気象兵器・地震兵器と現代の戦争(2)気象兵器

3.311大震災テロと気象兵器・地震兵器

311人工地震テロ以後、今も継続してアメリカ帝国=金融ユダヤ人の攻撃は続いています。形は気象兵器および地震兵器攻撃、人工噴火攻撃、原発事故攻撃、放射能テロ、計画停電などの経済工作攻撃、脅迫による資産略奪、など、多岐に渉っている。目的は全て日本の経済的地位を貶めることで、崩壊寸前のドルとアメリカ帝国の延命にあります。

アメリカ帝国は軍事国家であり戦後60年間、開けても暮れても戦争と兵器研究開発を行い、気象兵器・地震兵器共に最先端技術を保有していると考えられる。

4.気象兵器

日本を襲った台風6号、12号、15号の進路が異常であり、可成りの被害があり、気象兵器攻撃の疑いが濃厚です。

台風6号

日本横断かと思ったら7月19日四国上陸寸前で直角に方向転換し太平洋上を北上した、珍しい、まるで誰かがコントロールしているようだった。

f:id:hirodance:20111003202722j:image:w360

台風12号

8月25日マリアナ諸島付近で発生、真っ直ぐに北上、本土接近と共に勢力が増し、高知県に上陸し、四国と中国地方を横断し日本海に抜け、四国、中国、近畿地方に甚大な被害をもたらした。井口博士のブログ(http://quasimoto.exblog.jp/15370225/)によると、この台風も気象兵器の疑いが濃厚であるそうです。

http://www.imocwx.com/typ/tyani_12.htm

f:id:hirodance:20111003202721j:image:w360

台風15号

沖縄付近に停滞してから紀伊半島南端をかすめ9月21日静岡堅西部に上陸、日本列島太平洋沿岸に沿って北上、各地に甚大な被害をもたらす。この台風も、気象兵器の疑い濃厚であり、下記に井口博士のブログを転載する。

http://www.imocwx.com/typ/tyani_15.htm

f:id:hirodance:20111003202720j:image:w360

ブログ転載開始>

「台風15号ロケ」は気象操作されたか?:確かにその痕跡はある!?

http://quasimoto.exblog.jp/15486711/

みなさん、こんにちは。

いやはや、今回の「台風15号ロケ」

f:id:hirodance:20111003203309j:image:w360

も前々回の「台風6号マーゴン」

f:id:hirodance:20111003210810j:image:w360

や前回の「台風12号タラス」

f:id:hirodance:20111003210809j:image:w360

に負けず劣らず、”奇妙な”ものである。

まず沖縄に近づくまでに左右にUターン

f:id:hirodance:20111003210808j:image:w360

そして今度は沖縄の直前で円を描くようにUターン

f:id:hirodance:20111003211811j:image:w360

して方向を変えたのである。そして、今度は本州を狙っているという。

これまでの気象学の教科書通りの台風の軌道とはこんなものであった。

f:id:hirodance:20111003211854j:image:w360

これが我々が学校の科学や物理学で習ったものである。

要するに、台風の軌道というものは、「一価関数」なのである。1つの場所にはたった一度しか現われない、通らないものであった。

気象学はいわゆる有名な「カオス理論」の発祥の分野であったように、気象というものは古典力学のように厳密に軌道を予測することは不可能なのである。大気対流のローレンツモデルがカオス現象を見つけたのであった。しかしながら、いくらこのモデルがカオス的であったとしても、台風の軌道が来た道にまた戻るということはなかっただろう。常に予測不能の「未来」へ旅するのであり、昔に戻ることは「普通は」ないのである。

ところが、今回の「台風15号ロケ」というものは、いったりきたり、回り込んだりしているのである。まるで、「自分に知性がある」かのようである。もちろん、台風には知性はない。だから、もし知性があるかのようであるとしたら、それはだれかが台風に知性を持ち込んだということだろう。つまり、「誰かが操作している」可能性が高いということである。

では、その証拠は?

Roke 2011-09-15 00:00 -- 2011-09-16 00:00

f:id:hirodance:20111003212636j:image:w360

f:id:hirodance:20111003212634j:image:w360

だろう。

いまや科学的に、というより軍事的に、台風程度のものならいかようにも出来るのである。アメリカのNWOスポークスマンとなったミチオ・カク博士のいう「NWO文明」というものである。

Surely You're Joking, Mr. Kaku! :ミチオ「もし君がNWOに反対なら、君はテロリストだ!」

さて、ついでに、東洸(アズマヒカル)氏の「ロストワールド」にHAARPについての非常にいい解説が翻訳されているので、ここにもメモしておこう。以下のものである。

f:id:hirodance:20111003213308j:image:w360

M8.9の日本の大地震は、イルミナティーによって引き起こされたイベント(事前に準備された)だったのか?

元記事:WAS THE 8.9 MAGNITUDE JAPAN EARTHQUAKE AN ILLUMINATI CREATED (SCRIPTED) EVENT?

「そして、巨大地震、飢饉、疫病がいくつかの場所で流行っている;そして、恐ろしい光景、巨大なサインがその場所の天にある。」- 21:11ルーク

今や「人工天変地異」、「人工艱難」、「人工災害」の時代に突入したのである。なぜならそういうことを行なっている彼らは「平和ボケ」した「B層」を狙っているからである。この世界からお引き取りをして欲しいというわけである。

牧場の中の牛や馬、飼育場の中の豚、小屋の中の鶏、こういった家畜動物には自分に降り掛かる艱難の意味は理解できない。一匹ずつ連れ出されて屠殺場に送り込まれ、肉にされる。おそらく、仲間が連れ去られる時には、彼らは彼らなりの言葉で「天変地異だ」、「天災だ」と叫んでいるに違いない。

これと同様に、同じ人間の姿形をしていたとしても、「家畜化した人間」は「自分に降り掛かる災難の意味を理解しない、またできない」のである。いくら理屈をこね、証拠を提示しても、それを読み取る力がすでにないのである。

アドルフ・ヒトラーは、生前「人類は2種類に分化する」と自分が見た予知夢のことを話したと言われている。人間の大半は家畜化した人間、人間の姿形を取るが、これまでの人間とは違う、家畜のように知性の低い人間ばかりにになるだろうと予言したのである。そして、その実験場が東方(東洋)に出来ると予言したのである。

おそらく、それがこの地、日本なのだろう。今まさに、ヒトラー予言そのものの時代に我々は生きているというわけですナ。

ブログ転載終了>

続きます、次回は地震兵器です。

本日のボーカロイド

かいと(独唱) 【VOCALOID KAITO】(STEREO)

http://www.youtube.com/watch?v=NtTBZW0DHVo

「KAITO」のカバー曲で「さくら(独唱)」です。アップは2007年12月、プロデューサーはカバー曲専門のKooyo*P氏です。原曲は2003年発売のシンガーソングライター森山直太朗の大ヒット曲、作詞作曲:森山直太朗、御徒町凧です。

今日でKAITOのカバー曲シリーズは一端お終いです。明日からまた、新たな気分で、初音ミク、GUMI達のオリジナル曲をやります。あ~マイナー曲がいぃですねW

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

東アジア情勢

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。