いよいよ始まった!!新地球創世期!! 8 徹底的改革(1)

激しかったケムトレイルも嘘のように無くなり、初夏の空は青く晴れわたって清々しい。もうじきビックイベントが始まりそうである。そうなれば我々の想像を超えた天国のような時代が始まりまる。そして我々の大半の悩みは解消することになる。

今日からこのシリーズの最終テーマです。当初は地球再生プロジェクトを予定していましたが、状況は私の考えるような甘いものではなかったので変更して「徹底的改革」です。

今回の改革は我々の身の回りの物、車、家、都市、学校、自治体、政府、企業、工場、エネルギー、交通機関、等々が全て作り変えられるか破棄されると言う徹底的なものである。すなわち、我々現代人が住まうイルミナティ社会を全て破壊し、代わりに宇宙文明を導入しようとするものであり、そしてそれは前回のNESARAを中心に始まるのでこれををもう少し掘り下げてみたい。

前記事
いよいよ始まった!!新地球創世期!! 祝イルミナティ滅亡
いよいよ始まった!!新地球創世期!! 2  その輝ける未来とは
いよいよ始まった!!新地球創世期!! 3  パニックに備えよ
いよいよ始まった!!新地球創世期!! 4  アセンション
いよいよ始まった!!新地球創世期!! 5  アセンション(2)
いよいよ始まった!!新地球創世期!! 6  アセンション(3)
いよいよ始まった!!新地球創世期!! 7 NESARA公布宣言

本論に入る前に、一言、お断りして置きたい。これらのブログ記事は私の独断と偏見で、自己の感性だけを頼りに作成している。そして、取り上げる対象が未知の宇宙人であり、今述べているような事は未だ誰も真正面から取り上げていない分野で、さらに悪いことに私が宇宙人に取り組んで半年に満たない未熟者であり、常に間違う可能性を秘めており、もし大きな間違いをお気付きの節は是非ご指摘頂ければ幸いです。

そして記事作りの資料についてだが、アンドロメダ評議会コブラ情報を信頼している。しかし両者にも若干の相違がある。例えばポールシフトだが、前者は計画しており、後者はあるかもしれないし無いかもしれないと慎重であるので、前者は多少割り引く必要があると考えている。さらに、得難いブログとして、チビのおもしろ日記、最近注目しだしたのが、宇宙への旅立ちである。そしてこれから調べねばならないのが宇宙組織の記事が多い竹下雅敏氏のシャンティ・フーラであるが、先日の同ブログ記事サルーサの犯罪は衝撃的である。

さらに、このテーマの基本はやはりProjectGAIA、および、Project Vegaであり後者が特に重要であると考える。

以上は余談で以下が本論です。

1.現状

広大な宇宙から見ると我々地球人類の文明レベルは幼稚園児に相当し、地球技術は銀河連合より百万年~一千万年も遅れた絶望的水準にある。そして、彼らは何百光年以上も離れた遠方の星々から宇宙船で無数に飛来し地球そして太陽系をぐるりと取り囲んでいる状態にあり、その宇宙船の数は何百万艘(何億艘の説もある)と言われ、その大きさは遠距離航行用母船で最大のものは木星規模と言われる。

現在の地球の状況は丁度147年前の日本における明治維新の開国時に相当し、圧倒的な文明力、技術力、軍事力に包囲され宇宙への扉を開かざるを得ない状態にある。その端緒が以前稿で述べてきた銀河連合のビックイベントであり、その政策的根幹をなす宇宙協定NESARAである。これらは銀河連合が主体となって秘密裏に準備がなされ実施は秒読みの段階にあるとされている。

そして改革は冒頭に述べたように中途半端は許されない徹底的なものでかつ宇宙人の銀河連合が主体で行われる。このため宇宙人の理解と我が地球の現状を把握するために、太陽系が含まれる銀河セクター9を管轄する艦隊司令長官アシュター氏のメッセージの抜粋を下記に示す。

アシュターと銀河間連盟からのメッセージ(2013年5月12日)抜粋

1)最近ワシントンDCにおいて、ETのデスクロージャーに関する市民公聴会が開催され我々も参加したが、そこで提起された問題であるが、ETとはどのような存在なのか?彼らは何が欲しいのか?私たちは安全なのか?について、私はここでこれらの疑問に拡大した形でお答えする。

2)2012年12月21日から銀河の中心からのエネルギーパルスの通り道が出来たことにより、この照射エネルギーは、まだ進化していない地球人の体内に12条のDNAを作り出し始めるので、地球人を高い意識状態に上昇させる。

3)ET種族の地球への関与は6500万年前に遡り、そして現在まで地球にはETが居住しなかったことはなく、ETが訪問しなかったことはない。地球はETによって創造の時代から緊密に観察されており、ETへの恐れをもとにした考えは避けるべきである。

4)超古代にはオリオン戦争がありました。戦争の結果、リラ、シリウス、プレアデス、及びベガから移住してきた者がいました。初めからこの戦争に関係していた者にはアルクトゥルス、アンターレス、アンドロメダ、プロシオン、ビルゴ、大熊座、小熊座、レオ、サグ、内環の金星、火星、土星、木星、外環惑星である、天王星、水星、冥王星、海王星、1億、10億の銀河、アルシオン、セントラルサンがあります。

