アメリカ崩壊情報について考える

今日は「我々は世界史大転換の真只中にいる 」はお休みして、アメリカ崩壊情報についてです。アメリカ政府機関閉鎖から一カ月以上たち現状はどうなっているのでしょう。大手マスコミが全く信用出来ないので情報が少ない中、アメリカ崩壊や世界の貴重な情報を流してくれる三つの重要サイト「日本や世界や宇宙の動向」、「ベンジャミン・フルフォード氏」、「ポスト米英時代」について考えます。 1.「日本や世界や宇宙...

続きを読む

我々は世界史大転換の真只中にいる 6(米国の正体 3 )

米国の危機は一旦やり過ごしたようですが、どうもその後、内戦に発展しそうな状態で今後の展開が注目されます。また、同国は過去に2回破産しており、一回目は世界大恐慌時の1930年で米国はFBR(連邦準備銀行)に所有され、二回目はベトナム戦争時の1970年で米FBRのみならずIMFが米国の主人となった(悪魔が支配する悲劇の超大国アメリカ:太田龍著、1998年、より)。 FBRおよびIMFは共に金...

続きを読む

我々は世界史大転換の真只中にいる 4(米国の正体 1 )

政府機関閉鎖を発表した米国は、たとえ今回の危機をやり過ごしたとしても、もう持ちませんね。失業者が1億人を超え、フードスタンプ支給者が4000万人以上とはどう言うことですか、国の体をなしていません。もう滅亡は間違いないでしょう。だが、今になってもまだ、アメリカの滅亡を信じられない人が一杯いて、テレビ新聞から情報を得ている人々だけではなく、有力ブロガーの中にもいます。如何に我々はマスコミにより洗脳され...

続きを読む

馬野周二氏のアメリカ素描(4)根をはった日本社会と根のないアメリカ社会

今日は歴史の浅いアメリカ社会についてです。馬野周二氏はそこにアメリカ文明滅亡の遠因があるという。 馬野周二氏の名著「人類文明の秘宝日本」(1991年、徳間書店)から第五章「日本文明の本質」1「聡明な日本人」の冒頭の一節「根をはった日本社会と根のないアメリカ社会」を下記に示します。 根をはった日本社会と根のないアメリカ社会 私は1960年にアメリカに渡った。三十年前のことである...

続きを読む

馬野周二氏のアメリカ素描(3)古き良き時代のアメリカ

今日はアメリカの第26代大統領(在位1901~1909年)セオドア・ルーズベルトについてです。アメリカがイルミナティに乗っ取られる以前には、珠玉のような大統領がいたという話です。 馬野周二氏著「日本に亡国の音が聞こえる」(1987年、経済界)の第二章「大国を崩すイルミナティの陰謀」の冒頭の一節「デモクラシー国家腐敗のこれがプロセス」からの抜粋を下記に示します。 私は、いろいろな面でアメリカと...

続きを読む

馬野周二氏のアメリカ素描(2)アメリカ社会の衰退 2

馬野周二氏著「衰亡の法則」(1983年)から「アメリカ社会の衰退」の続きです。 アメリカの歴史は、このようにして、四百年の短い命なのであるが、ずっと長かったシナの歴史とともに、文明、社会、国家の興隆と衰退の、きわめて適切な研究対象と言えよう。なぜアメリカがかくも短命であるのか。 その原因は、アメリカが第Ⅲ文明(ヨーロッパ文明)の先端の一部を切り取って、大領域の平原で促成栽培したから...

続きを読む

馬野周二氏のアメリカ素描(2)アメリカ社会の衰退 1

日本人が見るアメリカ像は大幅に捏造されていると考えたほうがよい。300人委員会(ジョン・コールマン著)の翻訳で名高い太田龍氏は「ペリー艦隊以後、日本に与えられたアメリカ像は本物とは似ても似つかない、ユダヤによって意図的に偽造されたものである」と言っている。 これから述べる「馬野周二氏のアメリカ素描」は捏造されていない真実のアメリカです。 今日は馬野周二氏の名著「衰亡の法則」(1983...

続きを読む

馬野周二氏のアメリカ素描(1)工業遊牧帝国の終焉

昨年の中頃から馬野周二氏の著作を読み続けています。同氏は今から30年前の1980年代に活躍した作家であるにもかかわらず、その時事評論や文明論は現代に生きている。 たとえば、最近起きている重要事件、311テロ、不正選挙、竹島・尖閣列島問題、中国の反日デモ、消費税増税、TPP、アメリカ財政破綻、等、を考えたり分析したりする手掛かりを与えてくれる。だから大げさに言えば同氏著作は私にとって現代のバイブルであ...

続きを読む

日本の公共投資削減と建設業談合糾弾は米帝国によって仕組まれたのだ?

一昨日、少し触れた日本の公共投資削減とその達成手段である建設業談合糾弾はアメリカ帝国によって仕組まれたのではないか?についてですが、これは私自身も最近気がついたことで、以前、B層であった僕は高架の自動車専用道路建設現場を眺め顔をしかめていたのですからマスゴミに洗脳された一人だったのです。 1990年代および2000年代初頭にかけて公共事業の入札を巡って建設業者の談合が問題になり司法による摘発やマス...

続きを読む

東アジア情勢

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書と盆踊り、愛知県在住、男性、Twitter(宙啐toroco)運営開始。