いよいよ始まった!!新地球創世期!! 5  アセンション(2)

今日は、アセンションの続きです。ところで、イルミナティの逮捕・裁判、イルミナティ法廷がまもなく始まるようで楽しみです(まもなく「イルミナティ法廷」が始まる! 15/05/10)。ビックイベントも近いと思います。


(3)第二の太陽

小型太陽Takoma皆さんは、第二の太陽が誕生していたことはご存じでしょうか。右の写真はアンドロメダ評議会日本代表矢代あきら氏が2013年1月21日にハワイの自宅から撮影された小型のもう一つの太陽タコマ(Tekoma)です。これは同氏のブログの記事「小型新太陽Tacomaが太陽の左上に出現!」によるもので、次のコメントが掲載されています。

「これは宇宙の進化の過程で4次元移行へ入るための準備です。すでに 新しい小型太陽が我が太陽系内に追加配置されましたTakomaという恒星は大きさが天王星とほぼ同じで、薄オレンジ色の光を放っています。バイナリーの太陽系の準備ができると、地球と金星の間に配置され、金星の近くにTakomaが見えるようになります。この小型太陽Takomaは、Nihohia(ニホヒア)という地球のような惑星を伴い、太陽系内の木星の裏側にステーション中なのです」

と言うことで、これはデモンストレーションであるらしく、アンドロメダ評議会からの発表もないので、今は木星の裏側に隠れていて登場を待っているのであろう。なお、この伴惑星ニホヒアには非常に穏やか・親切・平和的なライトブルー人が住んでいるそうである。


(4)地球創生プロジェクト

そして、同評議会は我が太陽系および地球に大幅な設計変更を計画している。同評議会の「地球創生プロジェクト」では、これから起こる現象として次の6項目を挙げている。

①地球のポールシフト及び南北の磁極移動と地軸の修正。
②3次元で人工的に作られた物質は高次元領域では消滅する
③第二の太陽となる褐色矮星と惑星が太陽系に加わる事になる
④2012年から2017年にかけて惑星地球は高い次元への変容が起きる。
⑤生命体の遺伝子回復とクリスタル結晶体への変容。
⑥時間は低減して行き、やがて消えてなくなる。(時間の喪失)


ポールシフト
ポールシフトは過去に何度も起きていて地球規模の大災害を引き起こす。約1万2000年前に起きたムー大陸、および、アトランティス大陸の沈没の原因とも言われている。今回は大丈夫だろうか。アンドロメダ評議会は「5次元以降に関する質問-地球人の変化」において、次のように述べている。

この高次周波数振動の飽和は2011年の終わりから始まり、2012年全期間にわたり、2012年の12月に再強度に達し、2013年3月全期間において地球の地殻の最後の90度の地殻変動が起き、それにより東/西回りだった自転が北/南回りの自転に変わります。

磁力的ポールシフトもおきます。逆回転のものです、この時期に、ですが、地球の人々には一切問題を起こしません。地球の電子体系の調整期間は一時的には勿論あるでしょうが、二三時間続くだけだと思われます。問題となるような事は無いでしょう。困難な事があるとすれば、アンドロメダ評議会の生物圏の一群が援助の準備ができていますし、援助します。

現在の23.5°の地軸のずれもまた修正されるでしょう。そしてそれ以降は存在しなくなります。つまり、全体的にこれが意味するのは、惑星地球には穏やかな気候が訪れるということです。


アンドロメダ評議会はこれらが2013年に起きるとしていたが、まだ大規模なポールシフトは起きていない。このことはブログ「日本や世界や宇宙の動向」さんの記事「ポールシフトが加速しています! 」で確認できます。

しかし、アンドロメダ評議会が計画している反時計周りに90°のポールシフトは地球上の生命に甚大な影響がでる。我が家の地球儀状ゴムボールで実験してみると、北極、南極は今の赤道上の何処かに変化するが、サウジアラビア、アフリカ中央、南米北部、インド、シンガポール、等になる確立は高い。当然、これらの地域が北極、南極になれば人は住めなくなる。

このように星の挙動を易々と制御できてしまうアンドロメダ評議会や宇宙連合とは我々地球人にとって神としか言いようがない。そう言う世界に我々は居り、好むと好まざるとにかかわらず彼らと係わっていかねばならない宇宙時代が到来しているのだ。

人工的に作られた物質は高次元領域では消滅する
3次元における物質世界の人工的物質は次元上昇によって消滅するとあるが、信じられない。ならば、我々の家や都市も消滅することになるが。

③は前項で述べた。

④~⑥は次項で述べる。


(5)アセンションとは…

今年の太陽が近年になく強烈であり、木々の緑も鮮やか、そして時間の進みが益々速くなっている等を、気がついている人も多いと思いますが、私はこれがアセンション(次元上昇)の影響であると考えています。