5)地球には人工の、ETが掘った、内部地球に通じるトンネルがあります。深さ5マイルから800マイルまでのものもある。それに加えて、最近地球への侵入者によって作られた地下基地もある。

6)銀河連合から推進用の核融合とフリーエネルギー技術を贈られた地球の科学者たちはそれらを武器に転用しました。

7)上記でヒットラーはそのうちの一人でした。彼は、彼自身のプランの為に地球の資源を利用しようとして24世紀から地球に戻った、タイムトベルをするETでした。

8)ネガティブなETは全て地球から排除され、2009年の11月以降はここには住んでいません。ネガティブなETに協力をしていたカバール(イルミナティ)の人間も地球から排除されました。今だにその地位についていると見えるのは、クローン又はソリッドなホログラムです。

9)オバマ大統領がデスクロージャーの告知をする時には、地球上のETの説明が行われ、人間に害を及ぼす意思を持つETは地球の表面及び内部には存在しないことが明らかにされます。

10)銀河連合は全てのトンネル、ポータル、及びスターゲートを点検し、これら全てを支配下においています。地球における二元性は終わりになっています。私たちは今、五次元の世界にいます。地球上のETに恐れを抱く必要はありません。

11)ネガティブなETに協力していた者は国際刑事法廷において裁かれ、銀河間犯罪に相当すると認められれば、太陽法廷で裁かれます。デスクロージャーに引き続いて、地球の改革が行われるでしょう。

12)デスクロージャーと共に、ETの宇宙船のあるものがビーム兵器によって撃墜されたことが明らかにされるでしょう。又、ETが50年間以上動物として拘留されていたことも明らかにされるでしょう。

13)秘密の宇宙プログラム、地球の地下とテラのシャトルの間を結ぶトンネルのことも公開されます。

14)デスクロージャーと共に、ネガティブなETによる誘拐と動物虐殺にも光が当たるでしょう。


2.アセンションと改革

世界は3次元から5次元へアセンションしようしている。ところが人類は3次元世界の特徴である二元対立性(善と悪、男性と女性、等)、ネガティブ、物質主義、金銭主義、闘争、競争、エゴ、怒り、恐怖、等の感覚にドップリ浸かって抜け難く、そのうえ有史以来からず~と闇の勢力である宇宙人のレプティリアンとイルミナティに搾取、洗脳され、支配されてきたので、ここ100年来密接に関わってきた宇宙人の存在すら秘密とされ一般人には知らされていない。このままでは、一元統一性、ポジティブ、精神主義、愛、物々交換、協調、共存、創造性、等を特徴とする5次元へのアセンションすら難い状態にある。

木に竹を継ぐことはできない。3次元の幹に相反する性質の5次元宇宙文明は継げないので、現在の制度や文物は放棄し全く新しい宇宙文明に入れ替えざるをえないが、はたして、地球人が簡単に受け入れるだろうか。過去の明治維新時でも西洋文明を受容しえたのは世界中で日本一国であった。だが現在の資本主義文明は富の寡占化や腐敗と貧困が横行する一種の奴隷制度であり、こんなものは早く卒業すべきである。そして、進んだ宇宙文明に乗り換えることが人類の幸福に繋がる。

そして銀河連合もそれを望んでおり進んだ技術の提供や改革への協力を喜んで引き受けてくれるであろう。こんなことを言うとすぐ「代償もなく無駄な努力をする奴はいない何か下心がある」の返答がくるが、これは、我々の狭い3次元における物質的思考である。そうではなくて、彼らは銀河の安定のために働いていおり、そのために彼らは地球にず~と関わってきたのだ。

宇宙人の関与が強まったのは1900年代初頭のナチスからだが1940年代の核爆弾開発で彼らはより監視を強め、その後何度かの核危機を無力化したのも銀河連合であり、もし彼らがいなかったら大惨事で多分人類は滅んでいただろう。そして1990年代初頭から始まるイルミナティ退治は宇宙人が指揮をとって現在にいたり、この改革の端緒となるビックイベントやNESARA発効間近までこぎ着けることができたのである。

最近またNASAスペースXの宇宙ロケット打ち上げ失敗があったが、同組織はここ何年か失敗続きだがこれは宇宙連合が成功させないのである。

とかく人類は己一人で進化してきたように考えるが、間違いである。超古代から地球には管理者が存在し、彼らにより地球という実験場で培養されて完成したのが我々人類なのだ。管理者とは高度な宇宙人かも知れないしこの宇宙の創造主かも知っれない。何れこれらは地球が宇宙文明に突入すれば明らかになるであろう。


続きます、次回は本論です。

--------------------
本日のボーカロイド
(上記クリックで同上ブログへ)
--------------------
【初音ミク】リトルパレード【オリジナルMV】


今日は初音ミクのオリジナル曲で「リトルパレード」です。未来を感じますね。アップは2015年4月、制作は、illust:chi@ki、movie&effect:ururun、music&lylic:けーだっしゅ、の皆さんです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。