私のメモ帳(16)イルミナティの悪魔的な所業の謎をとく 10 この地球の悪魔文明の全体計画(グランド・デザイン)をつくるものたち

これは掲示板「阿修羅」において「あのに氏」により投稿(2010 年 1 月 01 日~2010 年 3 月 21 日)された優れたイルミナティ論文「イルミナティの悪魔的な所業の謎をとく」で今日はその最終回です。

(タイトルと目次)

一回目 イルミナティの悪魔的な所業の謎をとく 総論(その1)

1、イルミナティ文化の悪魔性は残虐なスキタイ文化へ遡るのではないか。
2、なぜ、イルミナティは悪魔まみれの集団になったのか
3、「遊牧民族」と呼ばれるハザール・スキタイ族の生き方


二回目 イルミナティの悪魔的な所業の謎をとく 総論(その2)

4 王国の統治とステルス性
5 イルミナティの死の結束と諸国の民主化
6 何千年間も磨き上げたステルス戦略で、すでに地球全土を征服


三回目 イルミナティの悪魔的な所業の謎をとく 2 悪魔教におおわれた世界

1、現代とは、悪魔教におおわれた世界だ
2、サタンの宗教は、いつ、どこで、どのようにして生まれたのだろう。
3、悪魔教の母体


四回目 イルミナティの悪魔的な所業の謎をとく 3 軍事技術の進歩と戦争 

1、古代の軍事技術の進歩と、戦争による国々の大混乱
2、近代の軍事技術の革新と国民にたいする戦争


五回目 イルミナティの悪魔的な所業の謎をとく 4 イルミナティ文化史をたどる

1、マスメディアの情報兵器、格付け洗脳によるイルミナティ文化支配を断つ。
2、イルミナティ文化のクモの巣に囚われた人類
3、裏のイルミナティ文化史


六回目 イルミナティの悪魔的な所業の謎をとく 5 イルミナティの宇宙政策(UFO問題)

1、UFO問題の重大さ
2、最も機密性の高いUFO問題にかかわるイエズス会総統
3、イルミナティの人間狩り
4、UFO問題の歴史と背後に隠された恐ろしい巨大な陰謀の影(極秘組織 5412委員会)
5、対エイリアン攻撃兵器の開発
6、イルミナティの人類虐殺計画
7、電子独裁NWO構築作戦の引き金は何だろう
8、イルミナティの悪魔性の起源としてのハザール、スキタイの戦争文化
9、デーヴィッド・アイクのレプティリアンは、グレイの見せるエンヴィジョニングの映像ではないのか。
10、地球の自滅
11、われわれを守れる可能性のある唯一の「真の政府」


七回目 イルミナティの悪魔的な所業の謎をとく 6 ユダヤ問題とイルミナティの起源

1、プラトンの「国家」
2、ユダヤ問題
3、英国東インド会社のインド支配
4、イルミナティの始原


八回目 イルミナティの悪魔的な所業の謎をとく 7 イルミナティの12と13について

1、キーナンバー、12と13
2、MJ-12とはなにか
3、ロスチャイルドと12人のユダヤ人銀行家
4、13人評議会の伝統、(ドイツ薔薇十字会のなかに潜んだ者たち)
5、イルミナティの悪魔的所業の大部分は隠されてきた。


九回目 イルミナティの悪魔的な所業の謎をとく 8 イルミナティの12と13について 続(クーパー証言)

1、前投稿の 7の コメント氏に
2、クーパー証言について


十回目 イルミナティの悪魔的な所業の謎をとく 9 イルミナティの宇宙政策2(惑星Xと火星避難計画)

1、隠蔽された太陽系の異常
2、イルミナティが待ち望む新世界秩序の構築のきっかけとなる大災害は隠蔽されているのか
3、惑星X問題
4、惑星Xと火星避難計画(プロジェクト・ノア)


最終回 イルミナティの悪魔的な所業の謎をとく 10 この地球の悪魔文明の全体計画(グランド・デザイン)をつくるものたち

1、イルミナティ、この地球に悪魔文明をもたらしたものたち
2、イルミナティのグランド・デザイン



最終回 ルミナティの悪魔的な所業の謎をとく 10 この地球の悪魔文明の全体計画(グランド・デザイン)をつくるものたち


1、イルミナティ、この地球に悪魔文明をもたらしたものたち

イルミナティを理解しようとするなら、まず全体像をつかむ必要がある。組織、目的、手段、起源と歴史、である。対象であるその組織がわからなかったら、目的も、起源や歴史や手段、もすべてが不明になるのだ。これが、彼らが組織を極度に隠蔽した理由である。イルミナティの組織をあきらかにしてもなんにもならないという人がいるが、完全に間違っている。これほど重大な事柄はないのだ。過去数百年間の人類のあらゆる情報の中で、最も重大で貴重な知識なのである。


