列車」構想が始動、中国は「4000キロ」で開発狙うと言うニュースがあったが、もう日本のリニア新幹線は時代遅れなのだ。右上はそのイメージ、右下は中国の開発風景である。中国が開発中のチューブ列車





続きます。

前記事
いよいよ始まった!!新地球創世期!! 祝イルミナティ滅亡
いよいよ始まった!!新地球創世期!! 2  その輝ける未来とは
いよいよ始まった!!新地球創世期!! 3  パニックに備えよ
いよいよ始まった!!新地球創世期!! 4  アセンション
いよいよ始まった!!新地球創世期!! 5  アセンション(2)
いよいよ始まった!!新地球創世期!! 6  アセンション(3)
いよいよ始まった!!新地球創世期!! 7 NESARA公布宣言
いよいよ始まった!!新地球創世期!! 8 徹底的改革(1)


--------------------
本日のボーカロイド
(上記クリックで同上ブログへ)
--------------------
【初音ミク】メリュー【オリジナル】


今日は悲しい曲で「初音ミク」のオリジナル「メリュー」です。こんなに悲しい曲は初めてです。アップは2015年5月、制作は、music:ナブナ、原画・背景:No.734、作画・アニメーション・動画:あわしま、の皆さんです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。