最近の注目ブログ記事

野暮用のためメール更新が滞っておりますがお許しください。今日は注目ブログ記事を並べて終わりにいたしますので悪しからず。


2012.2.26_01/08 リチャード・コシミズ伊勢講演会


チャード・コシミズ氏による異色日本古代史講演です。実質日本を造ったのは朝鮮人(百済の将軍)である天武天皇である。日本の神道の起源はユダヤである。など面白いです。


山口組在米資産凍結はトヨタ潰しが狙いか(ブログ「陽光堂主人の読書日記」さん)

米国によるトヨタおよび山口組潰し。山口組とトヨタの腐れ縁。などを解説しています。


プーチン暗殺計画の詳細(ブログ「ROCKWAY EXPRESS」さん)

ロシア首相のプーチンに対する暗殺計画があったことが分かった。現在ウクライナで拘束されたままだという。3人の内一人は爆弾製造中の爆発で死亡したようだ。

プーチン側とユダヤ勢力とは、犬猿の仲、不倶戴天の敵同士であるから、プーチン暗殺事件の背後は、必ず、ユダヤ勢力の影があると思って間違いない。

エリツィンの「民主化」革命とは、結局、ユダヤ勢力がロシアを乗っ取ったという革命であった。

プーチンを嫌う存在は、チェチェンの独立派の筋がまず考えられるが、このブログではこういった者たちを雇ったり利用する黒幕的存在として、やはりユダヤ勢力を考えざるを得ない、と思っている。


国際金融資本から日独露中印のユーラシア大国連合への世界覇権移動とその後の宗教戦争(ブログ「国際情勢の分析と予測」さん)

日本本土は米国の軍事占領下にあるが、中国と北朝鮮では大東亜共栄圏が継続しているのだ。日本降伏後の亡命政権を運営してきた北朝鮮は、米国の世界覇権の崩壊後に韓国を併合し、日中両国の中間という地理的条件を生かして東アジアの国際組織本部設置場所の一つになっていく可能性がある。


沖縄から目覚める日本(ブログ「中韓を知りすぎた男」さん)

日本も早く保守派が政権を握り、米軍基地が撤退するまでに憲法を改正し、

自衛隊を日本国軍とし軍備を整える必要があります。

沖縄から米軍が徐々に撤退することによって、やっと日本が覚醒する

チャンスが到来したのです。


「日本の切り返し?横田幕府からの遁走?」(ブログ「日本の独立を目指して」さん)

東京の放射能汚染は、中枢遁走の格好の口実である。

東京の実態は米軍による占領である。徳川幕府の代わりに、天皇、そして今は米軍が支配している。

大阪はそうではない。

そのうち天皇も移動するだろう。東京にいる必然性は別にないのだから、天皇の東京捕囚の終わり、というわけ。

日本の没落は米中の利益、という構図だから、米中は当然日本のボスニア化を企んでいる。

日本にとっていいのか悪いのかわからないが世界構造の設計変更が行われている。

エルピーダ倒産、AIJ暴露消失、野村危機。。。。。。パナソニック1兆円赤字、シャープ赤字。。。。。。

パナソニックとトヨタが日本の経済を支えて来た、、、屋台骨がギシギシ



☆☆☆

本日のボーカロイド


【初音ミク】青い地球


「初音ミク」のカバー曲で「青い地球」です。ご存じ銀河鉄道999のエンディング曲です。アニソンのカバーで良い出来ですが原曲には及びませんね。アップは2010年7月、プロデューサーは衣装P(nomad303)氏です。彼はカバー曲専門の作家でアニソンや懐メロが多いです。原曲の作詞:橋本淳、作曲:平尾昌晃です。

#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

盆踊り

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
愛知県在住、昭和15年生れ、本名:野村宏、愛知工業高校機械科卒、某エネルギー企業入社、万年平社員で定年退職、好きな分野は文明論、世界統治組織に興味を抱き陰謀論にトライ、【制作・研究等での主な参考書籍】馬野周二氏著書、太田龍氏著書、田村珠芳氏著書、ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表(アンドリュー・ヒッチコック著)、増田悦佐氏著書、竹内文書関係、エイリアンインタビュー(マチルダ・オードネル・マックエルロイによるインタビューと手記)。Twitter「明日に向かって」

月別アーカイブ