帝国の親衛隊、マスコミ

いつも重い話題なので今日は軽くマスコミの話です。 私達はマスコミがダメなのは承知だが、何時かは正気に戻ると考えているが甘い。マスコミは不治の病、偽情報を流し続ける存在で、絶対に戻らないと心得ておくべきである。彼らがもし正気に戻るとすれば、下でこれから述べるが、ロスチャイルド世界帝国が滅亡する時である。 マスコミは帝国の親衛隊である 帝国が消滅するまで彼らは偽情報を流し続けることは疑いようがな...

続きを読む

YouTube動画大量削除は言論弾圧である

YouTube動画が大量削除され、そしてこれは現在も継続中である。このブログも同動画の貼り付けを常用しているのでその被害は甚大である。そこで今日はYouTube動画大量削除の問題について考えます。 これは言論弾圧でありテロだ これはYouTubeの親会社Googleを支配するイルミナティによる日本言論の大弾圧であり、これは言論テロといっても言い過ぎではない。イルミナティは日本に気象兵器である人工の台風、豪雨、地震、らで...

続きを読む

ユダヤに占領された大和

今日も古代史で、「ユダヤに占領された大和」です。 このブログでずーと竹内文書をやっていますが、これは現代に通ずるからで、先の大戦、大東亜戦争終戦で大量の朝鮮人が入ってきて、彼らの一部が支配階級として君臨、これは厳然たる事実である。即ち「朝鮮人に占領された日本」である。 現代と同じ事が古代でも起っていた 古代では主に中国、朝鮮から大量の人々が漢字を持って、あるいは仏教を持って入ってきたのだ。彼...

続きを読む

現代に復活する真の正史『竹内文書』

今日は竹内文書について素晴らしい投稿を見つけたので紹介します。これは2003年に「阿修羅」に投稿(投稿者:赤い瞳さん)されたもので以下に示します。 現代に復活する真の正史『竹内文書』 『竹内文書』とは 『竹内文書』とは、漢字伝来以前の太古の文字である神代の文字によって綴られた、日本の皇統系譜を中心とする歴史書である。 『竹内文書』が世の出たのは明治四十三年、武内宿禰から数えて六十六代目の子孫に...

続きを読む

天皇寿命と文明の盛衰 6 竹内文書 不合朝3

今日も前稿「歴代天皇寿命と文明の盛衰 5」の続きです。 鵜草葺不合朝のBC5万~BC1万年までが終わったので、以下にその続きです。 (4)BC1万~BC5千年 だいぶ現実世界に近づいてきたが、しかし不合朝は安泰、何故なら我々の祖であるメソポタミア、エジプト、インド、中国、等の諸外国文明が立ち上がっていないからだ。以下にこの年代の要点を示す。 42 ツルマイヒメ天皇(BC9608年)皇子64名を万国へ派遣、アヒル文...

続きを読む

天皇寿命と文明の盛衰 5 竹内文書 不合朝2

前稿「歴代天皇寿命と文明の盛衰 4」の続きです。 前稿の冒頭で神武天皇のお父上が同朝72代天皇「鵜草葺不合命」としましたが、間違いであり、正しくは”神武天皇のお父上は同朝71代天皇「鵜草葺不合命」である”。同朝72代天皇は神武天皇の兄上で病死、そのため神武天皇が同朝73代天皇に即位です(前稿は訂正済)。 鵜草葺不合朝について 鵜草葺不合朝は約300万年も続いた天皇朝であり、各年代ごとに分け前稿「表3鵜草葺...

続きを読む

日本の覚醒 目次

日本の覚醒(1)天皇の存在(終戦詔書)   玉音放送(終戦詔書) 日本の覚醒(2)天皇の存在(終戦詔書2) 日本の覚醒(3)【素晴らしき日本】昭和天皇の巡幸   1.天皇の決意   巡幸一覧表 日本の覚醒(4)【素晴らしき日本】昭和天皇の巡幸2   2.天皇に大東亜戦争の責任はない   3.大巡幸    『昭和天皇大巡幸』① 日本の覚醒(5)【素晴らしき日本】昭和天皇の巡幸3    『昭和天皇大巡...

