拉致事件を検証する3

前稿の続きで、さらに反米感情についてす。 今日は、戦後、日本で起きた悲惨な大事件の殆どがアメリカの犯行と考えられるにも拘わらず、我々は反米感情が殆どない理由について考えます。これは大テーマなので何処まで出来るか不安です。 以下は「NABRまとめ」の記事「日本人に反米感情がない理由」を参照する。 (1)日本は戦時中、アメリカに大量に人を殺されている 日本は戦時中、アメリカに大量に人を殺されて...

続きを読む

拉致事件を検証する2

前稿で書ききれなかったことを記す。 拉致とはアメリカが行ったテロであった? 前稿で「主犯がアメリカ」と書いたが「拉致の犯人はアメリカ」と書くべきではなかったか。あるいはもっと激しく「拉致はアメリカが行ったテロだ」とすべきでなかったかと反省し、この稿を記すことになった。 アメリカが日本で行ったテロや事件は、何も拉致だけではありませんね。思いつくままに上げれば、田中角栄首相失脚、日航機123便墜落...

続きを読む

拉致事件を検証する

本稿は以前記事「激動アジア 北朝鮮の脅威(23)首脳会談考」から「日本人拉致問題」を抜粋し、若干の編集、加筆をしたものである。 1.拉致事件は何故、検証が必要か 一般に小国が大国に難癖をつけたり、攻撃を仕掛けたりはしないし、力のないものが強者に挑みはしない。だから国際社会は何時も強者の大国が問題を引き起こし、他国に難癖をつけ攻撃したり、侵略したりしている。ただし、小国であっても大国がバックにい...

続きを読む

宇宙艦隊(13)巨大グリッド消滅

前稿で報告した日本上空に出現していた巨大グリッドは右上の写真のように19日夕方には消滅していた。グリッドを設置した宇宙艦隊が危機は去ったと判断して消滅させたのであろう。 右下の写真は6月18日の巨大グリッド出現時のものだが、今までグリッド出現時に、以前グリッドで「島根県西部で震度5強(4月9日)」、今回グリッドで「群馬県南部で震度5弱(6月17日)」さらに「大阪府北部地震で震度6弱(6月18日)」と強い地...

続きを読む

宇宙艦隊(12)巨大グリッド出現と大阪府北部地震

今朝、大阪府北部で震度6弱の大きな地震があり、震源が地下10kmと浅く人工地震の可能性が大ですが、死者や被害が出ていて心配です。 今日アップしたのは、google earthに日本を覆う巨大グリッド(幅は中国東部からカムチャッカ半島、長さは北極から南極をカバー)が出現していて、今日の地震が起こったからだ。私が確認した同グリッドは6月15日(15日以前はチェックしなかったので出ていた可能性がある)から現在まで出現...

続きを読む

激動アジア 北朝鮮の脅威(23)首脳会談考

今日は前稿の続きで、一昨日に行われた米朝首脳会談(以後、同会談という)は大成功でしたが、その意義や感想、そして今後の進展や課題、等について考えます。 見事だった米朝両国 米国が内戦状態である苦しい中で、トランプは反対派を抑えこんで同会談を成功させたが、もしかすると彼は内戦に勝利しつつあるのかも知れない。おもえばトランプが米朝対話を目指してからもう一年半以上が経過し、その間紆余曲折、即ち、前稿...

続きを読む

激動アジア 北朝鮮の脅威(22)米朝首脳会談

歴史的な米朝首脳会談は本日、成功裏で終わったようです。なので、今日は連載記事はお休み、休閑話題で、米朝首脳会談を取り上げます。 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長による史上初の米朝首脳会談が12日午前9時(日本時間同10時)、シンガポール南部のセントーサ島にある高級リゾート、カペラホテルで始まった。両首脳は最大の焦点である北朝鮮の非核化についての合意をはじめ、朝...

続きを読む

宇宙艦隊(11)殆どのスピリチュアル情報は嘘である

何時もの衝撃的タイトですが、今日はスピリチュアル情報の真偽について考えます。 グーグルアースで南極大陸の全面に密集する宇宙船であろう巨大な宇宙艦隊の画像を見て驚愕、そして、現代の聖典とも言える書籍「エイリアン・インタビュー」(ローレンスR.スペンサー編集、マチルダ・オードネル・マックエルロイ:インタビューと手記、有馬知志訳、2008年、日本語版2015年、以下は同書と云う)に出会い同書を中心にこの連載が...

続きを読む

盆踊り

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

toroco

Author:toroco
愛知県在住、昭和15年生れ、本名:野村宏、愛知工業高校機械科卒、某エネルギー企業入社、万年平社員で定年退職、好きな分野は文明論、世界統治組織に興味を抱き陰謀論にトライ、【制作・研究等での主な参考書籍】馬野周二氏著書、太田龍氏著書、田村珠芳氏著書、ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表(アンドリュー・ヒッチコック著)、ヤコブ・モルガン氏著書、増田悦佐氏著書、竹内文書関係、エイリアンインタビュー(マチルダ・オードネル・マックエルロイによるインタビューと手記)。Twitter「明日に向かって」

月別アーカイブ