この見えない組織はその下にCFRやRIIAなどを持ち、さまざまな暴力組織や諜報組織、いまやインターネット・ハッカーたちを手足のように使って、大統領や総理大臣、おそらく天皇などに命令する立場(位階)にあることを、理解しなくてはならない。そして彼ら以外の人類は屠殺すべき、ひと家畜だと彼らは考えていることを、早く理解すべきだ。この頂点の人物を王族と呼ぶときがあるが、むしろ悪魔族というべきだ。事実に合致した適切な名前をつけることは、とても大事なことだと思う。私はいままで現代はイルミナティ文明といってきたが、事実と一番近いのは悪魔文明だ。人類の文明とは悪魔文明だったのだ。


この悪魔文明が出現した原因のひとつはユダヤ問題があると考える。ユダヤ問題の源は深く、闇につつまれている。一般的に、文化の受容時、さまざまな現象がおこる。伝統を総体として引き継がないことからくるのだ。すなわち、その一部を自己の伝統の正当化に使って、むしろ自己の伝統が強化されて、奇妙なマニエリズム化が起こるのだ。文化のてこの原理という言葉を聞いたことがあるが、それだ。ハザール人がユダヤ文化(宗教)を受容したとき、ユダヤのタルムードの一部の悪徳的、悪魔的な部分を、ハザールは自己の悪魔的な残虐性行動の正当化に使ったのだろう。強化された残虐性は表に現れることなく潜伏し、さまざまなユダヤ問題を引き起こす。そして抑圧されたとか言ってまた不満をぶちまけ、これを自己の相手に対する攻撃の正当化や非難、攻撃に使われたのだ。ホロコースト問題と同一なのだ。こうして、悪魔性はさらにさらに甚大に強化されて、表に絶対に現れず、地下で拡大していったのだ。これが、ユダヤ問題の本質だろう。


ユダヤ問題を、ハザール・アシュケナジーたちは自己の悪魔性の問題として正しく考えることができなかったのだ。ユダヤ人は、頭がいいという神話、都市伝説があるが、これは正しくない。どんな民族でも条件さえ整えば同じだ。この歪んだ、優越感、思い上がりが、優生学を生んだ土壌なのだ。それは民族としての欠陥だろう。古典期のギリシアのすさまじいまでの高み、知れば知るほど息を呑むような高度な業績を残したギリシア人はこれほどの劣った感情を持たなかった。ヒュブリス(思い上がり)という概念は、ギリシア文化に隅々まで行き渡っている。
ユダヤ問題を自己修正できなかったのは、ハザール・アシュケナジーの教育の問題が多分あるのではないか、と私は考えている。ハザール・アシュケナジーたちには、さまざまな秘密地下組織の存在という問題があるのだろう。ハザールの地下組織は、私は遊牧民族の伝統かと考えている。小さな細胞群から成り立つのはスキタイの昔からの遊牧民族の生活からくる必然性であるが、ハザールが東欧に散って、地下組織が表に現れたとき、さまざまな小さな細胞秘密結社群として登場したのだ。こうしてタルムードの悪魔的解釈が、さらに強化されて、おそらく我々の知らない薄気味の悪い悪魔的ドキュメント群の集積が各細胞秘密結社群のうちに存在したのだろう。こうして我々の想像を超えた残虐な悪魔性の源となっていった可能性がある。細胞秘密結社の中でハザール人は、悪魔的に増補された秘密版のタルムードで、悪魔ラビによって悪魔的残虐性を教育されていったのだ。共産主義運動で突如「細胞」とよばれる秘密地下組織が現れたわけでなく、長い伝統の結果なのだ。以上のような経過で、ハザール人は、「悪魔性を強化されたユダヤ人」として東欧に出現する。こうしてユダヤ問題は、本来のヘブライの持つユダヤ問題よりもはるかに人類にとって深刻な形になっていったのだろう。


