耐乏生活 2 情報費用の徹底削減

我が家はTVも新聞も取っていないので、情報費用は電話とインターネットだけだが、これを徹底的に見直した。インターネットを光回線から無線に変更、固定電話を廃止、携帯を解約、格安Simフリー端末Freetelおよびオンライン電話050plusの導入により、削減前は1万円以上掛っていたものが3600円と64%以上の削減になった。


1.Simフリー端末Freetel

消費税増税が迫る今年の3月、節約が念頭にあり、高価なインターネットと携帯の費用を何とかしようと調査を開始した。そして浮かんだのが同端末と無線インターネットの利用であるが、両者を組み合わせれば大幅に経費節減になると思い、まず同端末から始めた。


国内における同端末(既存の電話会社端末はその会社のSim以外は使用出来ないようにロックされている)の販売は、プラスワン・マーケッテイング社のFreetelとコヴィア・ネットワークス社のCoviaの2機種のみで、両者の性能、価格、サポート、等を検討して前者を3月末に購入した。


FreetelのOSはAndroid4.1.2、ディスプレイ:3.5インチ、RoM:512MB+8GB(microSDカード標準搭載済)RAM:512MB、バッテリー容量:1500mAh、カメラ搭載、等、とスペックを抑えた格安機であるが、サクサク動作し、動画もOK、サポートも良好、小型で手にフィットし気にいっている。不満を言えば電池の消耗が早いことぐらいだ。価格は1万円程であった。(下の写真がFreetel(現在は後続機が発売)で、クリックすると製造販売のプラスワン・マーケッティング社のHPに飛びます)

Freetel


2.格安SIMカード「U-mobile*d」

同カードはFreetelと一緒に購入した格安SIMカードで、Freetelの機内に差し込んで使用する。これは基本的にドコモの通信回線を利用しているそうである。カード購入料は3000円、情報使用量1GBまでが680円/月、それを超えると1980円に跳ね上がる。さらに3GBを超えると料金は変わらないが通信速度が128bpsに落ちてしまう。


「U-mobile*d」を挿入したFreetelとのテザリングによるPCインターネットは、30~50Mbpsぐらいで、まあ、不足なく出来る。だが、通信量1GB/月の制限はきつく普通に使うと確実にオーバーし、動画は見れない(1時間でオーバー)、HPは見れるが一日1~2時間程度、さらに毎日3~4時間以上見ると3GBでも怪しくなる。また大きなファイルのダウンロードも容量を喰うのでしたくない。


また、このカードには電話機能はついていないので(ただしショートメールができる電話番号付き)、電話機能を得るためオンライン電話050plusをFreetelにインストールした。


3.オンライン電話050plus

この電話は端末だけでなくPCへもインストールし使用できるインターネット電話であり、料金は安く固定費が毎月300円、通話料16円/分、ただし050plusどうしは無料でありメッセージ機能もあり、050電話番号をくれる。このサービスはNTTコミュニケーション社である。以前はかなり不評だったようだが、今は携帯並みとは行かないが、まあ、使用出来る。前記の「U-mobile*d」の電波で使用すると時々不通が発生した。私は電話を殆どしないので、これで十分だ。不満は0120電話へ掛けれない事、メッセージ機能がショボイなどだ。


4.携帯の解約

Freetelに電話機能ができたので携帯(ガラケー)を解約したのが4月初旬である。携帯費用は今まで4000~5000円/月を支払っていた。


5.光回線インターネットの解約

Freetelと「U-mobile*d」との組み合わせでPCインターネットと電話が可能になったので光回線を4月末に解約した。その際に解約ペナルティと工事費を合わせて1万5千円程取られたが、この一連の節約策が成功すれば半年で元が取れるので痛くはない。光回線使用料は今まで毎月6000円程を支払っていた。


しかし、この解約により固定式電話(IP電話)が自動的に消滅したのは痛かったし、実際その後に不便を感じた。


6.無線インターネット回線WiMAXの導入

「U-mobile*d」に不満を感じていて、我慢が出来ず無線回線WiMAXを導入したのが7月初旬である。WiMAXは国内の無線インターネットにおいて通信容量規制がない唯一のサービスであり、動画も見放題、通信速度も30~60Mbpsであり、まあ、不満はない。なにより使用料が安く光回線の1/2以下である。


