宇宙人探訪 8 アレックス氏講演の要約 1

1994年アレックス・コリアー氏講演の動画を見て、もう20年も前の講演であるにも関わらず、宇宙人初心者の私は大きな感銘を受けた。これに加えて、以前記事「現代の創世記」で取り上げたProject Vegaを読み、あのに氏のイルミナティ論文を見ているので、イルミナティと宇宙人の関係が、言い換えると現実世界と宇宙世界の関係がさらにハッキリしたように思う。

なお、アレックス・コリアー氏は以前記事で述べたように宇宙政治組織「アンドロメダ評議会」のコメンテーターでもある(アンドロメダ評議会とは参照)。

以下に同講演で印象に残った事項を思いつくままに述べる。


1.アンドロメダ


(1)アンドロメダ人とアレックス・コリアー氏

アンドロメダ人は時間を超えて1964年にアレックス・コリアー氏に接触しにきた。そして他にもミディアム(媒体となる人)や、チャネラーなどいろいろな名前で呼ばれている人がいて、彼らもまたスピリチュアルのレベルで情報を受け取っている。

同氏のコンタクト相手のアンドロメダ人の「ヴァセイアス氏」は慈善的で賢者で司令官あるいは長老の様な人であり、「モレネイ氏」はユーモアのセンスがあり頼れる兄貴って感じである。彼らとは魂レベルで知っているという認識があり過去生を共にしたこともあるらしい。


(2)アンドロメダ人について

彼らは人間タイプ宇宙人で地球から250万光年離れたアンドロメダ星雲に住んでいる。肌は明るい白から明るい水色で、背丈はおよそ120から240cm、言葉は話さないでテレパシーを使う、透視能力も持つ、さらに約120年~150年学校へ通う。そしてお金は存在しないが、これは彼らの想念が全て現実になり、たとえば家が欲しと思えば家が出現するのでお金は不要になる。

我々の社会より大体4、700年スピリチュアのレベルで、技術レベルで約50,000年進んでいる。また彼らはライラ(琴座)が発祥である(すべての人間型宇宙人はライラすなわちリラ星発祥)。

全部で28の種族がいて、そのすべてが人間というわけではなく、多くは異次元にいたり、プラズマ体であったり、有機体だったりする。次元を超えた空間には多くの生命が存在している。


(3)オリオン大戦争

人間種とレプティリアンとの間に宇宙世界を2分するオリオン戦争が勃発した。そして60万年間に渡って戦われた総力戦だが決着が着かなかった。戦火は収まったがその対立は現在も継続している。それで戦後、様々な宇宙政治組織が作られ、人間種が集まったのがアンドロメダ評議会である。


(4)アンドロメダ評議会

人間種宇宙人により結成された政治的組織のアンドロメダ評議会は、今では133の異なる種族、文化、そして惑星系から代表で構成される(計1,200以上の種族、惑星系が存在するが、すべてがアンドロメダ評議会の一員というわけではい)。地球にたとえれば国際連合であるが、違っているのは一つの政治上のアジェンダ(課題)を持つことである。それは銀河宇宙に存在するすべての生命の進化(次元上昇)を促進し、助長することである。

それはすべての生命を外部からの欺きや操作なしで、自分たち自身の力で進化(次元上昇)をさせることでる。この銀河における地球以外の22の惑星で進化(次元上昇)が起こっているが、残念ながら地球は停滞しており泥沼状態であり進化(次元上昇)を阻まれている。これは前項で述べた根強い物質主義やDNA操作のせいであり、その下手人は地球を搾取支配するイルミナティとその上に君臨する宇宙人である。


(5)アンドロメダ評議会の地球への接触

以前から同評議会は地球におけるレプテリアン支配や特に核兵器使用に強い懸念を持っていた。同評議会の最初の地球への接触は1980年であるが、これは過去何千年もの間、地球人とのかかわりをもってきたプレアデス人(すばる座)の要求による。

実際プレアデス人が地球へ戻ってみて、彼らは彼らの過去に直面することになった。プレアデス人たち自身、過去に非常に多くの内戦や他の種族の紛争を抱えていた。そして彼らは、ちょうど4,5次元の意識レベルに移ったばかりだったので、地球を支配するグレイやオリオン・グループ等との争いの空間に再び身を置きたくなかった。

しかし、全宇宙におけるレプテリアン勢力の増大を懸念するアンドロメダ人主導によって地球の進化(次元上昇)問題にプレアデス人とシリウス人と一緒に取り組み始めた。なおシリウス人はシリウスAである(地球との距離約8,6光年)。

彼らのたった一つの目的は「この銀河系で私たちのいる部分を進化に導くこと」で、その足をひっぱっているのが我々の太陽系であり、その太陽系の足を引っ張っているのが、地球人類の低意識レベル(金銭的、物質的、嫉妬、憎悪、敵対意識、生存競争、等の3次元意識)である。


(6)アンドロメダからのコンタクト概要

彼らから与えられた情報は、グレイ、地球の課題、私たちのスピリチュアリティ、宗教、地上の政府について、それから地球の歴史、私たちの遺伝子における情報について即ち時代を超えて行なわれてきた22の異なる諸族による地球の植民地化についてで、私たちのDNAに彼らの種としての記憶が遺伝情報として受け継がれていること。

そして、現在起こっていることと、将来「起こりうる」ことについてです。「起こりうる」と強調して言うが、それは、私たちの考えにもとづいて、未来は日々創られ絶えず変化してていくものだからだ。これらのコンタクトは1985年から増加し膨大な量でありこれを8冊の書籍に纏めてあり、短時間では説明不能である。