続きを読む

日本の覚醒(5)【素晴らしき日本】昭和天皇の巡幸3

前稿「【素晴らしき日本】昭和天皇の巡幸2」の続きです。 「幸食研究所ブログ」さんの記事の続きです。 『昭和天皇大巡幸』② 昭和21年には、関東、東海地方の各県を廻られ、続く22年6月には、大阪、兵庫、和歌山。そして8月の酷暑の中を東北全県の巡幸を希望された。側近が驚いて、「涼しくなってからでは」と延期を願ったが、「東北の運命(食料の増産)は、真夏にかかっている。東北人の働くありのままの姿を是...

続きを読む

日本の覚醒(4)【素晴らしき日本】昭和天皇の巡幸2

前稿「【素晴らしき日本】昭和天皇の巡幸」の続きです。 前稿の最後の動画「マッカーサーに屈しなかった天皇陛下、その気力を支えた最後の砦とは?」の中の「貞明皇太后の前でないた昭和天皇」ですが、同皇太后が天皇を次のように諌めます。 「陛下、国民は陛下のご不徳によって、このように苦しんでおります。この国を一日も早う復興しようと召されず、お腹をおめしになろう(切腹しよう)などとはご卑怯ではありませんか。...

続きを読む

日本の覚醒(3)【素晴らしき日本】昭和天皇の巡幸

今日は終戦記念日で「昭和天皇の巡幸」です。 大東亜戦争の終戦後、米軍の爆撃により焼け野原になった全国を昭和天皇が巡幸され、戦災と敗戦ショックで疲弊した国民を慰撫、結局これが大きな力となって国民に立ち上がる勇気を与え、後、世界が驚嘆した日本の高度経済成長へと繋がって現在の我々があります。(右の写真は終戦時です) また、日本の命運を決めた終戦については既に下に示す過去記事において天皇、国民、マッカ...

続きを読む

天皇寿命と文明の盛衰 4 竹内文書 不合朝1

前稿「歴代天皇寿命と文明の盛衰 3」の続きです。 今日は鵜草葺不合朝ですが、神武天皇(同朝73代天皇、現代の神倭朝初代天皇)の父上である、同朝71代天皇「鵜草葺不合命」を御祭神とする「鵜戸神宮」が宮崎県の日南市にある(右の写真)。下記は同神宮のホームページです。 ・鵜戸神宮の写真 ・お乳岩(おちちいわ)と おちちあめ|鵜戸神宮 本題に入る前に竹内文書が示す、各天皇朝の存続期間を下記に示す。 天...

続きを読む

天皇寿命と文明の盛衰 3 竹内文書 上古朝

前稿「歴代天皇寿命と文明の盛衰 2」の続きです。 本題に入る前に故高坂和導氏の著書「超図解 竹内文書」(1995年、徳間書店、以下同書と称する)の始まりの一節を以下に示す。 竹内文書とは 三千億年前を伝える世界最古の歴史書  広大な宇宙に星が生まれた。  神々は自ら造りし星、「地球」に降臨した。  神々は五色の人を造り、文明を授け、人は大地に充ちていった。  こうした宇宙の創世から始まり、神...

続きを読む

日本の世紀とアニメ

今後、世界は日本の時代であり、これから素晴らしい800年間の繁栄が約束されている。 世界は有史以来、戦争の歴史で我々はその後裔の西洋文明の中で暮らすが、この腐敗し極悪な文明は行き詰まって間もなく終焉、次の文明は戦争の無い愛と共生の日本文明だと言われている。前者の特徴は男性的、分離と二元性、戦争と奴隷制、階級制、拝金と物質主義、技術優先、次の後者は女性的、統合と1元性、平和、平等、共生、精神性である...

