ケムトレイル

この頃、飛行機雲が頻繁に見られるがケムトレイルである。以前はあまりなかったようだが最近増えた。古い話で恐縮だが今から約70年前の終戦時、幼い私は米軍戦略爆撃機B29の飛行機雲をよく見かけたので飛行機雲など縁起でもないと思うのだ。
                    
雲1219
2014/12/19 11:04 近所で撮影
右と下の写真は近所と自宅で撮影したものだが勢大に散布している。








ケムトレイル2
ケムトレイル3
2015/01/25 14:30 自宅で撮影2015/01/25 17:05 自宅で撮影
ケムトレイル4
ケムトレイル6
2015/01/25 17:06 自宅で撮影2015/01/28 11:05 自宅で撮影




ケムトレイル7ケムトレイルのせいかここ1~2カ月、空に雲が見られないのに薄曇の日が続く、月末にやっと晴れて右の写真であるが、でもなんだか薄く濁った感じである。









ケムトレイルを撒いてのはイルミナティだ

毎日のように散布されるケムトレイルは闇の世界悪魔政府イルミナティが米軍を使ってやっているのだろう。その目的は、彼等が我々への福祉をはかるなど絶対にありえず、勿論その反対、人類の虐殺を目指しているのだ。彼等は世界の人口70億人を5億人に削減する計画であり、その一環なのだろう。


前回記事、長編イルミナティ論文「イルミナティの悪魔的な所業の謎をとく」の著者あのに氏の掲示板「阿修羅」投稿論文「人類の未来」に示されたケムトレイルの動画を2本下記に掲げます。

ChemTrail Sprayer - 100% proof - filmed up close by AF pilots


飛行機雲(ケムトレイル関係者の内部告発)


さらに、同論文からケムトレイル部分を下記に抜粋します。


ケムトレイルについて探索しよう。

静かなる戦争の沈黙の兵器としてのケムトレイル?それは、放射能とGMO遺伝子組み換え食品によっておこる体調不良にとどめをさすものか?


空からふってくるのは、放射能ばかりでない。ケムトレイルは、ほとんど、毎日のように撒かれている。そらが、けむっているのは何か?という疑問を多くの人は持たない。新聞が2.5Mのちり、と書くとすぐ信じてしまう。


先日、2つの台風で大雨の雲がおおっていたときのことだ。私の日記から、

10月25日(金) 午前3時、目が覚める。雨音がする。空に飛行機の音。
午前3~5時 2つの台風の大雨。 放射能のため、換気扇は、止めてある。外を見る。雨が激しい。さかんに上空を飛ぶ航空機の音がする。ひっきりなしの飛行機音。かなりの低空(ナイトケムトレイル? 雨雲の上からなにか、撒いているのか?)いったい午前3時の雨雲の上空でなにをしている?


ケムトレイルもさまざまな物を撒いているが、はっきりしているのは金属微粉だ。地球全地をアルミニウムなどで覆う目的は、ゲオエンジニアリングにより、モンサント特許のアルミ耐性作物のみ栽培できるようにするためだといわれる。プランテーション農業のグローバルNWO版であろうか。目的を隠蔽するための、めくらましかもしれない。おそらくケムトレイルは、多目的な環境兵器なのだ。HAARPとアルミ微粉は、気象改変であり、バリウムは、免疫低下のためではないか。ストロンチウムやチタンはなんだろう?


でも、いちばん気になるのはケムトレイルから撒かれている微細な繊維である。これは中空になったナノファイバーだ。


つぎの動画では、ケムトレイルから見つかるナノファイバーからナノ生物学について論じられる。なにものかが、ナノファイバーによって人類を改造しようとしている?あるいは、このチューブは、いれものなのか?

合成生物学とケムトレイル(1)
http://www.youtube.com/watch?v=RDbyjyHPlrE(消されています)

この動画16:21で、アルミニウム、バリウム、ストロンチウム、チタンが、木の幹を分析しても得られた、と。11:15のは、あごひげ雲といわれている。


あごひげ雲は私もじっさいに見た。白いケムトレイルから、黒い粉が落ちてくる。白いケムトレイルと平行に薄く黒いケムトレイルがあり、遠くから見ると、富士山型にひろがって黒い粉がすばやく落ちてくるのが見える。2~3分で下まで落ちる。早い。一体何を撒いているのだろうか?