私が契約したのはGMOインターネット社で毎月の支払が使用料3900円、安心サポート300円、計4200円であるが、高額のキャッシュバックがあるので実質毎月支払額は2700円である。キャッシュバックは契約の11月後にメールで受け取り銀行口座を連絡する必要があり、これを逃すとキャッシュバックは消滅するそうで要注意である(キャッシュバックの難易度が高いとのHPも見られる)。

下の写真はWiMAXのルーター(無料貸与)で持ち運びに優れる。(写真をクリックするとルーターHPに飛びます)

Mobile Slim


7.SIMカード「U-mobile*d」の解約

同SIMカードをFreetelから外し、Wi-Hi機能による050plus電話が出来たので8月初旬に同カードを解約した(カードは返却)。


解約後、WiMAXルーターが故障し、電話もインターネットも使えなくてサポートが受けれないので困った。しかたなく1km先の公衆電話からサポートを受け解決した(リセットボタンを押して直った)。このカードは680円/月と安いのでバックアップとして残しておけば良かったと反省をした。


8.その後

Freetel、WiMAX、050plusの3者によりPCインターネットと電話を使っているが、以前のガラケー、光回線の2者体制に比べ、幾分機能は劣るが、まあ、満足のゆくレベルに収まっている。


外出する時はWiMAXルーターとFreetelを常に両方を持ち歩くが、双方とも小型でポケットに軽く収まり不便を感じない。既存電話会社スマホには通信量の制限があり無制限にHPや動画は見れない。しかしWiMAXには通信量制限がなく好きなだけ見ることが出来るのは大きな利点である。


Freetelの電池の消耗が早いと言う欠点がWiMAXにしたことで解消しガラケー並に向上したのには驚いた。さらに、「U-mobile*d」での通話不通もWiMAXでは発生していない。


コストは、月額費用において、Freetel購入費:10000円/24≒400円、WiMAX:2700円、050plus固定費と通話料:300円+200円=500円、3者合計:3600円となる。これは以前、我が家の情報通信費が10000円以上掛っていたものを、64%以上の削減をしたことになる。


9,あとがき

結果は以上であるが、振り返るとアナログ人間でデジタル音痴の私が誰の指導も受けることなく、我ながらここまで出来てしまうとは驚きであるが、一番大きかったのはGoogle検索だと思う。彼と相談しながら試行錯誤して半年でここまで来た。いや~、すごい時代になったものです。


その発端は我が団地の周りを小型パソコンと借用スマホを用い計測してみると100MB以上の高速無線通信網で覆われていることが分かり驚いたことにある。だがその頃我が家は未だ有線LANであり浦島太郎の気分であったのを覚えていが、これではいかんと調べだし、FreetelやWiMAXの発見に繋がって行ったように思う。私は両者の組み合わせが現在最強であると信ずる。


次回の耐乏生活は一日1食主義を目指すです。



--------------------

本日のボーカロイド

--------------------

【ボカロ8人】EveR LastinG NighT 【オリジナル】


今日はボーカロイド8人(ミク、リン、レン、グミ、メイコ、ルカ、ガクポ、カイト、黒幕)による合唱で「Ever LasT Night」です。ボーカルの黒幕は謎ですが、内容はスリラーだと思うのですが、シリーズ舞台劇風歌謡でその最終幕がこの曲です。
作者は、曲:ひとしずく×やま△、絵:鈴ノ助、動画:TSO(とさお)とVAVA(ヴァヴァ)です。
物凄い人気シリーズであり各シリーズ曲のニコニコ動画アクセス数は以下のとおりです。

第一幕 Bad∞End∞Night(2012年1月) 1,838,418
第二幕 Crazy∞night(2012年7月) 1,261,250
第三幕 Twilight∞night(2013年2月) 1,018,310
最終幕 この曲(2014年9月) 340,957


驚いたのが、画面の左下にカラオケも出来るスイッチが付いたこで、暫くこのコーナーがや休んでいる間にYouTubeさん、それとも動画作者さんですか、やりますね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。