続きを読む

日本帝国に戻れ

日本国は天皇、国民、国土の3要素で成立している。しかし、現在はその本来の姿ではなく、現憲法では国家元首の記載もなく、天皇は象徴となっている。我が国の最も重要な要素の天皇がこれでは国の未来がない。一刻も早く天皇を元首とする日本帝国に戻るべきである。 現日本国憲法は大東亜戦争終戦の翌々年、GHQ占領下の1947年に施行、日本人が独自で制作したものではない。日本の独立は5年後の「サンフランシスコ条約」発効の195...

続きを読む

精日考(現代東アジアは日本が作った)

今日も文明論で以前稿「日本精神が世界を飲み込む(精日)」の姉妹編で「精日」という不可解なものを生む中国とは何なのかを考えます。 歴史学者の岡田英弘氏の往年の名著「この厄介な国、中国」(2001年、ワック、以下は同書あるいは同氏という)は真実の中国の特徴を良く捉えるていて、我々の間違ったイメージを正してくれる。本稿は同書第三章「現代中国語は日本語から作られた」の要約である。 歴史は繰り返すといいま...

続きを読む

拉致事件を検証する 目次

拉致事件を検証する  1.拉致事件は何故、検証が必要か  2.拉致の主犯はアメリカである  3.拉致の真相  4.拉致の検証  5.あとがき 拉致事件を検証する2   拉致とはアメリカが行ったテロであった?   封印している潜在的な日本人の反米感情 拉致事件を検証する3  (1)日本は戦時中、アメリカに大量に人を殺されている  (2)日本人洗脳政策WGIPと3S  (3)裏で潜行する日米衝突 ...

続きを読む

拉致事件を検証する4

前稿の続きで、今日は最終回です。 本当の巨悪は強力で権力を持ち恐れられ、影に隠れた存在であり、そして憎まれ役の小鬼を表に立てる。世間ではこの子鬼が憎しみを一身に集めて活躍するが、国際社会における小鬼が北朝鮮とイスラエルなのである。そして巨悪とはイルミナティの影に隠れたロスチャイルドなのであり、その手足として使役されるアメリカである。彼らが全ての元凶なのだ。 この拉致事件に於いても、あるいはそれ...

続きを読む

拉致事件を検証する3

前稿の続きで、さらに反米感情についてす。 今日は、戦後、日本で起きた悲惨な大事件の殆どがアメリカの犯行と考えられるにも拘わらず、我々は反米感情が殆どない理由について考えます。これは大テーマなので何処まで出来るか不安です。 以下は「NABRまとめ」の記事「日本人に反米感情がない理由」を参照する。 (1)日本は戦時中、アメリカに大量に人を殺されている 日本は戦時中、アメリカに大量に人を殺されて...

続きを読む

拉致事件を検証する2

前稿で書ききれなかったことを記す。 拉致とはアメリカが行ったテロであった? 前稿で「主犯がアメリカ」と書いたが「拉致の犯人はアメリカ」と書くべきではなかったか。あるいはもっと激しく「拉致はアメリカが行ったテロだ」とすべきでなかったかと反省し、この稿を記すことになった。 アメリカが日本で行ったテロや事件は、何も拉致だけではありませんね。思いつくままに上げれば、田中角栄首相失脚、日航機123便墜落...

続きを読む

拉致事件を検証する

本稿は以前記事「激動アジア 北朝鮮の脅威(23)首脳会談考」から「日本人拉致問題」を抜粋し、若干の編集、加筆をしたものである。 1.拉致事件は何故、検証が必要か 一般に小国が大国に難癖をつけたり、攻撃を仕掛けたりはしないし、力のないものが強者に挑みはしない。だから国際社会は何時も強者の大国が問題を引き起こし、他国に難癖をつけ攻撃したり、侵略したりしている。ただし、小国であっても大国がバックにい...

続きを読む

グリッド出現情報

出現していません。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

toroco

Author:toroco
奴隷と戦争の野蛮で下らない西洋文明は終わりだ。新しい日本時代に向けて発言して行きたい。趣味は読書、愛知県在住、男性、Twitter(大日本帝国の再興)運営開始。