宇宙人探訪 2 現代の創世記

宇宙人に注目してネットを眺めるとそこは目眩く激動の世界であるが、これは我々が追及するイルミナティ世界でも同じで動揺はないが、なにせ新しい事ばかりで消化不良を起こし困惑している。

この目眩く現代の宇宙創世期とは如何なるものか。それは、ここ数千年間続いた西洋文明等の戦争文明、および、約2000年前に生まれた世界宗教であるユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教、等の終焉である。そして、地球のみの世界は完全に終了し全く新しい銀河宇宙世界の始まりである。だから今までの価値観、思想、哲学、社会、宗教、経済、医学、科学、工学、歴史、文化、等は完全に否定され、変わって頭に宇宙を付した、たとえば、宇宙哲学、宇宙科学、等のようなものが新たに生まれることになる。

これが、どの様なものになるかは予想できないが、宇宙人初心者の私を驚かせたものを列記してみる。我々はどうも地球に飛来した宇宙人の子孫であるらしい、ムー大陸もアトランティス大陸も実在したし地球の過去には現代を遥かに超越する高度文明が存在した、神ヤッハウエーやキリストは宇宙人であった、宇宙人の寿命は恐ろしく長く数万年のものも居る、人間の魂は不滅であり輪廻転生を繰り返す、宇宙船は恐ろしく高速であり250万光年離れたアンドロメダ星雲からたった数日で地球へ来れる、我々の世界は3次元の物質世界であるが宇宙人には4~12次元の世界までが存在する、アンドロメダ人は120~150年間も学校へ行き金銭は存在しない、科学技術に人間の想念が強く影響する、等である。

その想念で動く宇宙船の例を金星・土星を旅行したアダムスキーの「金星・土星探訪記」から以下に抜粋する。「p76 なぜ超高速で土星に行けたか 意識的な想念のスピードには限界がありません。土星へ私を運んでくれた宇宙船は意識の法則と同じ原理を応用して建造されています。ひとたび地球の大気圏外に脱出すると、この宇宙船は人間の意識的な想念と同じ作動原理にもとづいて動き始めます。意識的な態度をとるのだといってよいでしょう。その場合、船体の材質となっているすべての分子や原子が一つの奉仕、すなわち目的地へ人体を運ぶという奉仕のために結集した意識的な実体となります。このときは人間の知っている時間というものは関係ありません。行こうとすれば全く瞬間的に行けたかもしれないからです。」

このような驚愕の世界が今始まろうとしており、現代地球はまさに「宇宙創世期」であるが、決して大袈裟な表現ではない。そして、中心はこの日本からスタートすることが下記の地球創生計画「Project GAIA」において明記されているのである。


以上は前振りで、本筋の宇宙人探訪に立ち返ると、探訪の道筋、すなわち旅行の行程表が大まかに見えてきた。一つ目は「現代の創世記」と見られる「Project GAIA」および「Project Vega」の膨大な文集、二つ目は「あのに氏」のイルミナティ論文集、三つ目は考古学的宇宙人研究家「はやし浩氏」の動画集、四つ目は宇宙と宇宙人に関するブログ情報であり「つむじ風さん」、「Kazumoto Iguchi's blogさん」、「日本や世界や宇宙の動向さん」、「ふるやの森さん」等であり、五つ目は「アンドロメダ評議会」などの宇宙組織に関するもの、六つ目は中間生や輪廻転生に関するもの、七つ目はHarry山科さんの宇宙哲学に関する動画、八つ目は宇宙人(アンドロメダ)と交信するアレックス・コリアー氏の講演動画、等です。

今日は「現代の創世記」です。(以後は上記の順番とは限らずランダムで取り上げます)


現代の創世記

「Project GAIA」および「Project Vega」ですが、前者は銀河宇宙連合体との協議および交信をもとに作成された新しい天地創世計画でありこれは現代の聖書とも言える。後者は前者の計画を踏まえその具体的施策を述べ、さらに宇宙と地球の歴史を述べるがこれは壮大な叙事詩のようである。


1.Project GAIA―銀河系宇宙連合体と地球創生計画

Project GAIAProject GAIAとは、地球外知的生命体(銀河系宇宙連合体)から日本人のフランシスコ・ガブリエル(霊名)氏(以後、同氏と称する)に示された地球創生計画=宇宙経綸の総称を指しており、 これを同氏がブログメッセージとして記録したもの等を集大成した膨大な文集である。これは、これまで数千年に渡って積み上げられた既存の世界の価値観、歴史、思想、宗教、体制、科学、等を全否定する全く新しい地球創生計画であり、これから始まる宇宙時代における聖書である。

なぜ、今までの価値観等が全否定されるかというと、たとえば、これまで我々が崇めてきた神や使徒のヤハウエー、キリスト、仏陀、等は実は宇宙人であった。ヤハウェは、銀河系宇宙人類の祖ではあるが宇宙絶対神ではなく喜怒哀楽を有する高次の宇宙生命体である。さらにキリスト、仏陀、等は地球社会の腐敗や堕落による崩壊を留める意図のもとにヤハウエーが高徳霊魂を地球人に転生せたものである。そして同氏は富士山に飛来したヤハウェと会ったと思われる。

