Googleは凄い

ネットに浸っている人がGoogleなしで暮らせでのしょうか。今や私にとってGoogleは図書館であり研究室、音楽室、辞書、地図、情報源、翻訳ソフト、パソコン障害解決支援ソフト、各種独学支援ソフト、等のあらゆるものに相当し手放せませんが、無料で便利な反面、色々と問題もあるようで最近ブログ記事にも取り上げられているので下記に挙げてみました。



「株式日記と経済展望」さん


googleは、アンドロイド搭載の端末から個人情報をgoogleに送っていたことを認めたのです。


googleはアメリカ政府に自由に活動を許されてきました。

CIAの資金がgoogleに投入されてきたことは言うまでもありません。

日本で国産の携帯電話のOSを作ればと思うのですが、TRONが潰されたのはアメリカの陰謀だ。通産省はそれに協力して国産OSの夢は断たれた。作ろうと思えば出来るのでしょうが米軍に官僚や政治家は監視されているからどうすることも出来ない。



「日本の独立を目指して」さん


グーグルやアマゾンから自由になる工夫


ツイッター、ブログとアクセス記録を解析すれば、ほぼ完璧な世情解析が可能で今や選挙予想は先ずあたる。

グーグルとアマゾンこそ世界帝国の実体兵器なんです。。。。。要するにJEWが人々を獣のように扱う方法なんです。



「カレイドスコープ」さん


グーグルのプライバシーポリシー変更は大問題


上記2ブログの元記事です。Google問題の一連の記事をアップしています。

googleは、ストリートビューの作成のために、360度カメラを取り付けた撮影専用車で、狭い路地でもどこでも入り込んでいくのですが、実はWi-Fi無線LANネットワークの通信内容もデータ収集していたことが発覚しました。下記はストリートビュー車の動画です。



Googleは、このような個人情報を収集するために数々の法令違反を繰り返している企業ですから、今回の新プライバシー・ポリシー発効前に設定変更したからといって、それで100パーセント安心というわけでもないでしょう。


グァンタナモ収容所(上記カレイドスコープ記事の挿入文です)

この収容所の中で何が行われているのかわかりません。

きっと流血が大好きなアメリカのことだから当然のこと、ベトナム戦争の時に、ソンミ村の女性を片っ端から惨殺し、幼児を空中に放り投げて、銃剣で串刺しにしてケラケラ笑っていた残虐な米兵たちと同じことをやっているだろう、と世界中が考えているわけです。


google画像検索:閲覧かなり注意

もっとも、こうした鬼畜のような米兵もナチスドイツのペーパークリップ作戦から派生させて、CIAが「MKウルトラ」とした完成させた洗脳プログラムの犠牲者なのです。

つくづくアメリカという国には悪魔が宿っているのだと思います。



上記3記事に対する私のコメント


Googleは物凄いですね。上記カレイドスコープ記事の動画のようにGoogleマップを作っているのでしょうか。Googleマップによって片田舎の我が家の写真が見れてしまうのです。これってメチャメチャのプライバシー侵害だと思いますが、住所番地で個人住居の写真がネットで見れるのですから。下図は勿論我が家ではなくてGoogleマップで無作為に見た、たしか阪神競馬場の近くの住宅街です。


Googleマップで見れてしまう個人住居の写真


まだ日本全国が見えるのではなく、日本海側の都市、金沢、福井、等はだめでした。世界では先進国の主要都市はOKのようで、アジアでは日本、香港、シンガポールだけで韓国も中国もタイもだめでした。オーストラリアは見えますが、この国はアジアではないですから。将来は全世界に3D網を張り巡らすつもりなのでしょう。


「株式日記と経済展望」さんの記事にあるようにGoogleはアメリカ帝国そのものであり当然CIAとも繋がっている。そして、このGoogleマップも世界戦略の一環でしょうね。インターネットも彼等が管理していてネット人のプライバシーはありません。我が国の住基ネットと連動してユダヤが人民を管理するつもりなのでしょうか?。


話は飛びますが、私の拙いブログ「明日に向かって」の記事の下にスポンサー広告が載っていて、注目して何時も見ていますが、この広告もGoogleが取り扱っていて、見ていると面白いです。記事の内容に寄ってGoogleが広告を付けない時があるのです。仕方なしにブログ運営会社の「はてな」の広告が載ります。


どんな記事が刎ねられるかと言うと、勿論アメリカ帝国に都合の悪い記事であり、例を挙げるとベンジャミン・フルフォード氏動画、リチャード氏動画、アメリカ帝国から血を吸われ続ける日本、BRICs諸国はグレート・ホワイト・ホープ(多分、この記事の世界各国の新造船量の図でアメリカは造船量ゼロ、ヨーロッパ列強も殆どゼロであるのに先進国の日本が2位であるのが気に入らない?)、TPP導入で日本奴隷を皆殺し(今は広告が付いているが、長い間付かなかった)、武田邦彦論評(1)狂気の国アメリカ(たった3億人のアメリカ人が世界の半分のガソリンを消費している、この記事も長い間付かなかったが今は広告が付いている)などです。


これを見ていると明らかにGoogleは一企業ではなくアメリカ帝国そのものである事が実感できるように思います。今やGoogleはネットにおいて、既存のTV新聞を支配する電通の地位に居るのではないでしょうか。まあ、未来はどうなって行くのでしょう、少し心配です。



☆☆☆

本日のボーカロイド


【初音ミク】またあした【オリジナル】


「初音ミク」のオリジナル曲で「またあした」です。先回に続いて、ふわりP氏の曲です。これも落ち着いた良い曲ですね。アップは2010年11月、作詞作曲およびプロデューサー:ふわりP氏です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。