日本の公共投資削減と建設業談合糾弾は米帝国によって仕組まれたのだ?

一昨日、少し触れた日本の公共投資削減とその達成手段である建設業談合糾弾はアメリカ帝国によって仕組まれたのではないか?についてですが、これは私自身も最近気がついたことで、以前、B層であった僕は高架の自動車専用道路建設現場を眺め顔をしかめていたのですからマスゴミに洗脳された一人だったのです。 1990年代および2000年代初頭にかけて公共事業の入札を巡って建設業者の談合が問題になり司法による摘発やマス...

続きを読む

アメリカ金融ユダヤ帝国から血を吸われ続ける日本

久しぶりの更新になります。当方は昨年末からのパソコントラブルによってとうとう主使用機(VAIO)がダメになり新機種に交換のやむなき至り、OSもXPからwindows7となりましたが、新OSに慣れないので、当分、更新は減少する予定です。 また、パソコントラブルによって連載中の地震兵器の資料を失い、連載記事「気象兵器・地震兵器と現代の戦争」はやむなく中断し復旧の目途も立っていません。悪しからず、お許しください。 ...

続きを読む

ベンジャミン・フルフォード講演会(8):感想 その5 日本破綻論纏め他

今日がこの記事の最終回です。 前回は日本国の国富につて触れ我が国が如何に破綻しにくいかを述べ、さらに主要国の対外債務を比較すると日本は低い値であることを示した。今日は経済破綻しにくい日本国の纏め、および、工作員ブログについて触れ、さらに、ベンジャミン・フルフォード氏の講演会における3つ目の疑惑発言「日本の防衛は米軍に任せろ」に反論します。 (注)同氏の3つの疑惑発言に対する反論:①日本は経済破綻...

続きを読む

ベンジャミン・フルフォード講演会(7):感想 その4 日本破綻論への反論3

ベンジャミン・フルフォード氏講演会の感想における「日本は経済破綻する」の3回目です。前回は日本国の金融資産について述べたので今回は日本国の国富から日本の健全性や日本が経済破綻しにくい国であることを述べる。勿論、三橋貴明著「経済と国家がわかる国民の教養」(扶桑社、2011年9月発行)(以後、「三橋貴明著の同書」と言う)を引用します。 「三橋貴明著の同書」の第4章の「○ 国富とは何か?」から要所の抜粋お...

続きを読む

ベンジャミン・フルフォード講演会(6):感想 その3 日本破綻論への反論2

ベンジャミン・フルフォード氏講演会の感想における「日本は経済破綻する」の続きです。同講演会で彼が「日本は経済破綻する」と述べた事に対する反論です。ここでは経済評論家の三橋貴明氏の著作を引用し日本が如何に経済破綻しにくい国であるのかを述べる。 三橋貴明著「経済と国家がわかる国民の教養」(扶桑社、2011年9月発行)(以後、「三橋貴明著の同書」と言う)の第1章マネーの常識を疑え、の初頭の「× 日本は財...

続きを読む

ベンジャミン・フルフォード講演会(5):感想 その2 日本破綻論への反論1

まず言いたいことは今は異常時であるということです。平常時であれば小生などがシャシャリ出てこんな記事を書いて評論家の真似事をするなど絶対にあり得ない。新聞TVが機能しなくなった異常事態ゆえにこんなのが大勢出没する世の中になった?W 現在のネット世論のリーダーであるリチャード・コシミズ氏やベンジャミン・フルフォード氏はこの異常時だからこそ活躍できる人達であり、多くのネットユーザー達は彼らの一挙一投...

続きを読む

東アジア情勢

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。