キリスト、仏陀、等を降臨させたヤハウエーの意図は尽く失敗に帰し、現在の地球は悪のイルミナティの世界に変貌していて崩壊消滅の危機にある。しかし、2002年に親玉の悪魔ルシファーが光の天子ルシエルとして甦り同プロジェクトに参画しているので何れイルミナティは崩壊しこのProject GAIAは順調に進展する思われる。

このプロジェクトの主体となる銀河系宇宙連合体は遠く銀河系誕生前に爆発したリラ星を発祥としており、その後、宇宙戦争等があり、我が地球へも過去に宇宙人が来て影響を与えているが(これらの宇宙史については次項で触れる)、彼らは地球の腐敗悪化を改善すべく今までキリスト等を地球に転生させて見守るのみであったが、一向に改善せずこのままでは地球崩壊消滅の恐れがあると見て我慢が出来ず本体が乗り出したのである。

すでに銀河系宇宙連合体から主力の144000人が地球に転生しており、主にこの日本から続々と優位な人材が登場してプロジェクトに参画して行くと考えられる。だから、これはまさに大和の国・日本から、理想郷の雛型を創造して全国に展開し、同時に、アジア、世界へと繁殖拡大して行く一大プロジェクトなのである。


2.Project Vega【拡張プラウト主義 / 地球人のルーツ / PROUT Village】

前述の後継プロジェクトと思われ、「拡張プラウト主義」と「地球人のルーツ」の二つの部門からなる。前者はプロジェクトの具体的な施策、後者は宇宙史を述べる。著者はHiloyuki Kubota氏であり、同氏はグラフィックデザイナー、音楽家、画家、著述家で弱冠34歳である。


(1)拡張プラウト主義

拡張プラウト主義拡張プラウト主義とは1959年にインドのP.R.サーカーによって提唱されたプラウト主義経済を、現代の社会情勢に合わせて発展・拡張させまとめられた理論であり、現代版プラウト主義経済である。その特徴として貨幣がない社会の構築方法をまとめており、それを実現する為に、「医療の在り方」、「食と農業の在り方」、「電力と住居の在り方」、「教育の在り方」、「直感と技術の概念」、「自治体の構築方法」など、人間の生活を構成するこれら基本要素の在り方を自然の本質に沿って見直している新社会制度である。(以上の記述はブログ「お金の無い社会、無償奉仕社会、貢献主義社会」さんの「拡張プラウト主義(調和した社会)」から抜粋しました)

冒頭に、新社会構築方法。お金のない社会があらゆる社会問題を解決する。と記述している。そして次のように述べる。

世界各地域では1〜3万人程の市民からなる自治体が中心となり、食料、電力、医療、教育、住居、家電など生活品はすべて自治体の市民で作られ、誰もがそれらを無償で享受する。

食料は各家庭に提供される約33m四方の農地で自然農で自給自足、電力は太陽光発電、医療は自然医療が基本、食生活も菜食主義に移行するで病気が大幅に減る、学校も廃止、住居は地上のドームハウスと地下住居の組み合わせる千年住宅で防災性の向上と環境改善、生活必要物資は自治体と市民が工場等で作る等である。

これらによって1人に必要な労働時間は週に数時間だけとなり、それ以外の時間は自分の好きなことをして過ごす。これにより誰もが天職を見つける時間が生まれ、人々は特技に溢れ、その特技を通じて奉仕活動を行うようになり、充実感に満たされた日々を過ごすようになる。よって毎日が現在でいう休日や永遠に続く夏休みのようになる。そして学校、会社、自然破壊、汚染、ゴミ、貨幣、税、無駄などはなくなる。

主な交通手段となる自動車と電車は電気が動力源になり、その交通施設はすべて地下に作られる。この地下交通施設はまず国内で結ばれ、次に世界中が結ばれる。

また各家庭からの太陽光発電による電力が自治体に集められるので、自治体そのものが発電所のようになる。

自治体で構成される国が州となり、民族の数だけ州が作られ、世界は、各州の代表者が集まる世界連邦という1つの組織によって統治され、国境はなくなり、貧困もなくなり、金銭や資源目当ての戦争も起こる理由がなくなると言う理想社会が築かれる。


(2)地球人のルーツ

「地球人のルーツ」は素晴らしい宇宙と地球の歴史だと思うのですが、私の頭脳が低級すぎて短期間では把握が困難であり、その冒頭に掲げられた下記の動画「隠されてきた宇宙と地球の歴史ー世界天皇ーレムリア・アトランティス」の字幕を再掲することでお許し願いたい。今後もうすこし詳細に纏めたいと考えます。
(同動画は消されてしまった。驚天動地の内容なのに残念である。しかし、音声と字幕が主体の動画であり、下記に示した字幕再掲により内容は十分に把握できる。2015/04/05)