自宅周囲の作物が、直径数百mのスポット状に病気が発生していることから、米や野菜などの栽培植物の農薬耐性病害菌も撒いているのは確かだ。JAはこの耐性菌に困って、いろいろ新農薬、新品種を模索している。なぜか、このことは新聞にはいっさい出ない。植物の病原菌を撒くなら、人の病原菌や放射性物質を撒いているのかもと思い、以前の投稿で記した。人の病害菌を撒くというのは、いくつかの確証を私はもっている。はなばなしい強烈な菌ではなく、症状はふつうの風邪に分類される。しかし難治となるものがいっぱいある。


この動画23:13には、ナノテクらしい不思議な繊維の詳細が説明されている。なにか増殖するらしい。ほんとうか?体内で増殖しているとは、奇妙だ。これは誰の体内からも見つかるという。このナノテクノロジーは、人類の技術を、越えているように思える。モルジェロン病と言われる皮膚病では、このチューブが皮膚から突き出るという。
この、奇妙な管状のナノファイバーが、ケムトレイルの最大の問題であろう。


このナノチューブは、病原菌、ウイルスなどを地上まで安全に到達させる運搬具のチューブなのかもしれない。動画の途中にある、ほこりのように舞うナノチューブの写真がある。われわれのまわりには、見えないが、濃厚にケムトレイルから舞い降りた、ほこりよりもさらに細かいナノチューブが、花粉のように、放射性粒子のように舞っている。これはわれわれの肺の奥まで吸い込まれている。


ナノチューブに詰められる生物兵器があるとすれば、これはこれで単純な解になる。生物兵器用の運搬具だ。病気になっても、土ぼこりを吸い込んで土壌の未知の細菌に感染したとされるのだ。免疫の落ちた人体には、さまざまな種類の感染症を、蜜蜂のように引き起こすだろう。蜜蜂たちも気管からナノチューブを吸い込んでいるのだろう。あるとき大量死CCDとなる。クーパーの証言8には、おそろしいマイクロチューブという言葉があり、ケムトレイルのナノチューブのことか、と思うが、よくわからない。


そのほかにも、ネット上には情報にあふれている。ケムトレイル撒布の内部告発らしきものがある。

【拡散希望】ダイジェスト版「飛行機雲の謎」~ケムトレイルの目的と巨大企業
http://www.youtube.com/watch?v=2UFQRQwHFuak(消されています)

飛行機雲(ケムトレイル関係者の内部告発)

ChemTrail Sprayer - 100% proof - filmed up close by AF pilots

CHEMTRAIL AIRCRAFT MECHANIC SPEAKS


けっきょく、将来のパンデミックに備えた予行演習かもしれない。あるとき、本当の危機的な劇症感染症の生物兵器が、ナノチューブ内に入れられケムトレイルで撒かれ、ほこりのように煙った大気を吸って、人の肺の奥に到達する。肺に到達するのは、放射性微粒子だけではないのである。こうして、世界同時多発パンデミックとなるかもしれない。こういうストーリーの選択肢も考えられているように思ってしまう。


しかし、けっきょくは放射能とGMO遺伝子組み換え食品によって、免疫ががたがたに落ちた人体を、ケムトレイルのナノチューブに入れられた、さまざまな感染菌で攻撃され、 発病し、蜜蜂の大量死CCDのような運命になるというのが、静かなる戦争の沈黙の兵器のほんとうの意味ではないだろうか。


ケムトレイルで撒かれるナノチューブは、難治性の感染菌を入れた運搬具なのだろうか?外で運動していたり、仕事をしている人が、重篤な感染症にかかる例をいくつか身の回りで知っている。関係があるのだろうか?ナノチューブを集めて培養してみればわかるのであろうか?これは製薬会社がよろこぶのであろう。また、中国からだといわれるPM2.5の微小粒子状物質は、これと関係があるか?PM2.5の微小粒子も、ケムトレイルで撒かれているということはないか?黄砂、PM2.5、瓦礫焼却、ケムトレイルで撒かれるナノチューブなど大気環境汚染物質は21世紀になって俄然ひどくなってきた。カクテル戦術だと思う。混乱させるためなのだ。病気との因果関係をつけられぬようにしている。主役は、やはり、ケムトレイルで撒かれるナノチューブのように私には思われる。


大気中にたえず浮遊し、けむっている莫大なナノチューブが、難治性のさまざまな感染菌を入れた運搬具なら、放射性粒子よりも危険かもしれない。もしそうなら、N95マスクは子どもも大人も、常時、必携品になるだろう。ゴーグルさえも必要かもしれない。外が健康的と言う考えは、過去のものとなるかもしれない。外気から守るためには、フィルターつきの換気扇が必要になってくる。外出から帰ったあとは、放射能汚染の場合と同じような除染が必要になるかもしれない。ケムトレイルこそ、反対運動のデモが必要なのではないか?誰に?黙認する政府、マスメディアに対してだ。


--------------------
本日のボーカロイド
--------------------
「土星の窓辺」歌ってみた 【西沢さんP×ちょまいよ】


今日は「土星の窓辺」を「ちょまいよ」さんが歌ってみたです。この曲は「西沢さんP」氏が作曲、同氏はあの素敵な前掲載曲「エメラルドシティ」の作者です。アップは2014年12月、制作担当はmusic:西沢さんP、vocal:ちょまいよ、chorus:000、mix & mastering:友達募集P、illust:くまお♀、movie:べて、encode:7@、の皆さんです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。