(7)アンドロメダから頼まれた事

情報を広めてほしいと彼らからの頼まれた。今現在、UFOにかんする情報の調査をおこなっているが、調査内容が正しいかどうかを彼らに聞くことだ。これは正しい、間違っている、と彼らは言うわけだ。巷には多くの誤った情報がでまわっているので、真実の情報だけを集めようとしている。そして、アンドロメダ人達の見解をふくめて、それらの情報が私たちにどう影響するかを考えるが、かなりひどい状況にある。


2.次元について

3次元と4次元の違いは「意識」にある。4次元の世界では思考が瞬時に現実化(物質化)できる。だから、考えること一つをとっても大きな責任がかかってくる。さらに4次元ではよりグループ・マインド(互いにつながっているという意識)が強くなる。そして4次元ではみなテレパシーができるから、みなお互いの心を読むことができる。誰かとすれ違ったり、手を触ったりするだけで瞬時にその人の全てが分かる。だから隠し事はできないし本当の自分で居なければならない。

次元を超えた空間には多くの生命が存在する。仮に僕らが5次元の世界にいるとしたら、僕ら自身では自分たちを肉体をもった存在として認識できるけど、3次元の存在からは5次元にいる僕らはスピリット(魂)だけの存在に見える。

アンドロメダ人の種としてのゴールは、彼らが今いる3,4,5次元からその上の6,7,8,9,10次元、そしてさらに上の11次元まで行くことだと思う。そして今では、新しい12次元が生みだされた。

アンドロメダ人達は9,10,11次元の存在たちと接触している。その高次元にいる存在たちは純粋な「意識」であろう。しかし彼らの生活が如何なるものか想像すらできないが、ただ光があるのみであろう。


3.タイムトラベル

アンドロメダが地球介入を始めたのは1980年と遅く、アレックス・コリアー氏のような地球人達とコンタクトするのに彼等は時間を遡るタイムトラベルを使用した。同氏の場合も同氏の理解が得られやすい幼い14歳の時まで時間を遡り行われた。このような手法はプレアデス人でさえある程度やってきていることで、時間をもどって初期の段階から人々を準備しはじめることをやるのです。

これは地球人類全体においても起こっていることだ。彼ら宇宙人がタイムトラベルできるのは4次元以上の生命体であるからであり3次元の地球人にはできない。


4.地球と宇宙人


(1)イルミナティの上に君臨し地球世界を操る宇宙人

主従関係あのに氏は宇宙人グレイがイルミナティすなわちロスチャイルドの上に君臨しているとしているが、そうではなくそのグレイの上にはオリオン・グループが、そのまた更に上にレプティリアンがいる右図(以前記事から再掲)のような主従関係にあることが分かった。


(2)宇宙人にDNA操作された人類

宇宙人のオリオン・グループが人類のDNAを操作し始めた時から1万4千年、特にこの5,700年の間に信じられないくらい欺かれ操作されてきた。

もしDNA操作等がなければ人類はアンドロメダ人と同等の能力を持っていた。我々は根強い物質主義やDNA操作により駄目にされ、彼らの奴隷として数千年にわたって搾取される監獄に入れられたようなものであった。


アンドロメダ人女性(3)宇宙意識体である地球は次元上昇を欲する

地球自身もスピリチュアルな存在として4,5次元に移りたいと望む。しかし、人間の意識レベルが低いせいで、彼女はいまだにそれが実現できないでいる。そして、それを成しえるためには、どちらか二つのことが起こらなければならない。一つには、アンドロメダ人が言うように人間が身を正して成長しなければならない。これがダメなら人間がとり除かれれる、プレデアス人すなわち、地球人類の消滅である。そして彼女は己の進みたい道をいく。


(4)地球にかかわっているおもな宇宙人

(友好的)
アンドロメダ人(人間種)
シリウス人Aプレアデス人(人間種)
シリウスA(半水生種)

(非友好的)
グレイ(アンドロイドを含む)
アルファ・ドラコニアン(爬虫類型種)
その他。
グレイ


5.イルミナティによる9.11テロ攻撃を予想する

アレックス・コリアー氏はイルミナティによる大規模なテロ攻撃を2011年7月または8月に起こると予想して(この講演は1996年)地球人の低意識に苛立ちと警告を発し、アルファ ドラコニアン 爬虫類型種意識レベルの飛躍的向上により達成できる地球次元上昇によって同テロ攻撃の解消に期待したが、夢は空しく大規模テロ9.11は予想どうり実現してしまった。


6.輪廻転生について

地球上のすべての人はどこか他から転生してきている。誰一人として例外は無い。私たちはみな違う時空から来ている。僕が理解しているのは、この宇宙に存在するすべての意識をもった魂は、他の宇宙からブラック・ホールを通じて時と空間を超えてくる。

私たちがとうてい確認できるようなことではないが、私たちは太古から存在している。私たちに年齢なんてものはない。私たちは宇宙とともに創られ、他の宇宙からブラック・ホールを通じてやってくる。この私たちが今呼ぶ「宇宙」へね。進化を続けるために。みんなです。本質的にはみんなそうだ。


続きます。

--------------------
本日のボーカロイド
(上記クリックで同上ブログへ)
--------------------
【GUMI】陽と影シンメトリー【オリジナルMV】


今日は「GUMI」のオリジナル曲で「陽と影シンメトリー」です。青春日記ですね、詞も、曲も、絵も素敵です。アップは2015年3月、制作は曲と詩:InspiLink、絵:けっけさん 、たちです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。