それにしても動画を見るとブラック・イルミナティとホワイト・イルミナティの対立が宇宙レベルでかつ太陽系誕生遥か以前のオリオン大戦争まで遡るとは驚きであり、さらに、ホワイト・イルミナティが天皇家であることに二度ビックリ、アヌンナキの悪業から人類を救うため天皇家が地球へやってきて世界を統治、そして縄文時代には天皇は日本から世界を統治、その後シュメールからイスラエルに移動し、世界天皇の血統が旧約聖書に出てくるアブラハム、ヤコブ、エフライムだったとはさらに驚き、そしてユダヤ10支族が日本へ帰り初代神武天皇になるとは晴天の霹靂である。

我々が追及してきたイルミナティとは何だったんだろう。宇宙規模のブラック・イルミナティとホワイト・イルミナティとの抗争における地球地域での唯の代理戦争に過ぎなかったのだろうか。

宇宙および地球史


以下に動画の字幕を再掲します。

隠されてきた宇宙と地球の歴史

人間が想像もできないくらい昔、宇宙が誕生した。

その時に存在した唯一の惑星はリラ星だった。

リラ星の爆発の後、リラ人が移民したのはベガ星だった。

ベガへやってきた爬虫類人レプティリンが、オリオン戦争を引き起こす。

そしてネガティブとポジティブが色濃く分かれ始めた。

そこで地球が造られた。

地球誕生の目的の一つに、このネガティブとポジティブの統合があった。

そしてシリウス系の12の宇宙種族が原始的な人類を誕生させた。

こうして地球には、まず3つの大きな文明が存在した。その崩壊後、次に二ビルのアヌンナキが地球へ降り立った。

彼らは地球の金を採取し、二ビルへ持ち帰る計画だった。

なぜなら、金によって二ビルの破滅を防ぐことができたからである。

この計画の中で、地球の原始人類達はひどくあつかわれていた。

それを見たシリウス人が地球人を助けに来た。すなわち天皇家がやってきた。

この時、天皇家はレムリア大陸を中心として、世界天皇として世界を治めた。

幾度かのレムリア大陸の崩壊後、アトランティス大陸も誕生した。

アトランティス大陸では、天皇家とシリウスから神官達が、ポジティブなホワイト・イルミナティとして世界を良くしようと試みた。

またこの頃、レムリア文明が南米に伝わり、マチュ・ピチュなどアマゾン帝国が誕生した。

アトランティス大陸の後期、悪政を行う二ビルのアヌンナキが、ブラック・イルミナティとしてアトランティス文明を支配し始め、やがて地球は大洪水に襲われる。これによりレムリア大陸とアトランティス大陸は、海の底に沈んだ。

その後に始まったのが、日本の縄文時代である。また、南米のアマゾン帝国はアンデス文明へと移り、インカ文明へと形を変えていく。

やがて世界の中心は、レムリア文明を引き継いだ日本の縄文時代から、メソポタミアのシュメールへ移る。

日本からシュメールへ移った世界天皇は、ここでも世界を統治していた。

しかしシュメールでも、アヌンナキによって悪政が行われる。シュメールでもいくつかの争いがあった後、時代の中心地はシュメールからイスラエルに移る。

そして世界天皇の血統は、旧約聖書に出てくるアブラハム、ヤコブ、エフライムなどに繋がっていく。

この時代、彼らは世界天皇であり、現在の日本の天皇家に繋がっていた。そして世界天皇エフライムの子、べリアが日本の初代神武天皇になる。

日本神話、キリスト教、イスラム教、ギリシャ神話など、世界の宗教は実は、同じ神である世界天皇を崇めていたのである。なぜならこれらの宗教は、シュメールのギルガメシュ叙事詩がツールだからである。そして、アヌンナキによる悪政によって、イスラエルの天皇家12支族のうち、10支族がアジアへ向かう。

その中でも日本へやってきたのが、日本の天皇家であり、秦氏である。日本へやってきた時点で、世界天皇は日本のみの天皇になる。

やがてブラック・イルミナティのアヌンナキはローマ帝国を支配の中心とし、そしてイギリス、バチカン、イエズス会へと、時代と共に形を変えていく。

その悪影響はアメリカに広がり、全世界に広がり、やがて日本にも及ぶ。そして日本の明治維新は、ブラック・イルミナティの息のかかった日本の若者達によって起こされる。

これが意味することは、現在の日本の政治は、日本人が決めているのではない、ということである。

常にイギリス、アメリカなどのブラック・イルミナティが、日本を支配しているのである。そして日本の政治、文化、娯楽はすべて、健全ではないものへと変化していった。

それは日本だけでなく、世界中で起こっており、世界的な企業はほぼすべてブラック・イルミナティによって支配されている。闇のネットワークが広がった世界、それが、私達が今、目にしている混乱と破壊の世界である。

この世界を変えるには、新しい社会を構築する必要がある。



次回に続きます。

--------------------
本日のボーカロイド
(上記クリックで同上ブログへ)
--------------------
京都ダ菓子屋センソー/ v flower


今日は「v flower」の曲で「京都ダ菓子屋センソー」です。楽しいテーマで癒され、絵も素敵です。アップは2014年7月、制作はmusic&words:みきとP、illust:あす缶の皆さんです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。