私のメモ帳(5)神風特攻隊員の遺書を読んだ外国人の反応

今から70年前、太平洋戦争末期、愛する家族や恋人を守るため、さらに国を護るために神風特攻で雄雄しく戦死していった英霊がありましたが、今日は海外の反応トップブログ「パンドラの憂鬱」さんから「涙が止まらない… 神風特攻隊員の遺書を読んだ外国人の反応」です。記事は3名の特攻隊員の家族や婚約者へ宛てた手記のYouTube動画とその動画に寄せられたコメントです。読み終わった私も涙が止まりませんでした。

なお、途中に(動画の後)同動画中の遺書を再掲しました。


海外「涙が止まらない…」 神風特攻隊員の遺書を読んだ外国人の反応



太平洋戦争末期となる1944年10月20日に編成された神風特別攻撃隊。終戦を迎える1945年8月15日まで攻撃隊による特攻は続けられ、この作戦によって、4000人近いとされる英霊が散華されました。


神風特攻隊に使われた零戦は空戦用に作られている為、急降下を行うと機首が浮き上がるなど、正確に突入するのは難しかったとされています。なお、海軍上層部は特攻の予期命中率について、敵艦の種類によって異なるものの、6分の1、あるいは9分の1と判断していたそうです。


映像では、神風特別攻撃隊の茂木三郎少尉、小川清中尉、穴沢利夫少尉の御遺書が紹介されています。コメント欄には英字幕の付いた動画から来たと思われる方や、アジア圏の方からもコメントが寄せられていましたので、その一部をご紹介いたします。

神風特攻隊員

神風特攻隊員たちの遺書



上記動画の遺書を下記に再掲します。

神風特別攻撃隊第5神剣隊、茂木少尉 19歳(昭和20年5月4日沖縄周辺にて特攻戦死)

「母への遺言」

僕はもう、お母さんの顔をみられなくなるかも知れない。お母さん、良く顔を見せて下さい。僕は何も「カタミ」を残したくないんです。十年も二十年も過ぎてから「カタミ」を見てお母さんを泣かせるからです。

お母さん、僕が郡山を去る日、自分の家の上空を飛びます。それが僕の別れのあいさつです。


海軍中尉 小川 清 24歳(昭和20年5月11日西南諸島方面にて空母バンカールビンへ突入し戦死)


「両親への遺言」

父母上様

お父さんお母さん、清も立派な特別攻撃隊員として出撃することになりました。思えば二十余年の間、父母の手の中に育ったことを考えると、感慨の念で一杯です。全く自分ほど幸福な生活をすごした者は他に無いと信じ、このご恩を君と父に返す覚悟です。

あの悠々たる白雲の間を越えて、坦々たる気持ちで私は出撃して征きます。生と死と何れの考えも浮かびません。人は一度は死するもの、悠久の大義に生きる栄光の日は今を残してありません。

父母上様もこの私の為に喜んで下さい。

殊に母上様にはご健康に注意なされお暮らし下さる様、尚又、皆々様の御繁栄を祈ります。清は靖国神社に居ると共に、何時も父母上様の周囲で幸福を祈りつつ暮らしております。

清は微笑んで征きます。出撃の日も、そして永遠に。


陸軍特別攻撃隊第20振武隊 穴沢利夫少尉 23歳(昭和20年4月12日沖縄周辺洋上にて戦死)

「婚約者への遺言」

二人で力を合わせて努めてきたがついに実を結ばずに終わった。希望をもちながらも心の一隅であんなにも恐れていた”時期を失する”といふことが実現してしまったのである。

去月十日、楽しみの日を胸に描きながら池袋の駅で別れたが、帰隊直後、我が隊を取り巻く状況は急転した。発信は当分禁止された。転々と処を変えつつ多忙の毎日を送った。

そして今、晴れの出撃の日を迎えたのである。

便りを書き度い。書くことはうんとある。然し、そのどれもが今迄のあなたの厚情に御礼を言う言葉以外の何物でもないことを知る。

あなたのご両親、兄様、姉様、弟様、みんないい人でした。至らぬ自分にかけて下さったご親切、全く月並みの御礼の言葉では済み切れぬけれど、「ありがとうございました」と最後の純一なる心底から言っておきます。

今は徒に過去に於ける長い交際のあとをたどりたくない。問題は今後にあるのだから。常に正しい判断をあなたの頭脳は与えて進ませてくれることと信ずる。

しかし、それとは別個に、婚約をしてしまった男子として、散ってゆく男子として、女性であるあなたに少し言って征きたい。

「あなたの幸せを希ふ以外に何物もない」

「徒に過去の小義に拘るなかれ。あなたは過去に生きるのではない」

「勇気をもって過去を忘れ、将来に新活面を見出すこと」

「あなたは今後の一時々々の現実の中に生きるのだ、穴沢は現実の世界にはもう存在しない」

極めて抽象的にながれたかも知れぬが、将来生起する具体的な場面場面に活かしてくれる様、自分勝手な一方的な言葉ではないつもりである。純客観的な立場に立って言うのである。

今更何を言うかと自分でも考えるが、ちょっぴり欲を言ってみた。

1、読みたい本「万葉」「句集」「道程」「一点鐘」「故郷」
2、観たい画「ラファエル 聖母子像」「芳崖 悲母観音」
3、千恵子。会いたい、話したい、無性に。

今後は明るく朗らかに。
自分も負けずに朗らかに笑って征く。

昭和20年・4・12
千恵子様

利夫


上記動画に寄せられたコメントを下記に示します。

ロシア
心揺さぶられる動画を作ってくれてありがとう! 
  
