我々は世界史大転換の真只中にいる 6(米国の正体 3 )

米国の危機は一旦やり過ごしたようですが、どうもその後、内戦に発展しそうな状態で今後の展開が注目されます。また、同国は過去に2回破産しており、一回目は世界大恐慌時の1930年で米国はFBR(連邦準備銀行)に所有され、二回目はベトナム戦争時の1970年で米FBRのみならずIMFが米国の主人となった(悪魔が支配する悲劇の超大国アメリカ太田龍著、1998年、より)。


FBRおよびIMFは共に金融ユダヤ人=シオニストユダヤ=イルミナティ=偽ユダヤ=ロスチャイルド世界帝国=影の世界権力=NWO、等と表記される連中が支配する組織であり、彼らが所有する米国を煮て食おうが焼いて食おうが自由であると言うことだ。また、今回の政府機関閉鎖は初めてではなく1996年以来、17年ぶりだそうで、我々が抱く輝く自由の国、偉大な超大国アメリカと言うのは幻想であったことが分かります。


余談ですが、1996年と言えばその前年の1995年に日本では阪神淡路大震災と地下鉄サリン事件が起きたが、経済危機に遭遇した米国が日本を圧迫するために起こしたテロではないでしょうか。同様に311テロもサブプライムローン経済危機の米国が主犯と考えられる。またそのずーと前、1985年、日航機123便の墜落事故は米軍の核ミサイルによる撃墜であると述べたジャーナリストがその直後に死亡しましたが、同事故も同国によるテロの可能性があり、そして事故の1カ月後にプラザ合意がなされましたが、これはテロで日本政府を脅迫した結果ではないでしょうか。だから米国の経済危機の度に日本は悲惨なテロに何度も遭遇していることになります。



このようなアメリカを馬野周二氏は「世界最終戦争論馬野周二著、1988年」の第7章「国際秘密力の実在」 7「米国の正体」において次のように述べる。


「日本人は日米の根源的異質性を全く理解していない。そこから無残な蹉跌が現れ、それはこれからも繰り返される。アメリカはデモクラシー国家であるという思い込みからして間違いである。アメリカを支配し運営しているのは、結局は少数の工業資本家であって、大衆は自由の美名下に収奪される位置に置かれている。


一昔前までのアメリカの庶民の生活水準の高さは、その莫大な資源と、ヨーロッパから入れ、手を加えた先進的技術によって保たれていたもので、その優越は一時のものにすぎない。事実、アメリカ庶民の生活水準は、日本、ヨーロッパに比べて徐々に落ちてきて、今日では多くの貧民を抱え込むに至っている。ところが、富者はますます富むようになってきた。


一方デモクラシーは本当に動作しているか。一見すると米国の大統領制、議会政治は健全、円滑に機能しているように見える。だが過去の大統領の多くは遠縁の血縁関係に連なるばかりでなく、彼らは建国の当初から後に述べる秘密結社と何らかの関係があったものとも疑われている。すでに大統領選挙の投票率も本当の数値は四十%台と思われる。これは先進国の中では桁外れて低い。デモクラシーは羊頭であり、少数専政が狗肉である。


アメリカの政治も経済も、その骨格を透視して見れば、極端な少数支配の歴々たる貌が現れる。表面と実質のこの開裂は、米国内、そして世界大衆からは巧妙な言論、マスコミ操作によって覆われ、隠されている。国家と社会の基礎にこの欺瞞が蟠踞していることは、米国の総体が、いかに外見上壮大に見え、それに見合う物理的装備を具えていても、歴史的に見れば所詮は空中楼閣であって、その瞞着の暴露によって内外の評価を失墜して瓦解するに至る必然性を持つ。英国植民地からの独立と建国、第一、第二次大戦への参加そして世界帝国の建造、それら一見壮大なアメリカ史は、詐欺の上に立った空中楼閣であった。」


(参考文献)

米国断末魔

米国の政府機関停止とテロの関係

悪魔が支配する悲劇の超大国アメリカ(太田龍著、1998年)

世界最終戦争論(馬野周二著、1988年)


本日は以上です。

           

☆☆☆

             

本日のボーカロイド


東京放浪 (オリジナル演歌) 唄: 山田さだし

今日は本格的ド演歌です。実際の歌手「山田さだし」の唄でオリジナル演歌「東京放浪」です。ド演歌ですがなかなかの力作であると思います。山田さだしさんの唄も素晴らしいです。同じ曲で初音ミクのものもありますが、まだまだ人間には及ばないようです。動画アップは2013年1月、作詞:みつい禮 、作編曲:市川龍之介、唄:山田さだしです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。