7月予定の参議院選挙では不正選挙を絶対に阻止しよう(最終版)

末尾のビラは片田舎の我が団地における不正選挙阻止のポスティング用の最終版です。だいぶ汚く読みにくいですが、お許しください。文書はワードで作って、下記のキャノン製プリンターで印刷し、今年の初めに買った最新型エプソン複合機での自動スキャンですがスキャンの画質はまあまあです。画質劣化はブログアップで起こっていますが対処方法が分かりませんので悪しからず。


このビラの印刷は最近家電店で4,280円で買った(勿論新品)黒白カラー印刷専用キャノン製インクジェット PIXUS ip2700です。素晴らく綺麗な印刷です。値段からすると嘘みたいで、問題はランニングコストですが、これから記録を取って確かめます。


冒頭の23,500円で買ったエプソン複合機ですがインク消費が物凄く(A4を20~30枚位?でインク交換)インクも高い(一回6,000円位)、とてもやってゆけない。仕方なく、高価な複合機はお蔵入り(同機付属インクおよび純正インクを使い切ったところで)、たまにスキャナーとして使用。


それにしてもエプソンよ!これはボッタクリではないかと憤懣やるかたなかった。ブラザー、キャノンに追いかけられ、パソコン性能向上等によりプリンター市場縮小で経営が苦しいのは理解できる。けど安易なインク代で利益を確保などは、リチャード・コシズミ氏が言う日本の経営者の劣化ではないのか。


期待したエプソンがだめだったので(最新型なので互換インクがなかったのも同機を諦めたもう一つの理由)、しかたなく次はネットで中古パソコンエプソンPM770C(かなり古い型)を3,000円で購入、ただし送料込みで4,500円を要した。ところがA4を150枚程度印刷したところで故障によりスクラップ(安物買いの銭失いだったかも)。ダイソー互換インクのブラックを一回使いきったところでダウン、カラー互換インクは試したが、動作しなかった。


そこでキャノンPIXUS ip2700の登場となったのだが、今回感じたことはエプソンの凋落とキャノンの堅実さだ、もう個人向け印刷技術ではエプソンを超えたのであろう。10年以上前のエプソンを知る者としては寂しいかぎりだ。そのころは写真印刷はエプソンであり、印刷コストなど気にしなかった良い時代だった気がする。


当該不正選挙ビラを我が町内約3,000軒に配布を計画しているので印刷費はバカにならない。コンビニコピー1枚5円とすると、3,000軒×3枚×5円=45,000円かかる。なんとか一枚1~2円にならないだろうか。今、5,000~15,000円のモノクロレーザープリンターを検討中です。


参議院選挙不正選挙絶対阻止(最終版)1


参議院選挙不正選挙絶対阻止(最終版)2


参議院選挙不正選挙絶対阻止(最終版)3


本日は以上です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。