アセンション(次元上昇)は何時までに、如何なる変化が起きるのだろうか。

アセンションの時期としてアンドロメダ評議会では前項の④で、2012年から2017年にかけて惑星地球は高い次元への変容が起きるとしている。

変化として、前項で⑤遺伝子回復とクリスタル結晶体への変容、⑥時間の喪失を挙げているが。さらに詳細についてアンドロメダ評議会が最新の宇宙情報(高次元の正体)「高次元領域とは 12/12/10」で下記のように示している。

高次元波動領域では
バクテリア、ウィルスなどが生きられない。
病気が全くなくなる。 その結果、序々に医者もいらなくなってくる。
人間は死ななくなる。
時間もなくなる。
人間の寿命は飛躍的にのび、6千歳~1万歳という年齢に達する。
人々は若返る。65歳の人は30歳~35歳代に見えるようになる。
人間の細胞膜とDNAは、炭素系からクリスタル結晶体へ変容する。
半透明の体で内側から輝くようになる。
クリスタル結晶体は、ほぼ半永久的で内側から光を放つようになる。クリスタル細胞は短い不可視光線に敏感に反応する。
食べ物を食べる必要もなくなる。食べるものも、フルーツや野菜が中心。
フォトン(光)エネルギーが生命の栄養素となる。
体重は10分の1以下に減量。但し、身長が伸びる。
自分の意識の持ち方で、空中へ移動、浮かぶ事も移動も可能。

要は、人類が超能力者に変化するのである。超能力は地球初期の人類、すなわち、地球へ飛来した宇宙人は皆持っていたと考えられ、地球に暮らす内に徐々に失われたが、今回のアセンションによって機能を回復するから、前項に述べた⑤遺伝子回復なのである。

アセンションによりその寿命が1000歳であるとしたら喩え高齢者であってもボヤボヤしていられない、まんだ赤子同然ではないか。もう我々の時代は終わったと思っている老人諸君、遣ることが一杯あるではないか、まず勉強である。

我々人類は輪廻転生を繰り返す永遠の生命体であり、ここで終わることはない。人生はこの世限りだと言うのはキリスト教等宗教の聖職者達が己の利益のために作り上げた間違った思想である。その挙句が現代の金銭欲一辺倒の堕落した世の中である。人が輪廻転生する永遠の生命だと知れば強欲悪行の限りを尽くす刹那的な生き方も出来なくなる。そして死を恐れないので善を行いやすく成る。輪廻転生とは素晴らしい思想だと思う。


我々は如何なる準備をすべきか
では、アセンションに対して我々は如何なる準備をすべきかを、同評議会は「4次元に関する質問 - 4次元の生活」および「5次元以降に関する質問-地球人の変化」に示しているのでご覧いただきたい。下記に主なものをリストアップする。

4次元の世界に移行とは
2014年1月初旬に肉体が地上にあればほとんどの人は少なくとも4次元に移行します。高い波動と本質的魂と精神を持つ人は5次元に移行します。

[Q]一部の人が言っている、高次元に進化するためにくぐらなければいけない変換室、門、ドアというのは本当なのですか?技術によって、または天然素材で作られたという。
[A]いえいえ、絶対にありません! 進化の段階やスピリチュアルな気づき、波動も関係ありません。2014年の1月に体が地球にある、それだけであなたは高次元の人間へと変化することになります。

3次元の世界に住み続けたい人
3次元の生活を選択する場合、地球が今のように工業化する前の原始の汚れない地球に移ることになります。この惑星への移動と調整に10年~12年かかると我々は試算しています。

5次元に行くとは
4Dに住む人が、6000~10000歳に達し、充分学び、社会に充分貢献し、そして彼らにとってちょうどいい瞬間だという時に、シンプルに彼らは次へ進む事を選ぶのです。つまり5D(第五次元)への変換です。

続きます。


前記事
いよいよ始まった!!新地球創世期!! 祝イルミナティ滅亡
いよいよ始まった!!新地球創世期!! 2  その輝ける未来とは
いよいよ始まった!!新地球創世期!! 3  パニックに備えよ
いよいよ始まった!!新地球創世期!! 4  アセンション

--------------------
本日のボーカロイド
(上記クリックで同上ブログへ)
--------------------
【鏡音リン】 東京ルミネッセンス 【オリジナル曲】


今日は少し変わったアンチーク趣向で「鏡音リン」のオリジナル曲「 東京ルミネッセンス」です。でも、4月の週刊ボカロランキング25位曲です。曲調から戦前、昭和初期、1900年代中期のものであり現代がアンチークを求めているのでしょうか。アップは2015年4月、作者はdateken氏です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。