この問題の震源をシュメール、アッシリア、カナンに求めることが、マリンズやクーパーによって主張されたが、私は違うと思う。クーパー証言については、グレイ族がこの問題について、お得意のウソを付いたのだと思う。グレイ族から流れる情報は、イルミナティよりもさらに深く嘘に満ちていると考える。類は友を呼ぶのだ。クーパー証言にグレイ族はウソをつく傾向がある、とあるが、私はすべて嘘ばかり、と思う。UFO問題の接近遭遇者の話がわけがわからない原因のひとつがここにあるのではないか、と考える。シュメールのアヌンナキの問題は異星人の関与と考えることは、さらに研究を深める必要があるが、ユダヤ問題の源は、直接的には、ハザール人がユダヤ文化(宗教)を受容したときにある。ユダヤ問題が、自己の民族の問題と考えられず、かえって被害者としての優位性として武器に使われたのだ。こうして、世界征服が完了して、さらに地下に潜ったきわめて残虐な悪魔性が、グランド・デザインとして存在している。これを推測しなければ、なにがなんだかわからぬ、悪魔的残虐事件の集積として歴史が見えるばかりなのだ。組織の全体像と、グランド・デザインの全体像を見る必要がある。


世界のグランド・デザイナー、すなわち、イルミナティのグランド・デザイナーたち(存在をすべてを隠すものたち)は過去数世紀にわたって、おそらくすべてを計画し、実行し隠蔽してきた。組織を隠蔽することで、国際的などんな大事件でも犯罪性が隠蔽され、どこかとどこかの戦争とかに装われ、首謀者はおとりとして殺されてきた。これが記述された歴史であり、私は偽造された歴史と呼ぶ。近代、現代の戦争の歴史がまったく理解できないのは、このイルミナティのグランド・デザイナーたちの存在と、戦争計画を入れないからである。この点、最近出版された鬼塚英昭 著 「20世紀のファウスト」下p93では、5人会議やインナー・コアとしてその存在が出てくる。その第8章は原子爆弾の闇が記述されていて、大変面白いが、私はさらに闇は、遥かに深いと思っている。この闇の深さの中に、イルミナティのグランド・デザインの本質が横たわっていると考えている。


この秘密組織のメンバーは、めいめいが、コード名でしか呼び合わないらしい。名前を知ることはできない。ただ33人評議会 MJ-12,  5人委員会  3人委員会などと呼ばれ、いろいろな分野ごとに5~6人のチームを作っているようだ。 Wise Menとも呼ばれるようだ。この少数の中にも、複雑な位階、命令系統があり、また重なった構成になっていて、上部の指導者のだれかは必ず全部の会に入っているようだ。おそらくキッシンジャー、ブレジンスキー、テーラたちは各委員会の中で顧問のような立場で最終結論をまとめるのだろう。そのほかは、さまざまな歴史の資料の中から、ひろい出して、メンバーを推測するしかない。以前ウイリアム・クーパーが暴露したMJ-12はこのなかの大きな12人の宇宙人関係のチームだろう。内部では共通する原則があるようだ。この原則は少なくとも百年以上不変のようだ。それは、1に掠奪、2に掠奪、3に掠奪だ。


彼らの組織や計画の全体を推測してみよう。彼らのグランド・デザインは、1、設計哲学。 利益をだすためウソと偽りの理論でかためる。大衆に真実は伝えない。掠奪性は隠す。2、組織、方法。 見えない諜報機関を手足のように使う。邪魔者は消す。3、利益、もうけを出すようにする。どんな計画でも、隠れ蓑や口実を作って、もうけが、最終的に出るように構成する。たとえば、富裕層のどんな慈善事業も、すべて暴利をむさぼる隠れ蓑である。


2、イルミナティのグランド・デザイン

つぎの分野についての各部隊名は仮なものである。分類も適当である。彼らのグランド・デザインの全体像を得るために、私なりに適当に網羅してみた。


(1)マスメディア部隊   情報の支配 歴史の変造、教育の支配

ウソ偽りの情報を流す、真実は作り話というふうに流す。
武器としての新聞の発明 (金を出させて見させる、ごみ情報であふれさせ、真実を見えなくする。)
国民の盲人化、家畜化へむち打って追い込む。
詐欺師がにせものをつかませるように、偽情報に追い込む。

文化の支配  新聞TVを使って、娯楽3Sの支配
   スポーツ、ショウ、セックス、
教育の支配 アカデミズムの支配
歴史の変造
インターネットの支配  メールの不正よみとり、なりすまし技術の開発
   IT部隊 コンピュータウイルス開発、マルウエア開発
不正進入技法開発 、
医療、司法の支配

政治家の支配
議会の幼稚園化、学芸会化


(2)金融部隊  通貨の支配 金とダイヤモンドの支配

ウソ偽りのケインズ経済学、金融理論、バブルと大恐慌を作り出す。
搾取機関の創設、発明
FRB  BIS  IMF  世界銀行 タックス・ヘイブン
全世界の金融、経済、為替をコントロールするロスチャルド 自らはタックス・ヘイブンに住む。
脱税する財務大臣すら日本にはいた!

