武田邦彦論評(1)狂気の国 アメリカ

武田先生(武田邦彦、中部大学)の1ミリシーベルト危険論はリチャード・コシズミ先生から強烈なバッシングを受けているが、これは武田先生のミステークの可能性が強く低線量被曝は健康に良いと言うのが多分正解でしょう。

まあ、幾ら偉い先生でも人間である。時には多々、間違える。たとえば、明治時代、日本の初代文部大臣であった森有礼は日本語を破棄し英語を国語にしろと唱えた。また、戦後では著名文学者の志賀直哉が日本の敗戦は不便な漢字が原因であるからフランス語を国語にせよと言った。

これらは偉人達の犯した大いなる間違いであり今から思うと笑えるくらいバカバカしい説で、もし、これが実行されて居たなら日本は滅んでいたのかも知れない。

こんな武田先生ではあるが、彼の書くブログに時たまユニークな記事が載り、思わずハットして目から鱗が落ちる感に打たれる場合がある。今日紹介する「狂気の国 アメリカ ガソリン」もまさにそうで、読んで衝撃を受けた。現代のアメリカを俳句的に描写していて清々しい。

だから、今後も順次、このような彼の記事を取り上げて行きたい。

転載開始>

狂気の国 アメリカ  ガソリン

http://takedanet.com/2010/02/post_f249.html

アメリカが狂気の国であるというのは、多くの人が指摘している。

すでにアメリカ先住民族であるインディアンと呼ばれた人たちの多くが虐殺された。

そればかりではなく、600万頭のバイソン、2億匹のプレーリードッグもほぼ絶滅状態だ。

強烈な信仰、身勝手な論理、西進するフロンティア、原爆投下とアメリカはすでに狂気であることを実証している。

それはおいおい明らかにするとして、今回は簡単な話題を書いてみたい。

f:id:hirodance:20111107211307j:image:w360

この円グラフをみてビックリする人はアメリカという国が世界でどんな国かを直感的にはまだ把握していない人、「そんなもんだろうな」と思う人は、おおよその雰囲気を察知している人かも知れない。

何しろ、アメリカの人口は約3億人で、全世界の60億人の実に20分の1である。

それなのに、アメリカ一カ国で世界のガソリンの半分以上を使っているのだ!

こんなことがあり得るのだろうか?

世界の国の中には、もちろん人口1億2千万人の日本や、5億人を抱えるEU圏もあり、自動車の保有数も多い。それなのにアメリカだけで半分を消費する。

それだけなら、競争に勝ってガソリンを使うのだから、良いかも知れない。

その国の元副大統領ゴア氏が「地球温暖化のために、CO2を排出しないようにしよう」と呼びかける。

もっとも、このゴア氏こそ「狂信国家アメリカ」を象徴するような人物で、自宅の電気代が1ヶ月30万円なのに、その著書「不都合な真実」で「温暖化を防ぐ10箇条」の先頭に「電気をこまめに消す」と書くのだから、到底、理解できない二重人格者だ。

しかし、アメリカ自身が2重人格者なので、国内ではその矛盾に気が付かないのだろう。

オバマ大統領もグリーンニューディールを掲げ、クリントン国務長官もコペンハーゲンのCOP15で他国に「CO2削減」を呼びかけた。どういうことだろうか?それは日本で東京に住み(東京はすでに3.5℃温暖化している)、温暖化防止を叫んでいる「インテリ」と同じであるが。

アメリカに関して今回はこれだけだが、「誠」を大切にする日本人は決してアメリカの真似をしてはいけない。

「アメリカがこうしているから」という論理を使うことは止めたい。

(平成22年2月5日 執筆)

武田邦彦

終了>

本日のボーカロイド

初音ミクに「時を刻む唄」(CLANNAD)を歌ってもらった -Toki wo kizamu uta-

http://www.youtube.com/watch?v=UPZcpaewtQg

「初音ミク」のカバー曲で「時を刻む唄」です。アップは2009年5月、プロデューサーは、でんのすけ♪氏で同氏はカバー曲専門の作者です。原曲は2008年TV放映の人気青春アニメ「CLANNAD」2期AFTER STORYの主題歌でヒット曲、作詞作曲:麻枝准 、編曲: ANANT-GARDE EYES 、歌 : Liaです。ニコニコ大百科によるとCLANNAD(クラナドは英語ではなくケルト語Clann as DでDの家族の意味)とは、Keyの全年齢対象恋愛AVG(アドベンチャーゲーム)であり、人と人(特に家族)との「絆」をテーマ、「CLANNADは人生」であるとする感動ストーリーだ。当初は2004年ゲームで発売、その後、漫画、ライトノベル、映画、TVアニメと多角的です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。