日本人とユダヤ人(3)

文明論「日本人とユダヤ人」の3回目です。

前回はヨーロッパで迫害されたユダヤ人が難を逃れるためやむなくアメリカへ移住しアメリカ合衆国を建国し、やがて世界を支配するに至ったことを述べました。



彼らユダヤ人の移住は1492年コロンブスによるアメリカ大陸発見により開始され、最後の移住となる20世紀末までの長い約500年もの間続いた。



アメリカへ渡ったユダヤ人達は勢力を拡大し、1776年アメリカ独立宣言、1929年の世界大恐慌後にアメリカ合衆国が世界覇権獲得、戦後の対ソ連冷戦勝利、等を経て現在のアメリカ金融ユダヤ帝国すなわちユダヤ人おける世界支配が完成したと考えられる。



このような歴史観は表の歴史からは絶対にでてこない。歴史とは勝者によって作られる(創作、捏造)からである。まあ、嘘で固めたものが歴史と言い換えてもよい。以下にその事例を挙げる。



1)ヒットラー、スターリン、ゴルバチョフ、殆どの歴代アメリカ大統領、ブレア前イギリス首相、サルコジ現フランス大統領?、同メルケルドイツ首相?、等は全てユダヤ人だと言われている。


2)アポロは月に行ってなくて我々は映画を見せられた。911や311テロ、地下鉄サリン事件、2005年ロンドン同時爆破事件、昨年のノルウェーテロ、など殆の大規模テロは支配者側の犯行であると考えられる。


3)地球温暖化は嘘であり支配者側の意思によって丁稚挙げられたものであり、温暖化ガスの削減なんかは無意味どころか害がある。


4)小泉の靖国神社参拝は愛国でなくて売国である。南京大虐殺、従軍慰安婦、等も嘘であり支配者の意思により丁稚挙げられたものだ。



挙げれば限がなく我々の現代社会は嘘により成立していると思う。



以上は前置きでした。本論の日本人とユダヤ人の民族比較論に入る前にもう少しユダヤ史を続けます。ホームページ「ユダヤ人の離散」からの要約および抜粋の続きです。



ユダヤ人のアメリカ移住史 ~ ユダヤ移民の5つの波 ~


ヨーロッパを追われたユダヤ人のアメリカ大陸移住は5波に渉って行われたが、纏めると。


第1波

最初にやってきたのは、前のメールで述べたように、カトリック教国のスペインとポルトガルから追放されたユダヤ人(スファラディム)だった。1654年、ブラジルを経由してニューヨークに到着した。


第2波

ユダヤ移民の第2波は、1820年から1870年頃まで続く。これは主にドイツからやって来た。特に1848年の革命の敗北によってアメリカに避難したものが多かったので、彼らは「フォーティエイター」と呼ばれている。


第3波

19世紀末から20世紀初頭にかけて、帝政ロシアでは激しいユダヤ人虐殺(ポグロム)が進行したが、このとき殺されたユダヤ人のほとんどはアシュケナジームであった。このためロシアや東ヨーロッパから大量のユダヤ人がアメリカに渡った。

ボグロムで死んだユダヤ人たち


蒸気船のユダヤ移民たちの群れ


第4波

1933年、ナチス・ドイツの成立により始まったユダヤ人迫害を逃れアメリカに移住した。アメリカは当時、移民の制限をしたので数はそれほど多くはない。この時やってきた人々には科学者、作家などが多く、アルバート・アインシュタインなど、20世紀を代表する知識人が混じっていたのが大きな特徴であった。


第5波

イスラエルおよびソ連の両政府合意によるロシアからのユダヤ人計画移民で1990年から1993年の間に、58万人のユダヤ人がソ連を去り、その80%はイスラエルへ移住した。そして6万人がアメリカへ移住した。

何十万何百万人のユダヤ人が住みなれた家を失い、着の身着のまま地の果てのアメリカ大陸へ移住せざるを得ない状況が1年や2年の一過性のものではなく何十年何百年も続いたのである。ユダヤ人とはなんと悲しい民族であろうか。



ここでユダヤ史を一旦、中断して、作家で評論家の副島隆彦氏の書籍から作られた「アメリカ社会とユダヤ人の実態 」と言うホームページの抜粋を示しますのでご覧ください。ユダヤとアメリカ社会について述べています。



アメリカ社会とユダヤ人の実態



ユダヤとは何か



では、一体、何故、そんなにまでヨーロッパ中で差別され、虐待されてきたのか、ということになると、これが分からない。それは、そのまま「ヨーロッパとは何か」という問いにつながるからだ。



私の洞察では、ヨーロッパは、ローマ帝国の時代にすでに、人口が飽和状態になっていた。ローマ帝国の奴隷たちは、コロシアム(円形競技場)で、動物に噛み殺される見せ物にされたりした。ヨーロッパは、この頃からすでに、ずっと、人口が、過剰だったのだ。だから、その一部を事あるごとに、なんらかの形で、抹殺・消滅させることによってしかヨーロッパは生きのびれなかったと、考えるのが自然だ。そこで、ユダヤ人や、ジプシーのような、出自がよく分からない、日本で言えば「渡来人(帰化人)」のような人々にしわ寄せがいったのではないか。ヨーロッパ近代の大思想家たちも、ユダヤ人問題には触れていない。自分たち自身がユダヤ人である人が多いので、ヨーロッパの大思想自体が、ユダヤ対反ユダヤの争いの歴史のようにも見える。



アメリカとは、ヨーロッパという鏡に映った、別のヨーロッパである。プロテスタントとユダヤ人が、信仰の自由を求めて、ヨーロッパから大量に移り住んで建国した国である。アメリカのユダヤ人が、ドイツ人を憎む気持ちは、今もものすごい。そして、ドイツと日本を今でも敵視して、じっと監視して、事あるごとに騒ぎたてようとしているのも、実は、在日のユダヤ系のアメリカ人たちなのである。



アメリカは、プロテスタントとユダヤ人の秘密協定によって建国した国である、という秘かな考えが、アメリカ国内にはある。これは、教科書に書いてあるような、「アメリカ独立革命戦争」や、「フィラデルフィア独立宣言」からできた国である、という説明とは、全く別のものである。アメリカのユダヤ人たちは、厳然として、今でも大きな政治力・経済力をもつ。ただ、それが、どのようなもので、どのような形で組織され、先述した、【1】のブルー・ブラッドや、ザ・シークレット・クラブとどのような関係にあるのか、は、今のところ分からない。



今日はここまでで次回に続きます。



過去記事

日本人とユダヤ人(2)

日本人とユダヤ人(1)



☆☆☆

本日のボーカロイド


【初音ミク】ねがいごと【オリジナル】


「初音ミク」のオリジナル曲で「ねがいごと」です。これも安定した良い曲で、最近連日登場の実力派作曲家ふわりP氏の曲です。アップは2011年2月、作 詞作曲およびプロデューサー:ふわりPです。彼のこのコーナー既掲載曲は「ミク達」ゆめのかたち、「初音ミク」またあした、です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。