インドネシア
本物の精神力というものを見た思いだ……。日本に栄光あれ……。 
  
台湾
大和魂の象徴だよね。この動画を観れて良かったよ。 

シンガポール
彼らはとても勇敢な人たちだった。  

中国
この曲の名前が知りたい。誰が歌ってるんだろ。 

アメリカ在住(中国語簡体字)
神風隊員たちに敬礼!
英霊の忠実な魂は、永遠に弔われ続けるだろう。 
   
アメリカ
今のアメリカを変えるために、俺達に何が出来るんだろうか。
日本人にこのことを問いたいよ。 

台湾
日本語はまったく理解できないのに、涙が止まらなかった。
若い命、彼らの家族、友人、恋人の事を思うととにかく悲しい。
彼らの行動が正しかったと言ってるわけじゃない。
そういう教育を受けてきたわけだから仕方がないんだ。
国を守ることで、「神」になれると信じていたわけだから。
そういうのはやっぱり、悲しいことだと思う。 

アメリカ 
悲しい時代の、強く勇敢な男たち。  

ブラジル
日本よ。神も、そして僕も、君たちのことを愛している。 

台湾
"あなたあまりに遠慮する``私のおばあさんのおじいさんすべてです言います
日本語``受けます 日本の教育``彼らとてもしのびます
母国統治しますその時``感じます
日本人すべてとても良い``とても好きです大日本の帝国``
初め大日本の帝国いいえ白人を追い払いますアジア``
今の東南アジア恐らくすべて白人に占領します``
日本しかしアジアに対してします貢献``日本の陛下" (原文ママ)  

台湾
この方たちの人生は、桜そのものだね。  

香港
中国人として、彼らの覚悟に敬服してる。
だけど愛国心の強い青年たちが愚かな日本の上層部に騙され、
運命を捧げなければならなかったことには嘆息してしまう。 

シンガポール
彼らは、母国を心から愛した本物の戦士たちだ。
間違った戦争のために、若い命を落とすことになってしまった。
俺は中国人だけど、彼らを尊敬するよ。 

台湾
なんて悲壮なんだろう…………。
どうして真珠湾攻撃なんてやったの?
もしもあの奇襲攻撃さえ日本がやらなければ、
こんなに多くの若い勇士たちが命を落とすこともなかっただろうに……。 

台湾
神風特攻隊! 彼らは、人に尊敬の念を抱かせる存在だ。 

ドイツ
大戦中に命を落とした全てのパイロットたちの想い……。
彼らは若い命を、母国のため、そして家族の為に捧げたんだよ。   

台湾
なんて気高い人たちなんだ!
彼らは、あの作戦が自分たちの命を奪うものだと理解していても遂行した!
日本の今の若い世代にも、彼らのような精神を持っていて欲しい。 

オーストラリア
「我が身今 消ゆとやいかに 思ふべき 空より来たり 空へ帰れば」
上の詩は、ホウジョウ・ウジマサのもの。
僕が特攻隊員だったら、きっと最後の言葉は"Okaa san"だろう。  

アメリカ(中国語簡体字)
平和は簡単に訪れるものじゃない。敗戦国であろうと戦勝国であろうと、
戦争について改めて考えなければならないと思った。 

ルーマニア
"神風の尊重! ルーマニアからのご挨拶!
私たちの元同盟国の尊重(日本人)"" (原文ママ) 

アメリカ
彼らが見せたような勇気は、日本にとって大きな資産だ。
だけど使い方を間違ってはいけない。
そういった勇気は、正しく使わないといけないんだ。
そうすれば日本は今よりももっと強い国になると思う!! 

オーストラリア
本当に悲しい。パイロットたちはコックピットに縛り付けられて、
着陸装置もパラシュートもなかったんだ。 

タイ
伝説の戦士たち、カミカゼ。英雄に敬意を表します。  

オランダ
WOW……今俺が口にできるのはその一言だけだ。 

日本在住(スペイン語圏)
どうしてこの動画が作られたの?
日本人は特攻隊員に感謝の気持ちを持ってるの? 

スペイン
日本、そして勇敢な英雄たちに栄光あれ!!! 
 
香港 
戦争は無情だ。世界平和を願います。 

ロシア
彼らこそ日本の真の英雄だ……! 

イスラエル
日本よ、俺は君たちのことを支持するからな。 

香港
あの人達は全員、ただただ母国のために命を落としていったんだよな……。 

台湾
涙が止まらない……。これこそ武士道の精神なんだと思う! 

アメリカ
すごく悲しかった。それでも、彼らは本当に勇敢だね。 

イギリス
心に響く動画だったよ。勇気ある人々に敬意を。 

台湾
自国の為に命をかけて戦った若い神風隊員たち。
彼らには最大級の敬意が払われるべきだ!!! 


記事は以上です。


--------------------
本日のボーカロイド
--------------------
明日の運命


今日もボーカロイドはお休みして戦前の歌謡曲で太平洋戦争が始まった1941年に作られた「明日の運命」です。作詞:西条八十、作曲:服部良一、唄:霧島昇・渡辺はま子です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。