我々は政治状況からは逃れられない

連載中の「気象兵器・地震兵器と現代の戦争」は少しお休みを頂いて、小生が注目するブログ記事等を小生なりの解釈やコメントを付してお伝えします。初日は大愚さんブログ「日本の独立を目指して」からです。

大愚さんは多分、お医者さん、しかも可成りの学識、知能の高い科学者であろうと推測します。英明なので物が見えすぎて、現状を歯痒くってしょうがないのでしょうね。だから、下記の記事を書かれたのでしょう。

愚鈍な小生はそれほど悲観的にはなっては居ません。金融ユダヤ人(世界権力=アメリカ帝国=CIA=その一味である日本の官僚・政治家・経団連・マスコミ等の傀儡日本人)の崩壊は始まっているし、彼等の支配は間もなく終了すると考えます。

そして、彼等の支配が終われば輝かしい日本の時代、日本の世紀が始まると考えています。

大愚さんブログ転載開始>

2011/10/16

「政治状況から逃れられるものはいない」

http://blog.ap.teacup.com/jiritu/1074.html?ap_protect=svzf5r0fz6s  

自分で決定できないのに逃れられない。

また心の仕組みもそうなっていて、政治状況に合わせて自己規制しているので

発想が制限されている。できないだろうと思うことをしないのが我々の生き物としての習性だから、そう思わせておけば柵の中に自発的にいるのだ。

学問も、芸術も、何もかも政治状況で左右される。

いま日本が元気がないのは徹底的に収奪されているからだ。

学問も芸術も何もかも元気がない

元気を出すとアメリカとその手下に襲われる、と繰り返し繰り返し

田中角栄以来の民族政治家いじめ攻撃で目の前で行われているからだ

小沢氏やムネオに対する、徹底的ないじめは、現代版の一種の公開処刑で

目的は自分のためにカネを使う奴はこうなるという、見せしめなのだ。

それを見せられて、官僚や、円の番人とかおだてられた榊原などの学者どもは操作されているのだ。

政治的自立なしに独創はあり得ない。

独創を嫌うように国家全体を操作しているからだ。

それが野田に嫌らしい、ナカソネが言った言葉の内容だ。

開始>

中曽根元首相「低姿勢続ければ長期政権」 野田氏を激励

野田佳彦首相は12日、東京都内で中曽根康弘元首相と会談した。中曽根氏は「首相に向いている。今のような低姿勢でまじめにやれば長期政権になる」と激励。首相は、戦後4番目に長い5年の政権を維持した中曽根氏の助言に、黙って聴き入った。

 会談は約10分間。首相が就任あいさつのために申し入れた。中曽根氏は、融和重視の首相の姿勢について「あなたは非常に得している。敵がいない。まじめに一生懸命やったら国民は支持する」と評価。「あなたはドジョウではない。もっと清潔だ」とも述べた。

 また11月以降、主要20カ国・地域(G20)首脳会議など外交日程が続くことを踏まえ、中曽根氏は「30分も話せば、どの程度の重さのある人物か分かる。よく準備して、思い切って発言するとよい」と助言した。

終わり>

中曽根は、権力の座にいつづけたくばアメリカに逆らうなと脅しているのだ。

それを激励と言っているアサヒは正体丸バレである。今やアサヒは民族派の擬制を示すサンケイよりひどい新聞だ

吐き気がする。。。。

転載終了>

本日のボーカロイド

【初音ミク】ガラクタ少女【オリジナル】

http://www.youtube.com/watch?v=jSEPQnewxYc

「初音ミク」のオリジナル曲で「ガラクタ少女」です。面白い良い歌ですね。前にも書きましたが初音ミクが進化してミクが人間の声に近づくことで魅力が増したので作曲者連中は堪らんでしょうね。そして最近、次々力作が生まれている、ひょっとしてボカロは黄金時代に突入した?。アップは2011年10月、イラスト:BUZZ氏、作詞作曲およびプロデューサーはPolyphonicBranch氏です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。