ウソ偽りの自由経済
金融兵器、金融商品、金融ギャンブル場=市場
金融工学、ヘッジファンド


(3)エネルギー部隊  石油、ウランの支配

・石油
生活革命機器、  自動車、家電製品、TVなど、なくてはならないように中毒させる。
資源価格をつりあげ、もうける。

・核エネルギー、核爆弾
ウソ偽りのイデオロギー対立 ウソ偽りの核戦略 ウソ偽りのマルクス経済学(非ケインズ)
国際連合で、冷戦構造、軍備拡張競争をさせる。
核爆弾、  [HIROSHIMA]惨事の継続,  冷戦構造の創作、核ミサイル、防衛網
対立のなかで武器量のエスカレート、兵器産業はもうける。

・原子力発電計画
ウソ偽りの地球温暖化
原発の廃炉等コスト計算や地質安全などのごまかし
原発建設  CO2税、でもうける


(4)政治、戦争部隊

ウソ偽りの政治学  ウソ偽りの議会 隠れた戦争計画集団、
戦争機械の発明開発  兵器を装った殺人機械(兵器ではない)
大量殺人機械(兵器ではない)、無人殺人機械(兵器ではない)、
国際連盟をつくり、世界を対立させ、政治家を煽動。戦争を起こし、
この殺人機械でもうけ、人口を減らす。

彼らのおあそび   マルクスアイドル全学連、デモ祭りの学生運動。


(5)科学部隊  軍事力の支配  異星人関連部隊 MJ-12

科学の軍事力化、  異星人関連の徹底隠蔽  大衆に真実は伝えない。
HAARP
異星人科学のリバース・エンジニアリング、反重力航空機、タイムマシン


(6)静かなる戦争部隊、人口削減計画 NAOMI計画

ウソ偽りの過剰人口論、ウソ偽りの医学  管理人口数まで人口を減らす
沈黙の兵器で見えない戦争を人類にしかける。

細菌やウイルス、発癌剤 有害金属 をケムトレイルや見えないケムトレイルでまく、
食物兵器、ワクチン兵器の開発  ケムトレイル散布航空機の開発
免疫低下ウイルス、免疫低下物質の開発 、免疫低下食物兵器、の開発
致死的遅延性病原ウイルス、 エイズの開発
薬剤耐性病原菌の開発、超多剤耐性結核菌の開発 
癌ウイルスの開発
不妊化ワクチン、脳神経攻撃ワクチン

発病させて、治療薬でもうける  抗がん剤

兵器としてのワクチン    不妊化ワクチンで人口を減らす。脳神経攻撃ワクチン
兵器としての食物      遺伝子組み換え作物
兵器としての空気、水    ケムトレイル、フッ素添加上水道


(7)宗教・麻薬部隊 宗教の非公開性を利用して麻薬を流通させる。
  
・麻薬部隊    こころの支配
  アヘン等の栽培地の確保と流通
  麻薬、ギャンブル

・宗教部隊   既存の宗教の破壊。世界統一宗教の確立。   
 宗教の悪魔教化、上から徐々に悪魔教の要素導入
 ロック音楽に、悪魔教をひそかに忍び込ませる。


(8)非常時対応計画部隊  FEMA

暴動、大災害へ備える。反抗者は強制収容所へ大型ヘリで連行。殺処分。

・国連軍の配備、全世界への展開
・地下、海底巨大基地の管理
・食糧、種子、水、空気、天候の管理

代案選択1、2、 例えば、地下避難計画、海上避難、人跡未踏地への避難 
代案選択3、火星避難計画


✡✡✡完✡✡✡


--------------------
本日のボーカロイド
--------------------
【初音ミク】東京レトロ【オリジナル曲PV付】( eng subbed )


今日は「初音ミク」のオリジナル曲で「東京レトロ」です。楽しく素敵な曲をありがとうございます。アップは2013年6月、制作は音楽:すこっぷ、動画:真理恵 、の皆さんです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。